−このホームページへのお便り集2−


Top Pageへ

お便り集1へ戻る

甘楽PAからの燧ヶ岳補足に対してのお便り
1999年09月28日 7:22 上信越道から燧ヶ岳捕捉に対して
いや〜、凄い! 新発見の連続ですね。上信越道から燧ヶ岳ばかりか至仏山や 平ヶ岳も見えるのですか! この2つの山は平地からは見たことがないので全く 予想もしておりませんでした。特に平ヶ岳は北関東の山々からも見える山は大変 少なく今度私も是非挑戦してみたいと思います。写真を拝見するのが大変楽しみ です。仕事のメールはうんざりですが、こうしたメールは何通でも頂戴したいも のです。本当に有り難うございました。
 船水 康宏 E-mail:
funamizu.yasuhiro@nifty.ne.jp
甘楽PAから平ヶ岳・至仏がみえるか?
1999年9月30日 18:38 上信越道甘楽PAから平ヶ岳・至仏は見えない?
現時点での私の結論としては平ヶ岳と至仏山は大変難しい のではないかな、というところです。伊藤様からお送りいただいた画像の中 で平ヶ岳の前山のように見える山は子持山と榛名の水沢山になり、いずれの 山も1000mを超える標高を有していますので、その山の上に平ヶ岳が見 えるということは、画像の視点が非常に高い位置にあることになります。
どの位置のどの位の高さなら伊藤様の画像と同じになるのか、かなりの試 行錯誤を繰り返した結果が添付しました「SIMONITA.GIF」になります。この 画像は下仁田インターの上空800mの位置からのものですので、伊藤様の 画像のように見えるには下仁田、富岡あたりでは標高で約1000mの高さ が必要になります。
各インターの経緯度・標高を2.5万分の1地形図で調べて、その位置からカ シミール画像を描画させてみましたが、いずれも平ヶ岳と至仏山は完全に隠 れてしまうようです。同じくカシミールで平ヶ岳の可視マップを作成してみ ました。添付しました「HIRAGA.GIF」がその結果ですが、赤枠の中が計算範 囲で平ヶ岳が計算上見える個所が桃色になっており、上信越道からはかなり 離れて高度の高いところまで行かないと無理のようです。

