高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る> <高速リストへ戻る>

(栄PAからの平ヶ岳)



(上り栄PA 4月上旬 11時00分 300m F11 1/500)

北陸道は米山ICを過ぎて、長岡JCTで関越道と合流後、越後平野を新潟中央JCTまでひた走る。 正面にあった弥彦山が次第に左に移り、後ろには米山がまだ見えているところに中之島見附ICがある。 越後の山並みを右に見ながら、間もなく栄PA、そして三条燕ICである。ここまでくると新潟はすぐ目の前だ。

このあたりから平ヶ岳が見えるという。新潟にお住まいの「信」さん、「野原森男」さんがそれぞれ独自に捜索されて、 お二人ともほぼ同じ結論に到達した結果が見えると言っている。
とにかく、この奥深い上越国境の最高峰は関越道からも姿を現すことがない。 だから高速道路からは展望できないのではないかと考えられていた山なのだ。 計算によれば、ただ1ポイント、それも少し山頂部を遮られながらも辛うじて見ることが 出来るようだ。越後平野をもう少し後退すれば全容が見えてくるのだが。
早速取材を試みた。上り栄PAがまさにその場所だった。 春霞に遮られて肉眼確認不能、双眼鏡を取り出して視界に入ったときには、カシミールによるCGと全く同じ光景に感動を覚えた。 20枚を越える写真を時間やフィルターをを変えて撮ったが、現像結果はなにも写っていない。 外環からの至仏山の経験を生かして、徹底した画像処理で、ようやく浮かび上がってきたのがこの写真、 紛れもなく写っていてカシミールのそれと全く同じ、目視確認もしているので自信をもって紹介した。
なお、このあたりからは燧ヶ岳も展望できるとカシミールは計算する。この2座を北側から見た場面も 興味あるところ、 信さんが新潟港からの燧ヶ岳を、すでに捉えている。
 <平ヶ岳へ>