高速道路からの山岳展望−西名阪道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(香芝IC付近からの日出ヶ岳)

大台ヶ原や大峰山など紀伊半島の骨格をなす高峰群が高速道路から見えるかどうかが、この紀伊半島を取りまく高速道路の 最大の関心事である。少なくとも将来にわたって、この高峰群の近傍に高速道路が建設される計画は無いので、 今開業している高速道路ではこのあたりだけが見える可能性がある場所である。
険しい紀伊半島の地形で大部分の場所からは前山に隠されて見えない奥山も、ここ奈良盆地だけは例外的に展望が開けている。 早速捜索開始、雪雲に覆われながらも、ようやくその姿を捉えることが出来た。
日出ヶ岳(1695m)は大台ヶ原の最高峰だが、ここ奈良盆地ではこのあたりでしか山頂部を見せない。 残念なことに香芝SAは展望が無く、その先の香芝IC付近で捉えた画像を紹介する。

(香芝IC 12月下旬 8時時00分 300mm F8  1/250)
























高速道路からの山岳展望−西名阪道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(天理ICからの大峰山系)



大峰山系は奈良盆地から僅か60km弱、展望の良い奈良盆地の北部ならたいていの場所から展望できる。 しかし西名阪道は展望の利かない香芝SAしかなく、ICを利用するにしても、駐車スペースの確保に苦労する。 ここ天理ICは僅かな駐車スペースがあって、交通量の多い車道越に大峰山系の山々が展望される。

さて奈良盆地だが、日本発祥の地である明日香まで10kmほどである。 この写真にも見えている、三輪山大和三山(耳成山(みみなしやま)、畝傍山(うねびやま)、香具山(かぐやま)、 などが近い。
また、葛城山、も指呼の間にある。 さらに高松塚古墳、石舞台、 そして西名阪道のICの名前にもなっている世界遺産の法隆寺がある。 これらは日本創世の鍵を握っているロマンに満ちた時間の旅でもある。

(天理IC 12月下旬 9時時00分 200mm F8  1/250)
<大峰山へ>