高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>

<後立山へ> <剱・立山へ> <弥陀ヶ原周辺へ> <薬師岳へ> <さくらと剱・立山へ>

(流杉PAからの後立山・剱・立山・薬師岳−後立山)



(下り流杉PA 4月上旬08時30分 150mm F16 1/750)  

富山ICを少し下ると流杉PAという無人のPAがある。富山周辺には先の呉羽PAと、さらに下った 有磯海SAがあるが、北陸道最高、いや全国高速道路でもこれ以上の展望は無いだろうと思われる程の絶景 が待ち受けている。特に上りPAは遮るものもなく、さらに立山全体の山岳展望案内板までが備わっている。 この写真は下りPAから、丁度立山の真上に太陽があって逆光の立山は時間をずらすことにして、とりあえず 逆光の影響の少ない東はずれの後立山を撮影したものだ。
すぐとなりに長距離トラックが止まっており、運転手がこの光景に目を疑うばかりに驚いていた。 聞けば何遍も走っているが、こんな景観に出会ったことはないと言う。あまりの素晴らしさに感激したという。 それ程までに言葉を知らぬ壮大な景観が展開していた。

ところで狭山市にお住まいの鈴木淳夫氏から、 ほぼ同じ場所での写真を撮影、さらにカシミールによる山座同定を試みた。その結果、 「白馬岳の位置が違う、今の位置は駒ヶ岳ではないか、また毛勝山、釜谷山、猫又山の位置も微妙に ずれている」とのご指摘を頂戴した。
この同定は上り流杉PAにある、詳細な山岳展望案内板に寄り同定したものだが、カシミールによる確認を試みた結果、 ご指摘の通りであることが判明、個々に修正した。(2001/8/13) 鈴木淳夫氏に厚くお礼を申し上げます。
 





















高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>

<後立山へ> <剱・立山へ> <弥陀ヶ原周辺へ> <薬師岳へ> <さくらと剱・立山へ> <冬の展望・鈴木淳夫さんのHPへ>

(流杉PAからの後立山・剱・立山・薬師岳−剱・立山)



(上り流杉PA 4月上旬12時45分 150mm F16 1/750)  

時間は正午過ぎ、上りのPAから太陽も中空に移動して、立山の中心部は順光の中、きらめくような山容を見せいた。 心配された大気の濁りも殆ど感じさせない、春には珍しい好天気に恵まれたからだ。上りPAには遮るものも無く全く こんな展望が無人のPAで、殆ど人に知られていないことももったいない限りだ。
さてここから見る立山は、雄山から大汝山までが見えていて、一番左のピークの富士ノ折立が大日岳と奥大日に隠されて見えない。 又別山も同様だ。一方剱岳の方は三ノ窓、小窓、大窓すべてが手に取りように分かる。富山市内とはいくらも離れていないが よく見れば微妙に山容を変えている。
雪に閉ざされる冬の時期、つかの間の晴れ間は想像を絶する光景と聴く。 それを見事に捉えた写真が狭山市にお住まいの鈴木淳夫 さんのHPにある。バスの車窓から伺っており、ほぼ同じ地点からの撮影と推定される。
 <立 山へ>