高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <奥秩父へ>  <大菩薩連嶺へ>  <北アルプスへ>

(甲府盆地から−釈迦堂PAからの奥秩父)

甲府盆地のPAはすべて南アルプスと奥秩父のビューポイントだが、ここ釈迦堂PAからは 奥秩父の主稜線上の高峰群がすべて顔をそろえる。中でも奥秩父の最高峰北奥千丈岳と奥秩父の盟主金峰山が同時に 展望出来る場所は、このPAと隣の境川PAだけである。ただ金峰山の盟主にふさわしい山容はこの先の須玉IC、 長坂IC付近からの展望に一歩譲るだろう。 この画像は冬季も白くなることの少ない金峰山から北奥千丈岳が異常寒波の到来により、全山霧氷に覆われた極めて珍しい 光景である。

(下り釈迦堂PA 2001年1月中旬09時30分 Sony DSC-P1)

 <国師岳・北奥千丈岳へ>  <金 峰 山へ>



























高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <奥秩父へ>  <大菩薩連嶺へ>  <北アルプスへ>

(甲府盆地から−境川PAからの大菩薩連嶺)

釈迦堂PAからは僅かに覗いているに過ぎなかった大菩薩連嶺は、境川PAまでくると後方にその全容を現すようになる。 長々としたこの連嶺は、東京から見る山容の鏡像を見るように後方に横たわり、この連嶺が東京と甲府を巨大な 壁のように立ちはだかってきたことを実感する。
この連嶺は、このPAから双葉SAにかけて良く展望できるが、双葉SAからは施設の裏にあるハーブガーデンから 展望できる。この境川PAは双葉SAよりも近く、大菩薩嶺をはじめとした連嶺北部の山々がよく展望できる。

(下り境川PA 3月中旬9時00分 150mm F11 1/350)


 <雁ヶ腹摺山・黒岳・大蔵高丸へ>  <大菩薩嶺へ>





















高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <奥秩父へ>  <大菩薩連嶺へ>  <北アルプスへ>

(甲府盆地から−境川PAからの北アルプス)

2006年4月22日、この日は各地で異常視程が発現した。この日筆者は朝日旅行主催 「車窓展望の山旅」の第一回を、山中湖東岸の鉄砲木ノ頭で驚嘆の超展望を解説していた。 まるで気象条件までこのシリーズを祝福してくれているようだった。
そのとき「三ツ峠山なら北アルプスまでよく見えた筈」超展望を「田代先生に携帯で報告しよう」 などと話が弾んでいた。
その田代先生が驚嘆の画像「境川PAからの槍・常念」を撮っていたなど、まるで想定外であった。 正面に常念岳が、その右に大天井岳が、左の山裾に槍ヶ岳(赤丸内)が、甲府盆地からとはにわかには信じられない展望である。
この驚異の画像を田代博氏よりお借りして、氏のご承諾を得て、ここに掲載させていただくことにした。 これほどの写真は先ず今後とも撮ることは至難の業と言うべきだろう。
田代博氏のご厚意に厚くお礼を申し上げます。 とともに「車窓展望の山旅」がこの超展望に支えられて無事成功したことを重ねてご報告致します。

(下り境川PA 2006年4月22日 8時58分 田代博氏撮影提供)


 <常 念 岳 へ>