高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(中央道原PAからの北アルプス南部の岩峰)


(下り中央道原PAの外 11月下旬08時20分 200mm F11 1/500)

八ケ岳PAを過ぎると、いよいよ北アルプスが登場する。 丁度日本第2の高峰南アルプス北岳に見送られながら、第3位の北アルプス奥穂高岳にバトンタッチ されているような思いがある。北アルプスはこのあたりから先ず霞沢岳から槍ケ岳までの南部の岩峰 から見えてきて、岡谷JCTから分かれる長野道の塩嶺トンネルの先にあるみどり湖PAまで行くと、 鹿島槍ケ岳、五竜岳まで北の方に展望が広がる。塩尻ICに至って白馬三山までの北端までが展望できるようになる。 松本ICでは乗鞍岳が最後に見えるようになる。ただ槍ケ岳は、茅野バス停あたりを境に前山にその穂先を 没する。そして諏訪湖SAで僅かに穂先を見せ、松本市内ではJR篠ノ井線の東側で、常念岳の左側に僅かに穂先を覗かせる。
中央道原PAは、そんな北アルプスが見え始めるところにある。八が岳PA同様、いかにも見通しの利かな いPAで、ここまでの走行中、正面に見える岩峰を早く駐車してじっくり眺めたいと、はやる気持ちに 大いに水を差す。ここでもPAから外にでて、数百mほど進行方向に言ったところでカメラに捉えたものが この写真だ。一方上りPAではPA内から展望できる。ただ送電線が邪魔になり絵にならない。


<常念乗越→槍穂へ>