高速道路からの山岳展望−中央道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(下り談合坂SAからの道志山塊と富士山)

中央道は小仏トンネルを抜けると、急に緑したたる山の中にはいる。左側に相模湖とその対岸の石老山 を見ながら相模湖ICを過ぎると間もなく藤野PAがある。南側を丹沢、道志山塊などが幾重にも 折り重なって見えている。その左端には丹沢北部の山々が大室山とともに展望される。 そして前方に目をやれば三ツ峠山、本社ケ丸、滝子山に至るまで見えている。およそ笹子トンネルの 手前までこんな景観が続いている。大空間をつかさどる3000m級の山々に囲まれた中央道の 最大の特徴とは相容れない、繊細で、緑濃い、深い山あいの風景がここにある。。
談合坂SAは、そのような雰囲気の真っ直中にあって、幾重にも折り重なる山々の間から富士の 高嶺が覗いている。このSAは上下線で随分と離れており、おまけに方角も異なる。 下りSAは南に開けているが、上りSAは東に開けている。 この写真は下りSAで捉えたもので、上りSAは場所が異なる。

(下り談合坂SA内裏手 09月下旬06時10分 135mm F5.6 1/250)
 <倉岳山・高畠山へ>  <富士山へ>

(談合坂SA上り線からの展望)

上り談合坂SAから道志山塊 2011年1月8日 13:36 上り談合坂SAから富士山 2011年1月8日 13:36 上り談合坂SAから扇山東稜 2011年1月8日 13:38
    上り談合坂SA南面から道志山塊     上り談合坂SA南面から富士山 談合坂SA北面から扇山東稜

談合坂SAは下り線と上り線では位置が2.5kmほど異なる。下り線は野田尻にあって、東西に向き、 上り線はそれより2.5kmほど大月よりにあって、南南西から北北東に向いている。 従って見える山々も異なって見える。
2011年1月8日、本栖ハイランドのダイヤ富士の帰路、快晴に恵まれた談合坂SAに立ち寄って久しぶりに撮影した。 その第一の目的は富士山が見えるかと言うこと、それに道志、前道志、 扇山がどのように見えるかと言うことだった。 富士山の位置は上り線と下り線では明らかに異なり、下り線では前道志の高畠山の右にあった富士山が 上り線では西端からはみ出して見える。
また前道志と道志山塊の全容がほぼ展望できるのもここだけだろう。 いずれ下りSAについても取り直しを試みたい。