高速道路からの山岳展望−米子道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <蒜山へ>

(米子道蒜山高原SAからの大山)

大山の南裾に広がる蒜山高原はこの地方有数のリゾート地、米子道蒜山高原SAはその蒜山高原への入り口 であるとともに大山への南の入り口でもある。 このSAは中国道落合JCTから分岐した全長約60Kmの米子道のほぼ中間にあって、上下線とも大変展望が良い SAだ。特に上りSAは大山方面に向けて開けた展望庭園もあって、大山を最奥の山とした山岳風景が楽しめる。 今までの中国山地のなだらかな眺めとは異なり、さすがに大山は遙かに抜きんでていて、威厳のある山容を呈している。 ただここからでは少し遠いのが残念だが。
この写真は再取材にてようやく得たもの、大山登頂の数時間後の事である。

(上り蒜山高原SA  右前方  2001年10月07日13時00分 Sony DSC-P1)

 <大 山へ>


























高速道路からの山岳展望−米子道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る> <大山へ>

(蒜山高原SAからの蒜山)

大山の右に目をやれば、なだらかな上蒜山、中蒜山、下蒜山が仲良く並んでいる様子が分かる。 このような山々はなかなか知る由もないが、上りSAにある展望庭園には山岳案内板があるので分かった次第。 このあたりまでが中国山地を代表する風景だ。

(上り蒜山高原SA 右 11月上旬 15時00分 550mm F11 1/500)