高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <道央道千歳へ> <道東道穂別へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<市内へ> <道央道からへ> <旭岳・トムラウシ接近へ> <美瑛・富良野からの十勝、美瑛富士へ>

(旭川鷹栖IC付近からの大雪山系・十勝山系)



(旭川鷹栖IC付近 8月中旬 8時00分 150mm F11 1/350)

道央道は現在、旭川鷹栖ICまで開通している。旭川といえば何と言っても北海道随一の大雪山系の展望だ。 山国日本の高速道路からの最北端の展望にふさわしく大雪山系の雄大な景観が広がっている。
さて茶志内PAから音江PAを過ぎるといよいよ幌内山地を貫いて旭川に至る。この間3本の長いトンネルがあって、 2本目の江丹別トンネル、このトンネルを抜けた途端に突然前方が開けて大雪から十勝の山々が雄大にそびえている。 この美しさは何とも例えようがないが、残念なことに1車線区間の橋の上、ゆっくり味わうこともままならない。 しかし旭川鷹栖ICを降りれば至る所にこの大景観が広がっている。
この写真はICから数kmと離れていない旭川市内から撮ったもの、それほどの視界ではなかったものの、 大雪の山々がくまなく展望できた。このような大景観とともに済んだ大気のもとで暮らしている人々がうらやましく、つい冬の厳しさを考えないで思って しまうのは私だけだろうか。

参考までに、旭川空港の南側からの、かなり接近した旭岳と美瑛からのトムラウシおよび 美瑛・富良野からの十勝、美瑛富士を紹介しておこう。
 <旭岳へ>  <十勝岳へ>


























高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <道央道千歳へ> <道東道穂別へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<市内へ> <道央道からへ> <旭岳・トムラウシ接近へ> <美瑛・富良野からの十勝、美瑛富士へ>

(道央道からの展望)



(江丹別トンネル先 8月中旬 16時00分 150mm F11 1/750)(嵐山トンネル先 8月中旬 16時00分 150mm F11 1/750)

道央道を旭川に向かうと3本のトンネルを抜けることは紹介したとおりだ。大雪山系が見える場所は、2本目の江丹別トンネルを 抜けたところの僅かな区間、及び3本目の嵐山トンネルを抜けて市街に入ってきたところの僅かな区間である。 またICを降りると、市内に向かって40号線が石狩川を渡る境橋の上が絶好の展望場所となっている。 助手席に座る機会を得て、この区間を走って撮った写真がこの2枚だ。左は江丹別トンネルをぬけたところ、 数秒間の展望でカメラをしっかり構える間もない出来事だった。右は嵐山トンネルを抜けICも近いところから、こちらの方は10秒間程度だが、 大雪から十勝に至る全山が見えることが出来る。いずれも当日、すでに山頂には雲がかかり、十分な山容を撮ることは出来なかったが、走行区間での 展望だけに、展望地点を確認できただけでも意味があるものと考える。
 <旭岳へ>  <十勝岳へ>




















高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <道央道千歳へ> <道東道穂別へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<市内へ> <道央道からへ> <旭岳・トムラウシ接近へ> <美瑛・富良野からの十勝、美瑛富士へ>

(空港南側からの旭岳)

このあたりまで接近すると、大雪山系の細部までがよく展望できるようになって、旭岳の噴煙までもが手に取るように認識できる。 ここから旭岳温泉までは車で30分、そこからロープウェイで姿見にあがれば山頂は指呼の間にある。

(旭川空港南側 10月上旬 9時30分 100mm F11 1/750)

(美瑛からのトムラウシ)

大雪と十勝の間を埋めている山並みは、少し低くてあまり見栄えがしないように見える。 十勝は南西に流れて旭川から見やすい並び方をしている。そんな山群の中にトムラウシがある。 そのトムラウシの勇姿を正面から捉えようと、ICからかなり南下して美瑛の畑から捉えてみた。 この堂々たる風格は例えようがない。

(美瑛 10月中旬 8時00分 300mm F11 1/350)


 <旭岳へ>  <十勝岳へ>




















高速道路からの山岳展望−道央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <道央道千歳へ> <道東道穂別へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<市内へ> <道央道からへ> <旭岳・トムラウシ接近へ> <美瑛・富良野からの十勝、美瑛富士へ>

(富良野・美瑛からの十勝岳、美瑛富士)


(富良野 8月中旬 13時00分 75mm F16 1/750)   (美瑛 8月中旬 14時00分 150mm F11 1/750)

富良野にはこの時期でもまだラベンダーが残っている。その有名な観光農園のお花畑から見ると、午後の日を浴びた順光の十勝岳が噴煙を盛んに上げているのが よく展望できる。一方美瑛はこの時期観光客で溢れているが、その一角から見た美瑛富士は午後の日を浴びてとても美しい。

 <旭岳へ>  <十勝岳へ>