高速道路からの山岳展望−名神道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(伊吹PAからの伊吹山)

大垣ICから15Km、関ヶ原ICがある。このICは伊吹山の山頂直下まで通じているドライブウェイ の入り口だ。だがまだここからは伊吹山はよく見えない。次の北陸道との分岐点の米原JCTまで 約16Km、この中間点に伊吹PAがある。右眼前に巨大な伊吹山がある。これほど高速道路に近い山も 珍しいのではないか。何しろ1377mの標高にも関わらず、岩手山SAからの岩手山よりも大きく見えている。 新幹線や東海道線はもっと近くを走っている。全山が石灰岩、従ってセメント会社が石灰を掘っている。秩父の武甲山 のようにならなければよいが。
このあたりの地形は大変複雑だ。南に鈴鹿山脈、北に最高峰伊吹山を南端とする伊吹山脈、すぐ先はもう日本海、 冬は日本有数の豪雪で、記録によれば20mがレコードとか。冬でなくとも、複雑な地形はこの狭い地域の気象条件を 厳しいものにしている。大垣や彦根は晴れていても関ヶ原は雨ということもしばしば、伊吹山も滅多に姿を現さない。
そんな気象条件が多くの植物をはぐくみ、万葉の時代から登場し、特に薬草の山として古くから知られている。そのずば抜けた 歴史が筑波山と共に百名山としたとは深田久弥が残した言葉だ。
この先米原ICを最後に名神道から姿を消す、ほんの20Kmに満たない区間での壮大なパノラマだ。

(上り伊吹PA内  10月上旬 9時00分 55mm F11 1/500)

<伊吹山へ>