高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <庄川上へ>  <呉羽PAへ>

(庄川上から呉羽PAにかけての黒岳・鷲羽岳・黒部五郎岳・奥穂高岳・笠ヶ岳)

笠ヶ岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、黒岳。これらの北アルプス最深部の百名山は、高速道路からは到底展望不可能と思われていた。 高速道路から展望出来る百名山を整理する作業の過程で、福井から富山の間で見えないかという、ご意見を「野原森男」 さんから頂いた。
早速、その間の北陸道全線を可視マップで捜索、どうやら徳光PAで笠ヶ岳が山頂部を覗かせ、次に小矢部川SAでは 黒岳と黒部五郎岳が、さらには槍の穂先が、呉羽PAでは鷲羽岳・黒部五郎岳・笠ヶ岳が、 さらに小矢部砺波JCTから小杉ICにかけては薬師岳の右に黒岳・鷲羽岳が、さらには黒部五郎岳・奥穂高岳・笠ヶ岳が 見えることが分かった。
この間にある唯一の高岡PAは上下線とも見晴らしが無く、従って駐車して見るところは皆無である。 冬の間に下見をして、走行中でもどこが最も展望が開けているかをチェックした結果が庄川の橋の上と言うことが 分かった。
いよいよ捜索開始。4月下旬の晴れた日に助手席に座る機会を作り出して、金沢東ICから立山ICまで1往復した。

庄川上から


呉羽PAから













































高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>  <トップへ> <呉羽PAからへ>

(庄川上からの黒岳・鷲羽岳・黒部五郎岳・奥穂高岳・笠ヶ岳)

(黒岳・鷲羽岳)

計算結果に基づき、薬師岳と上ノ岳の間を助手席から撮りまくった。視界の悪化との闘いで、ようやく撮った数枚の写真も、 雲の様子が刻々と変化していた。そしてそのうち1枚に、この2座が写っていた。 勿論徹底した画像処理を施したことは言うまでもない。

(上り庄川上 4月下旬9時30分 300mm F8 1/250)  

(黒部五郎岳)

これも肉眼では確認不能、上ノ岳の右側を撮りまくったものの1枚に浮かび上がった黒部五郎岳の予想外の大きな山容が 画像処理によって浮かび上がってきた。

(上り庄川上 4月下旬9時30分 300mm F8 1/250)  

(奥穂高岳)

さらに右側を、これも被写体確認不能のまま、シャッターを押したもの、穂高連峰のうっすらとした姿が浮かび 上がってきたものである。

(上り庄川上 4月下旬9時30分 300mm F8 1/250)  


(笠ヶ岳)

さらに右側に、これは肉眼での確認が出来た笠ヶ岳を捉えたもの、山頂部が僅かに見えているのが分かる。 しかし写真には写ったり写らなかったり、被写体との間にある雲の発生が、笠ヶ岳をそのようにさせていた。

(上り庄川上 4月下旬9時30分 300mm F8 1/250)  

<トップへ> <呉羽PAからへ>




























高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る>  <トップへ> <庄川からへ>

(呉羽PAからの鷲羽岳・笠ヶ岳)



(下り呉羽PA 4月下旬8時40分 300mm F11 1/250)         (下り呉羽PA 4月下旬8時40分 300mm F11 1/250)  

呉羽PAを過ぎると立山や薬師岳が急速に近くなり、これらの百名山たちはその影に隠れてしまう。 従ってここ呉羽PAは最後の展望箇所と言うことになる。
その呉羽PAからこれらの山々が見えるのは下り線だけである。上り線は樹木などにより立山・薬師岳の右側が見えないからだ。 しかしPAだからじっくり双眼鏡で探して、確認をしながら撮ることが出来る。
庄川に比べてかなり近いため、それだけ視界も良く満足できる画像が得られた。 しかしここからは黒岳を見ることが出来ず、また黒部五郎岳も定かでない。 多分笠ヶ岳のすぐ左側だと推定されるが、カシミールの結果とは微妙に位置が違う。
したがってとりあえず同定しないままとするが、どなたか確かめていただければ幸いである。