高速道路からの山岳展望−東北道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<高速リストへ戻る>

(泉IC付近からの泉ケ岳)

日光から始まる那須火山帯は、八幡平に至るまで東北道の左側を一列に並んで見える。所々で とぎれるように見えるが、この山も蔵王と栗駒山の隙間を埋めている山だ。だがどうして標高は1500m ばかり、立派な独立峰だ。仙台の住宅地の泉ICにほど近く、船形山の前衛の泉ケ岳には市民のスキー場が ある。「泉」の名前は仙台の至る所につけられていることは先刻ご承知のとおりだ。 このスナップは駐車する場所が無く良い写真が得られないため、新幹線(仙台北数km)から撮ったものである。

(泉IC付近 10月上旬 8時15分 75mm F11 1/750)


ところで東北道は山形道との分岐点村田JCT付近から低い山中に入り展望が利かなくなる。 展望の利かない区間は秋田道との分岐点の北上JCTまで実に150Km近くに及ぶ。僅かに開ける ところといえば、泉PA-泉IC付近、古川IC付近、下り長者ケ原SA、一関IC、前沢平泉IC手前 位なものだ。勿論走行中では瞬間的に開けるところもあるが、この展望の利かない区間は本当にがっかりする。 このあたりは東北の伸びやかな田園地帯が広がり、船形山や、栗駒山、焼石岳などがよく展望できる筈 の区間だからだ。その田園地帯を避けて、東はずれの丘陵地帯を走るのが東北道だからどうしても展望が利かない。