高速道路からの山岳展望−東北道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

(北上金ケ崎IC付近からの焼石岳・駒ヶ岳)

那須火山帯は奥羽山脈として、栗駒山から焼石岳、さらに1000mを越える山脈が 田沢湖の駒ヶ岳に続き、岩手山、八幡平に連なっている。焼石岳はその中でも標高の高い方に属し、 1548m、その前衛の山も駒ヶ岳という。いったい日本全国にいくつの駒ヶ岳があるのだろうか。 栗駒山を後方に見送るとすぐに左前方に姿を現し、北上JCT付近まで見えている。こういう様子が 走りながら時折視線の横に飛び込んでくる。
だがいざ写真となるとこのあたりも展望はさっぱりダメ、北上金ケ崎ICはPA併設なのだが、 全く見通しが利かない。取りあえず新幹線水沢江刺北15km付近からの写真を使っている。

(北上金ケ崎IC付近 10月上旬 9時15分 150mm F11 1/500)