高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <剱・立山へ>

(呉羽PAからの剱・立山・薬師岳−薬師岳)

北陸道は安宅PAから日本海に沿って小松IC、美川ICを経て徳光PAあたりから能登半島の付け根に至り、 内陸部に入る。金沢西、東の2ヶ所のIC付近までは白山がよく展望できる。さらに進んで不動寺PAを過ぎると 再び低い山岳地帯に入り、能登半島の付け根を横切っていることを実感する。 SA併設の小矢部川IC、現在建設途上の東海北陸道の分岐点にあたる小矢部砺波JCT、砺波ICを過ぎると 前方がにわかに開けてくる。そして高岡PA、小杉IC、ここ呉羽PAまで安宅PAから約70Km、景観は 白山から立山連峰へと一変する。
北アルプスは砺波IC付近から前方にうっすらと見えだし、先ずは薬師岳の大きな優雅な山容が前面に、 そして次第に立山・剱岳へと右側の岩峰がはっきり見えてくる。特に小杉ICから呉羽PAかけては北陸道が 丁度立山の方向に向かう形となり、前方にその勇姿を望んだとき、誰もが息をのむ 壮大な光景が登場するところでもある。

(上り呉羽PA 4月上旬13時00分 150mm F11 1/750)  





























高速道路からの山岳展望−北陸道からの展望

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<百名山リストへ戻る>  <高速リストへ戻る> <薬師岳へ>

(呉羽PAからの剱・立山・薬師岳−剱・立山)

立山を望む呉羽PAはこの上りPAよりも下りPAの方が好都合だろう。この上りPAは、進入路に近い ところまで行かないと十分な展望が得られないが、下りPAは、立山の方角に本線があって、展望には 具合がよい。残念ながら下りPAに到着したときには、時間が遅く大気条件が悪くなって良い写真が得ら れなかった。
海抜が殆ど無い場所から3000mの岩峰を眞近に望める場所は高速道路は勿論のこと、一般道でも他に知 らない。これこそ北陸道随一の、いや全国でも最高の展望の始まりである。そしてこんな絶景が富山を経て、 北アルプスが海に激しく落ち込む親不知の手前までの約60Kmの間、存分に楽しむことが出来る。

(上り呉羽PA 4月上旬13時00分 200mm F11 1/500)