高速道路からの山岳展望−長野道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <姨捨山へ> <善光寺平と北信の山々へ> <四阿山へ> <knosさんのHP「姨捨SA」へ>

(姨捨SAより姨捨山)

長野道もあと少しで上信越道との合流点の更埴JCTだ。そんな山の中に姥捨SAがある。 姨捨山が背後にあって大きな丸い山容を見せている。 姨捨山は冠着山(カムリキヤマ)(1252m)と言い、別名姨捨山と言われている。 極貧の時代、口減らしのために年寄りをこの山に捨てた、悲しい言い伝えの残る山である。

(上り姥捨SA内 2003年05月04日14時30分 Sony DSC P-1)























高速道路からの山岳展望−長野道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <姨捨山へ> <善光寺平と北信の山々へ> <四阿山へ> <knosさんのHP「姨捨SA」へ>

(姥捨SAより善光寺平と北信の山々・四阿山

長野道もあと少しで上信越道との合流点の更埴JCTだ。そんな山の中に姥捨SAがある。豊科から更埴まで北東に 走っている筈の長野道がこのSA付近は西北西に向きを変えているためか、右側だけが開けたこのSAからは、善光寺平が一望される。 その上に見える山々は戸隠、飯綱、妙高、戸隠、斑尾といった北信五岳や志賀高原の山々だ。 視界が良ければ高妻山や火打山、四阿山などが展望できると言う。 長野道もここまで来ると上信越道の展望に変わってくる。 このSAには良く描かれた山岳案内図も備わっており、善光寺平を一望するには大変良い場所だ。
このSAからの展望は長野市にお住まいの伊久間氏より伺ったもので、そのお陰で妙高、火打山など多くの同定ができたもの、 わざわざ検証し、同じ場所から撮った写真を送って下さった伊久間氏に厚くお礼申し上げます。

(上り姥捨SA内 11月下旬13時15分 35mm F11 1/750)



また伊久間氏から、このあたりの呼び名について貴重なお話を伺った。 長野市を中心とする盆地を善光寺平または長野平という。 信濃平は飯山方面の盆地をいう。一方安曇平または松本平は松本市を中心とする盆地をいう。 この辺の呼び方は地元に詳しい人でないと分からないところ、歴史的経緯があって呼び名がある訳だが、 善光寺の勢力の大きさが伺われる。

 <飯綱山へ>  <高妻山へ>  <火打山 へ>  <妙高山 へ>



















高速道路からの山岳展望−長野道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <姨捨山へ> <善光寺平と北信の山々へ> <四阿山へ> <knosさんのHP「姨捨SA」へ>

(姥捨SAより四阿山・善光寺平と北信の山々

姥捨SAからは遙かに根子岳を望むことが出来る。四阿山は僅かなところで前山に隠されているが、 この姨捨SAを過ぎるとまもなく四阿山も全容を見せ、これが更埴JCTまで、大変良く展望できる。 この事はやはり伊久間氏から伺ったもので早速取材に出かけたが、今ひとつ視界条件が芳しくなかった。 伊久間氏が撮影して下さった四阿山の写真はほぼ同じ地点かが撮ったもので、 この写真は今回の取材に大変参考になったものである。
また姨捨SAからの四阿山・姨捨山などはknosさんの ホームページにも捉えられており、ぜひご覧頂きたい。


 <四阿山へ>

























<姥捨SAより善光寺平へ戻る>


 <飯綱山へ>  <高妻山へ>  <火打山 へ>  <妙高山 へ>  <四阿山へ>