高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>

(上越IC付近からの妙高・火打山)

上越ICは上信越道が接続するところだ。 妙高山は長野道姥捨SAから早くも見え始め、上信越道小布施PAから上越ICまでの展望の主役を勤める山だ。 北陸道を下ってきて、ここに来て信州の山(妙高自体は新潟の山だが、展望箇所から見れば、先の姥捨SAや小布施PA、 志賀高原など信州の山のイメージが大変強い)にめぐり会うと大変懐かしく感じる。ひとつには北陸道の起点が米原で、東京から 最も遠く、下るに従って東京に近くなると言う先入観も手伝っているのだろう。ここでも火打山の巨大な姿が、うっかりすると妙高を 覆い隠してしまうほどに見えている。


(上越IC 4月上旬11時15分 150mm F11 1/750)  
 <妙高山へ>  <火打山へ>