      緯度     経度   標高
    下仁田IC  36.1356  138.4937  220 
    甘楽PA    36.1419  138.5655  180 
    吉井IC    36.1425  138.5937  160 
    富岡IC    36.1410  138.5350  230 
 船水 康宏 E-mail:funamizu.yasuhiro@nifty.ne.jp
[コメント:やはり誤認でしたか。現場で再度確認する楽しみが増えました。]
月山街道からの大朝日岳
1999年11月30日 19:44 国道112号からの大朝日岳
 112号から見える大朝日です 地理としては、tizu.gifに書いたとおりです。 橋のたもとにある空き地と、そこから橋の上10メートルぐらいが、撮影ポイント です。 写真左にある灌木で、空き地から山形側では見えません。 写真に写っている橋は、山形道です。 いかがですか? ご記憶の山と較べて、いかがでしょうか?
Katsunobu Shinohara E-mail:kshino@aat.mtci.ne.jp
[コメント:全くこの通りでした。貴重な写真は、このままHPに使わせていただきたいのですがよろしいでしょうか。]
伊久間さんから展望情報
1999年12月1日 1:12 岡谷ICは絶景です
今日、11月30日に諏訪まで仕事で行きました。岡谷インターチェンジで降りま したが、八ヶ岳が大変綺麗に見えました。権現岳から根石岳辺りまで良く解り ます。伊藤さんのホームページを見ていて、ここ、岡谷からの写真がありませ んね。あいにく諏訪湖の上に浮かぶ富士山は見えませんでしたが天気さえ良け れば富士山と八ヶ岳の全貌が見られる、素晴らしい展望になる筈です。歌川広 重の富嶽三十六景にも塩尻峠からの富士山があった様な気がしましたが、機会 があれば是非、ここからの富士山と八ヶ岳を取材して見て下さい。
 伊久間 幸広  E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
[コメント:いつかは、訪れてみたいですね。素晴らしい情報有り難うございました。]
諏訪湖からの北斎の富士
1999年12月1日 1:43  富嶽三十六景番外偏にありました
葛飾北斎の富嶽三十六景の番外の四十四番に諏訪湖と言うのがありました。 インターネット検索して見つけました。写真がありましたのでお送りします。
 伊久間 幸広  E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
[コメント:有り難うございます。こちらで46景全部ダウンロードして使える者は使ってみたいと思います。]
小布施PAからの槍ヶ岳
1999年12月7日 2:34 小布施PAからの槍ヶ岳と姨捨SAからの写真
小布施からの槍ヶ岳の写真が出来まし たのでお送り致します。夕方もう一度行って夕焼けに浮かぶシルエットを撮ってきました。 また、姥捨SAからの善光寺平の御説明ですが、戸隠山は高妻山の左側です。 黒姫山は大体御説明の位置ですが、飯縄山と妙高山の間に瑪瑙山と黒姫山と二 つあるのです。伊藤さんの写真は小さいので殆ど判別が出来ないのですが私の 撮った写真をお送り致します。飯縄、瑪瑙、黒姫、妙高と右から並んでいます。
Knosさんに、姥捨SAから四阿山が見える、と言ってしまいましたが、四阿山は 見えませんでした。根子岳が見えていました。少し長野側に出ますと四阿山も 見えるのでした。御参考までに姥捨SAから少し長野側から撮った写真を送りま す。
 伊久間 幸広  E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
[コメント:幻想的な美しい写真と姨捨SAから有り難うございます。早速HPに使わせていただきます。]
豊科から塩見岳
1999年12月18日 0:39 豊科から塩見岳が見えました
志賀高原や野沢温泉、妙高はスキーリフト の運転が始まりました。長野市内から見える飯縄山の白くなりました。
飯田まで行って来ました。その途中の豊科辺り から高速道路の真正面に南アルプスが見えていました。仙丈岳、塩見岳、悪沢 岳、荒川岳と見えていました。松本インターまで来ますと、甲斐駒ヶ岳も見え ました。更に進むと、北塩尻辺りでは北岳、間の岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈岳、塩 見岳まで見えました。正面に見えていました。時間は4時頃でした。常念岳の 辺りは雲で何も見えませんでしたが南はきれいに見えました。 また、岡谷インターチェンジからは諏訪湖の向こうの富士山も見えました。 岡谷インターチェンジからの富士山は丁度右裾が山に隠れていましたがはっき り富士山とわかる姿でした。
 伊久間 幸広  E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
[コメント:これはびっくり、豊科からの南アルプスなどはぜひキャッチしたいですね。]
高速道路からの百名山は93座
1999年12月19日 11:00 高速道路からの百名山は93座が展望可能
高速道路から展望できる百名山は、86座として、FYAMAPにご意見を伺ったところ、「秋川の農夫」さん 「信」さんによって、大峰山、笠ヶ岳、鷲羽岳、黒岳、会津駒ヶ岳、平ヶ岳、阿寒岳などの展望可能地点が 確認されました。なお工事中まで含めると、斜里、羅臼、祖母、開聞がさらに展望可能となり、利尻、焼岳、宮ノ浦岳が 展望不可能として残ります。
途中経過は省略しますが、この間TYFさんの情報により燧ヶ岳が展望可能、 となるなど、秋川の農夫さん、信さんはじめ皆さんにお礼を申し上げます。
 本人 E-mail:itomsa@pep.ne.jp
入善PAからの展望
2000年1月18日 23:13 写真は朝日岳です。
北陸道入善PAにて紹介されている写真は北アルプス後立山連峰北端に位置する朝日岳です。 白馬岳は写真右側になり、なだらかな山容のピークです。 私は入善町に住んでおり、入善町の山岳展望が全国に紹介され非常にうれしくおもいます。 入善町は黒部川扇状地にあり水に恵まれた土地です。
後立山連峰の景観がすばらしく我が家も窓をあければ鹿島槍の双子峰,五竜の 北面さらに穏やかな白馬岳がいつも目に飛び込んできます。 我が家(入善町すべて)からは山小屋の白馬頂上山荘も見えます。
