高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る><戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <赤石・悪沢・聖岳へ> <甲斐駒ヶ岳へ>
釈迦堂PA遺跡博物館より南アルプス 2010年1月30日 10:22 CANON IXY 900IS 釈迦堂PA遺跡博物館より奥秩父 2010年1月30日 10:23 CANON IXY 900IS 2010年1月、久しぶりの釈迦堂PAである。立ち寄っても視界が悪いときが多く、これだけ好展望の機会も少ない。 南アルプスも奥秩父も望遠写真は随分と撮ったので、全体写真を掲載する。 甲府盆地の上に西側に南アルプスを北側に奥秩父の高峰群を望む釈迦堂PAは、4月に入ると桃の花で色彩が豊かとなる。

(釈迦堂PAより南アルプス−白峰三山)

笹子トンネルを過ぎると景色は一変する。しばらくは山あいを甲府盆地に向かって走って行くが、 視界は徐々に開け、勝沼ICでは完全に大空間が展開、前方に南アルプスの3000m峰がずらりと勢揃いをしている。
勝沼ICは中央道唯一の甲武信岳が見える場所として貴重な存在だが、この山はもっぱら関越道で良く展望されるので そちらに任せた方がよいだろう。間近に見るなら国師岳山頂が比較的楽に登れて近くに良く展望される。
釈迦堂PAは建設中に遺跡が発掘され、現在その遺跡を下りPAの背後にある丘の上に遺跡博物館を建設してそこに展示してある。 一般道からも上りPAからも行かれる仕組みになっているが、それを示す故事来歴は上りPAの中に案内板がある。 その遺跡博物館の前庭が大展望台になる。南アルプスのみならず奥秩父まで東京から見える山々が 見える。
この写真は南アルプス全山のほんの一部だが、羽田空港のそれと比較してみるのもおもしろい。仰角はともかく、 羽田空港からの展望も甲府盆地のそれに一歩も引かない景観を示している。

(下り釈迦堂PA遺跡博物館前  2001年1月中旬09時30分 Sony DSC-P1)

 <北岳・間ノ岳へ>



















高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る><戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>  <赤石・悪沢・聖岳へ>  <白峰三山へ>

(釈迦堂PAより南アルプス−甲斐駒ヶ岳)

ここ釈迦堂PAからは9座の百名山が展望できる。そのうち7座が南アルプスの山々だ。 ここに紹介する甲斐駒ヶ岳もその一員で、鳳凰三山の右に鋭く突出した姿を見せている。 この山はその姿が特異なことで「山の団十郎」として知られているが、中央道では、 もっとも近くにある3000m峰でもある。 この先遠く八ヶ岳PAに至るまで、左側にその勇姿を見せてくれる。

(下り釈迦堂PA遺跡博物館前  2001年1月中旬09時30分 Sony DSC-P1)

 <甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳へ>