高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <八ヶ岳へ> <金峰山へ> <瑞牆山へ>

(長坂IC付近より奥秩父の名峰−金峰山)

甲府盆地最後の双葉SAを出ると、しばらくSA、PAがない。右に茅ケ岳をやり過ごしながら須玉ICを過ぎ、 長坂ICの手前数kmほどのところで僅かに右奥が開ける所がある。とにかくこの辺は以前と違い、最近はほとんど遮音壁ばかりで、 全く展望が利かなくなっている。その隙間は2カ所残っていて、この写真は長坂ICから約3kmほど手前で上り線の助手席から 撮ったものだ。ただし走行中に百メートルにも満たない隙間からでは3枚の写真がやっと、そのうち1枚だけがうまく撮れた次第。
このあたりからの金峰山は、文字通り奥秩父の盟主にふさわしい風格がある。 そしてこの金峰山を境に東京から見える山の限界を超えることとなる。

(上り長坂IC付近 11月下旬15時15分 150mm F11 1/500)


 <金峰山へ>















高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <八ヶ岳へ> <金峰山へ> <瑞牆山へ>

(須玉IC付近より八ヶ岳)

甲府盆地最後の双葉SAを出ると、しばらくSA、PAがない。 左に鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、右に茅ヶ岳、奥秩父の山々を望みながら、八ヶ岳が次第に大きくなる。 中央道が左右にカーブするたびに八ヶ岳が正面に位置する。
八ヶ岳は八ヶ岳PAでは編笠山と権現岳に遮られて赤岳などが見えないが、 この位置だと阿弥陀岳まで含めて望むことが出来る。

(下り須玉IC付近 2007年10月21日 06時48分 CANON IXY 900IS)


 <赤 岳へ>