高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <剱・立山へ> <薬師岳へ> <白馬三山へ> <ご来光へ>

(富山IC付近からの剱・立山・薬師岳−剱・立山)



(富山IC付近 4月上旬06時15分 150mm F8 1/350)  

富山市はこの展望が最大の売り物だ。富山市内からの冬の立山連峰のポスターが至るところにあるが、 旅人がこの景観に巡り会うのは至難の業だ。雪に閉ざされた冬の僅かな午後の晴れ間に、この最高の景観が 現れるが、こんなときにぶつかるなどよほどの偶然でもなければ不可能だ。とにかく雪国のこと、アクセスに不安がある上に 偶然を求めるにはあまりにもチャンスが少ない。
そこで雪も解けて春の弱い冬型が終わり、移動性高気圧にすっぽりと覆われたとき、チャンス到来とばかりに 休日をさいて出かけて、富山ICから2Km程離れた富山市内のホテルに陣取り、ようやく捉えた朝の立山 の光景だ。
 <立 山へ>

























高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <剱・立山へ> <薬師岳へ> <白馬三山へ> <ご来光へ>

(富山IC付近からの剱・立山・薬師岳−薬師岳)

富山市内から展望出来る光景は、東は白馬三山から、剱岳、立山、カルデラ周辺の山々、その下に弥陀ヶ原、 そして西には大きな薬師岳まで、3000m級の山々が市内の南を殆ど埋め尽くしている。丁度北側から眺める 光景は、午前中よりも冬の午後が順光となって素晴らしい光景が展開する。

(富山IC付近 4月上旬06時15分 200mm F8 1/350)  


























高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <剱・立山へ> <薬師岳へ> <白馬三山へ> <ご来光へ>

(富山IC付近からの剱・立山・薬師岳−白馬三山)

立山が東に沈むところ、その向こう側に白馬三山が覗いている。黒部川を挟んだ向こう側の後立山は こちら側から見て、なるほど「後立山」だと実感する。大気条件が良くないと、ここまで見通すことは困難で 夏では明け方でも、立山でさえ見ることはかなわない。

(富山IC付近 4月上旬06時30分 250mm F8 1/350)  

























高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <剱・立山へ> <薬師岳へ> <白馬三山へ> <ご来光へ>

(富山IC付近からの剱・立山・薬師岳−ご来光)

この季節、丁度その白馬三山からご来光だ。白馬杓子の向こう側から昇る太陽は、 到底東京では味わえない神秘的な光景だ。

(富山IC付近 4月上旬06時00分 120mm F8 1/350)