 Shuichi Nagashima E-mail:s-nagashima@muh.biglobe.ne.jp
[コメント:ご指摘有り難うございます。早速修正いたします。]
高坂SAからの展望
2000年6月13日 23:25 無題
高速道路から見える山岳展望−関越道からの展望 高坂SAからの展望で箱根の山が見えるとのことですが どうもこれには疑問があってメールしました。 地図で確認すると高坂SAからの箱根山の位置はちょうど丹沢山の真裏になってしまっていて 見えるはずがないように思うのですが… おそらく箱根山と見られる山は大山ではないでしょうか?
と私は思うのですがいかがでしょうか?
 horii E-mail:can38470
[コメント:ご指摘有り難うございます。長いこと、誤同定していました。早速修正いたします。]
阿寒の成果
2000年8月22日 1:54 北海道の成果拝見しました
北海道の成果拝見しました。 旭川鷹栖の江丹別トンネルの画像遂にやりましたね。 見る人が見れば証拠写真としては十分です (^o^)
十勝清水の阿寒富士はちょっと判別しにくいのが残念です。 まあ、あの天候ならこれでも上出来だと思うのですが。 圧縮をかけないで、その分阿寒の部分に限ってみてはいかが でしょう?
気になったのは、旭川鷹栖のパノラマ写真のキャプションが ずれていることです。恐らく
美瑛岳- オプタテシケ
美瑛富士 -黄金ヶ原
十勝岳- 美瑛岳
十勝岳は鉄塔の辺りになります。
 knos E-mail:knos@as.airnet.ne.jp
[コメント:ご指摘有り難うございます。チェックしたらご指摘通りで修正しました。阿寒の方はアイデイアを頂き圧縮率を変えてみました。]
国内線からの展望
2000年10月24日 16:36 はじめまして
1点だけ気のついた点がありましたのでご確認下さい。 国内線からの山岳展望で「小松便からの乗鞍岳」とされていますが 御岳山ではないでしょうか。 理由として山麓の4つのスキー場が確認できますので・・。 画面下から時計回りに「チャオ」「開田高原マイア」「御岳ロープウエイ」「お んたけ」)
 ishihara E-mail:ishihara@tokai.or.jp
[コメント:ご指摘有り難うございます。今年御嶽に登りましたのですぐにミスに気がつきました。 早速訂正いたします。]
伊勢道からの展望
: 2000年12月1日 15:47 嬉野インターからみえる御在所岳について
楽しいホームページを見せていただき有難うございました。 嬉野インターの近くに住んでいる者ですがあの山容は津市の 西にある経が峰(819m)ではないでしょうか? 独立峰で御在所岳より立派にそびえていると思います。 御在所岳は遥か北に小さく見える程度だと思います。
 Takasi Yokoyama E-mail:yoko_co@ztv.ne.jp
[コメント:ご指摘有り難うございます。カシミールで確認しましたらご指摘通りでした。、 早速訂正いたします。]
展望の山行き
: 2001年7月19日 22:29 感 激
久しぶりに山岳の展望をさせてもらいました。今は難病で足がきかず、 もっぱら車ですが、昔歩いた山々が東京でいまだに見えるというのが、 すばらしい。
そのご努力と趣味に敬服です。
小暮理太郎氏の著作で六郷川からみる南アルプスの文章に昔はカンゲキしたものですが、 今も見えることが奇跡に思われます。 私は甲斐大泉に小舎をもっており、おりおり甲斐駒の風景を愛していますが、 甲斐駒はこの辺の近くからみると、実に他を圧して深田氏の名文がよみがえります。 またあいにくそのかげに隠れて、仙丈が見えないのですが、その尾根らしきものが所によってはみえます。 もう少しよく見えないものかと探しています。また、悪沢の風景がすきなのですが、八つの裾野からは見えませんね。 くだらないことをかきましたが、ご健勝を祈ります。
私もあといくらもなく定年ですが、また新しいことをなにかやろうと計画してます。 元気の内は前向きで、ゆったりと生活したいと心がけております。 山は最近はもっぱら見ているだけですが、元気で登っていたころとまた違った思いがあることに最近 気がつきました。これもいいなあと思っています。  
 北川重男 E-mail:dsk0817@olive ocn.ne.jp  
[コメント:元気・健康であることを神様に感謝しながら、毎日を送っております。 そして「百の頂きに百の喜びあり」の感動を求めて週末登山をしております。 30年やってきたゴルフから卒業して、ゴルフ代わりの週末登山です。 どうかお体を大事になさって下さい。]
グリンデルワルトから見える山座同定
: 2001年7月25日 16:40 スイスの山
素晴らしい写真を有難う。10本も20本も撮って来て山の名前に苦労するので すが、めずらしい風景の写真のなかで,スイスアルプス シュレックホルンの写真は フイッシャーホルンです。右がグロスフイッシャーホルン(4048m)左がクライ ンフイッシャーホルンと理解しています。又スイスアルプス、アイガーの写真(インターラーケンから のもの)はユングフラウではないでしょうか。気のつくままにご検討下さい。
 中山稔夫 E-mail:nkym@trio.plala.or.jp  
[コメント:ベルナーオーバーランド地方の詳細な山座を有り難うございます。 奥の山々はご指摘の通り、右がグロスフイッシャーホルン(4048m)左がクラインフ イッシャーホルンといたしました。  
またインターラーケンからのアイガーもユングフラウとした方が、山容から自然と判 断いたし、そのように訂正いたしました。 外国の写真については中山様からのご指摘が初めて感謝に堪えません。]
富山からの後立山同定
: 2001年8月12日 15:25  流杉PAからの後立山連峰について
ほぼ同じ場所での写真を撮影、さらにカシミールによる山座同定を試みました。その結果「白馬岳の位置が違う、今の位置は駒ヶ岳では? また毛勝山、釜谷山、猫又山の位置も微妙に ずれています。参考までにカシミールの結果を添付します。 この同定は上り流杉PAにある、詳細な山岳展望案内板に寄り同定したものだが、カシミールによる確認を試みた結果、 ご指摘の通りであることが判明、個々に修正した。(2001/8/13)
 鈴木淳夫 E-mail:atsuo.suzuki@nifty.com  
[コメント:hごしてきの通りです。早速訂正いたします。厚くお礼を申し上げます。

お便り集1へ

Top Pageへ