高速道路からの山岳展望−東海北陸道からの展望

<見出に戻る> <北陸道三条燕ICへ戻る>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>

(福光IC付近からの白山)

北陸道の金沢と富山のほぼ中間点に小矢部砺波JCTがあって、ここから名古屋方面に向けて東海北陸道が延びている。 現在はまだ殆ど建設中、北陸道からはわずか1スパンの福光ICまでが開通しているに過ぎない。 この道路の完成は、中央道、長野道経由でも、名神道、北陸道経由でも大変距離のある、 中京地区から金沢、富山地方の利便性が大幅に改善されると予想されるが、 その通行量はいかほどなのだろうか。
とにかく1スパンでもその山岳展望はどうなのか取材してみた。
この道路は白山の東側を通る予定で、当然白山がすぐ近くに展望できると予想されるが、福光ICまでは 北陸道からわずか10Km程度しかない。 それでも北陸道からははるかにかすんで見える白山がぐんぐん近くなり、福光ICでは前山に没してしまう 様子がよく分かる。従って白山が見える限界は北陸道から福光ICまでのほぼ中間点を過ぎたあたりまでで、 この写真は丁度高速道路が、高岡から福光に延びているローカル鉄道をクロスするあたりで捉えたものである。

(福光IC手前 4月上旬09時00分 300mm F16 1/350)