山陽・中国・岡山・米子自動車道からの山岳展望

<戻る> <東名道へ> <名神道へ> <中央・長野道へ> <関越・上信越道へ> <東北・磐越・山形・秋田道へ>

     <常磐・東関東・館山道へ> <北海道へ> <北陸道へ> <紀伊半島へ> <四国へ> <九州へ> <ビューポイントへ>

神戸JCTから始まる中国自動車道は中国山地のほぼ中央を貫いて門司まで走り、 山陽道が瀬戸内海寄りを走って、岡山で岡山道によって、広島で広島道によって、中国道と連絡しながら山口で合流している。 一方日本海側に向けては、舞鶴、米子、浜田とそれぞれ中国道から延びている。 中国山地は目立った山がないが、米子道では大山が大きく展望され、中国道の西側では中国山地の長々とした カルスト状の山並みが延々と続く。中国山地はカルスト大地で、その全線に亘って標高1000m程度の大地が広がり、 穏やかな地形を形成している。ここでは山陽道、中国道の一部と岡山道、米子道を紹介しておこう。

<解説> <中国の高速度路山岳展望マップ>

山陽自動車道

吉備SAからの中国山地 広島東IC付近からの中国山地

岡山自動車道

高梁SAからの中国山地

中国自動車道

真庭PAからの中国山地     

米子自動車道

蒜山高原SAからの大山     溝口IC・大山PAからの大山      米子ICからの大山
中国地方の高速道路から行くビューポイントからの展望

<戻る> <東名道へ> <名神道へ> <中央・長野道へ> <関越・上信越道へ> <東北・磐越・山形・秋田道へ>

     <常磐・東関東・館山道へ> <北海道へ> <北陸道へ> <紀伊半島へ> <四国へ> <九州へ> <ビューポイントへ>