高速道路からの山岳展望−名神道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(岐阜羽島IC付近からの御岳)

名神道は東名道と接続する小牧ICを起点に西宮ICまで、我が国最初の本格的高速道路として 昭和38年7月16日尼崎−栗東間が部分開通した。 以来我が国の高速道路網は発展し続けて、平成9年現在6200Kmが営業中、なお2000Kmが工事中だ。
さて東名道は静岡市の日本平PAを最後に、中央道は恵那市の恵那峡SAを最後に近景の山岳展望が途絶えるが、 東名道では岡崎IC付近から中央アルプスと御岳が遠望できることは東名道で触れたとおりだ。その御岳は名神道に入っても ここ岐阜羽島IC付近までその姿を見せてくれている。
名神道は伊吹山がすべての道路と思いきや、大気条件の良いときには、この御岳のみならず加賀の白山 までもが遠望できる。ただ遠望できる区間には展望の利かない羽島PAがあるのみ、そこで こういった珍しい眺望を見るためには、高速バスが最も適している。 座席の高さが高いのも魅力のひとつでもある。

(岐阜羽島IC付近 12月上旬09時45分 300mm F11 1/500)


<御 嶽へ>