高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<南アルプス北部の主峰群(駒ヶ根IC付近から)へ> <南アルプス甲斐駒ヶ岳と仙丈岳(駒ヶ岳SAから)へ>

<北岳(駒ヶ岳SAから)と塩見岳(座光寺PAから)へ> <間ノ岳(伊那IC付近から)へ>

(駒ヶ根ICから座光寺PAにかけての南アルプスの眺望)

(駒ヶ根IC付近からの南アルプス北部の主峰群)

駒ヶ根ICから座光寺PAにかけては、その右側は南アルプスのオンパレードだ。それこそ鋸岳から甲斐駒ヶ岳、 仙丈岳、白峰三山、塩見、荒川三山、赤石、聖に至る南アルプス全山が見事に一望できる。その最高のポイントが 駒ヶ根IC付近だ。この写真ではその北部の山々しかお見せできないが、この右に前述の高峰がずらりと並んでいる。 甲府側では見えない役者たちが全員勢揃いして見えるのも伊那谷の最大の特徴だ。
そして伊那谷の人々近くの木曽山脈よりも、雄大な赤石山脈の展望に誇りを持っていることも、このHPに対する地元の 方々のご意見で知った次第だ。それほどまでに見応えのある景観だ。

(駒ヶ岳IC付近 9月下旬14時00分 200mm F13 1/500)

 <北岳・間ノ岳へ>  <甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳へ>


































高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<南アルプス北部の主峰群(駒ヶ根IC付近から)へ> <南アルプス甲斐駒ヶ岳と仙丈岳(駒ヶ岳SAから)へ>

<北岳(駒ヶ岳SAから)と塩見岳(座光寺PAから)へ> <間ノ岳(伊那IC付近から)へ>

(駒ヶ岳SAより甲斐駒ヶ岳と仙丈岳)

上り駒ヶ岳SAは建物の飯田よりの奥の小山を利用した森林散策コースが設けられている。 この高いところに南アルプス展望台を設けて見える山を案内板で記してある。見える範囲は甲斐駒ヶ岳、 仙丈岳、白峰三山まで、南アルプスの中でも最も見応えのあるところだ。 このSAの位置からすればこの北部の山々が最も近く、千畳敷からの展望よりもぐっと迫って見えてくる。

(上り駒ヶ岳SA展望台 10月中旬11時30分 300mm F11 1/500) (同左 200mm F13 1/500)

 <北岳・間ノ岳へ>  <甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳へ>
































高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<南アルプス北部の主峰群(駒ヶ根IC付近から)へ> <南アルプス甲斐駒ヶ岳と仙丈岳(駒ヶ岳SAから)へ>

<北岳(駒ヶ岳SAから)と塩見岳(座光寺PAから)へ> <間ノ岳(伊那IC付近から)へ>

(駒ヶ岳SAよりの北岳と座光寺PAよりの塩見岳)

南アルプスは駒ヶ根ICから、松川IC、飯田ICを経て、もう恵那山トンネルが近い阿智PAに至るまで、 中央道の左から後方に展望することが出来る。そしてその範囲は、鋸岳、甲斐駒ヶ岳から、仙丈、白峰三山、 悪沢、赤石、聖岳に至るまで長大な赤石山脈の全部を見ることが出来る。
駒ヶ根IC付近はその殆どを展望でき、北岳あたりは駒ヶ根IC付近や駒ヶ岳SAあたりが最も近く、 南に下るに従って南部の山々が近くに見えてくる。 この座光寺PAも飯田ICを過ぎたところにある静かなPAだが、昼食を取りながらショットした写真が この塩見岳だ。都心から見える唯一の南アルプスだけに、この山には特別な愛着があるようだ。

(上り駒ヶ岳SA展望台 10月中旬11時30分 300mm F11 1/500) (下り座光寺PA内 10月中旬12時15分 300mm F13 1/500)
 <北岳・間ノ岳へ>  <甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳へ>
























高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

<南アルプス北部の主峰群(駒ヶ根IC付近から)へ> <南アルプス甲斐駒ヶ岳と仙丈岳(駒ヶ岳SAから)へ>

<北岳(駒ヶ岳SAから)と塩見岳(座光寺PAから)へ> <間ノ岳(伊那IC付近から)へ>

(伊那IC付近からの間ノ岳と戸倉山)

南アルプスは駒ヶ根ICから、松川IC、飯田ICを経て、もう恵那山トンネルが近い阿智PAに至るまで、 中央道の左から後方に展望することが出来る。そしてその範囲は、鋸岳、甲斐駒ヶ岳から、仙丈、白峰三山、 悪沢、赤石、聖岳に至るまで長大な赤石山脈の全部を見ることが出来る。
伊那ICは、まだ「アルプス街道」の入り口で、十分な見通しがあるわけではないが、 少し外に出て高台に上がれば、そこはもうすばらしいアルプス展望台になっている。 とりわけ、雪をいただく風景はその険しさをいっそう引き立たせて、見るものを圧倒する。 この写真は長野市にお住まいの伊久間氏が撮影、送っていただいたもの。白銀の間ノ岳の右には伊那富士と呼ばれる 戸倉山も顔を出している。この伊那富士は、すでに紹介した駒ヶ根からではどうも形が悪い。伊久間氏によれば 伊那あたりからだと富士山のように見えると言うことだったが、この写真はそれを見事に実証している。
伊久間氏のご好意に厚くお礼を申し上げます。


 <北岳・間ノ岳へ>  <甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳へ>