高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る> <宝剣岳へ> <空木岳1へ> <空木岳2へ>

(駒ヶ根ICから駒ヶ岳SAにかけての中央アルプス)

(駒ヶ根IC付近からの宝剣岳)

辰野PAから30分、駒ヶ根ICまでいくつかのIC、PAを通過するが、小黒川PA付近からに南アルプスが見えてくる。 しかし中央アルプスの方はなかなか見えてこない。 ようやく駒ヶ根IC付近に至り、突然大きな仰角で右に宝剣岳が千畳敷カールの上に覆い被さっている 光景が目に飛び込んでくる。
この写真は駒ヶ根ICを降りて中央道と国道の間の県道を500mほど下った所からショットしてみたものだ。 視界が良いせいか千畳敷のホテルからカール地形、宝剣岳の嶮しい山容までもがまことに良く展望できる。 反対側には、甲斐駒ヶ岳から光岳に至る南アルプスが絢爛豪華に顔を揃える。 この南アルプスの展望はは次のページに譲ることとして、中央アルプスの深部へは駒ヶ根ICから千畳敷まで、 バスとロープウェイを乗り継いで1時間、2600mの高所に到達できる。 お花畑がとてもよい。ここから木曽駒ヶ岳山頂までは2時間の登山だ。

さて駒ヶ根ICのひとつ先の松川ICのある松川町に故郷をお持ちの伊久間氏から、 心温まるお便りを頂いた。駒ヶ根ICに近い高校をご卒業のこの方から「朝日に仰ぐ駒ヶ岳、霊峰高く目に迫り、 夕日に望む仙丈の---」という校歌があることを伺った。正にこの写真そのもの!そして次のページの仙丈岳そのもの !、本当に驚くべき一致、素晴らしい景観は時代を超越し、見る者を選ばず、いかなる時空に住む人たちにも平等に 発信しているのだと。ただ受け止める側の人間の感性に問題なしとはいえないが。

(駒ヶ根IC付近 10月中旬11時45分 90mm F13 1/500)


 <木曽駒ヶ岳へ>  <島田娘へ>
























高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <宝剣岳へ>  <空木岳1へ>  <空木岳2へ>

(駒ヶ岳SAより空木岳1)

駒ヶ根ICを過ぎるとほんの数キロ足らずの地点に駒ヶ岳SAがある。
この上りSAには展望台があって南アルプスの甲斐駒ヶ岳から農鳥岳までが一望出来るようになっている。 一方右側には仰ぎ見るように南駒ケ岳が展望できる。このSAは下りがほんの50mほど飯田よりにあって、 そのため下りSAの本線合流点まで行くと、空木岳の山頂部を見ることが出来る。 山頂部が見えようと見えまいと充分見応えがあることには変わりない。
その下りSAの本線合流点から捉えた中央アルプス中部の空木岳はこのように見える。ここからだと辛うじて山頂部を望むことが 出来るが、SA内からだと右のピークが隠される。 しかしそんなことはお構いなしに覆い被さるような山容には、誰もが見上げるほどだ。

(下り駒ヶ岳SA 10月中旬12時00分 80mm F13 1/500)
この写真はアップ以来熊沢岳としていた。最近になり長野市にお住まいの 伊久間氏から熊沢岳は見えないのではないかとのご指摘を頂き、あわせて正しい同定をしてくださった。 そこで再度確かめた上訂正した次第、伊久間氏のご好意に深く感謝申し上げます。


 <木曽駒ヶ岳へ>  <島田娘へ>
























高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <宝剣岳へ>  <空木岳1へ>  <空木岳2へ>

(駒ヶ岳SA先より空木岳2)

駒ヶ岳SAからさらに2Kmほど下ると空木岳がよく見えるようになる。山頂の右肩には山小屋も目視できるが、 このスナップは後部座席から苦労して撮ったもの。何故苦労かと言えば何しろ車を走らせている、 しかも高い右側の土手のため空木岳自身が見え隠れする。 そうこうしている内に少し行き過ぎてしまったようだ。空木岳が少し後方に遠ざかりつつあり、代わって 南駒ヶ岳が正面に来ている。それにしても大変な圧巻だ。

(下り駒ヶ岳SA付近 10月中旬12時00分 80mm F13 1/500)



 <木曽駒ヶ岳へ>  <島田娘へ>