−このホームページへのお便り集1−


Top Pageへ

お便り集2へ進む

このホームページを1997年4月8日に開設して以来、多くの方から沢山のお便りを頂戴しました。 励ましのお便りや、リンク依頼、同定違いのご指摘、こういう写真をアップしてほしいなどのご注文などなど でした。このホームページは、そういう多くの方々によって支えられております。 ここに、今まで頂いた、お便りをご紹介し、感謝の気持ちとさせていただきます。
特に、このホームページを広く皆さんに紹介頂いた、FYAMAPの山尾望さん、数多くのご意見や同定を頂いている 長野市の伊久間さんに深くお礼を申し上げます。


はじめてのお便り-友人から
1997年4月26日 19:41 ホームページの感想
「高速道路からの山岳展望の旅へ!」のホームページを拝見しました。先ず驚いたの は、羽田空港や恵比寿ガーデンプレイスのように、都内のスポットからアルプスをは じめとする山々が、あれだけよく眺めることができるということでした。私は、たま に中央道を使ってドライブしますが、笹子トンネルを抜けて一宮IC付近になると、 南アルプスがよく見えてくるのは知っていましたが、さらに、あちこちのPAやSA で山岳展望ができることが分かりました。 また、昨年から急に山に興味を持ち、いまよく言われている中高年登山を始めました 。楽に登れる山を探していましたので、"手軽に登れるビューポイント"がとても参 考になりました。どの山も写真がきれいに撮れていますね。 最近、インターネットを始めたばかりで、メールを書くのも慣れていないのですが、 伊藤さんのホームページを見て素晴らしいと思いましたので、一言感想を述べさせて 頂きました。それでは、失礼します。
 清宮 暁彦 E-mail:
kiyomiya@bb.mbn.ne.jp
はじめての掲載願い
1997年4月29日 2:35 掲載許可願いD.T
突然のメールで、大変恐縮ではございますが、以下の内容についてご理解とご 協力をいただきたくメールを差し上げました。
掲載誌名 KONPEITO、発行日 1997/5/31、発行元 BEKKOAME INTERNET、 発行部数 10万部
以上の形態でインターネット版の情報誌、KONPEITO を制作中です。 本企画は、本誌の中にイエローページとして、よりおもしろいホームページを BEKKOAMEのユーザーであるなしにかかわらず、紹介するというものです。   つきましては、貴ホームページを本誌のなかで紹介させていただきたく、 お願い申し上げます。なお、貴ホームページを紹介することに、何らかの 問題がありましたら、 azabu@mail.at-m.or.jpまでご連絡をお願い致します。  http://club.pep.ne.jp./~itomsa/index.htm(紹介するURL)
まだ、書店流通はしていませんが、首都圏近郊の書店と、6月のインターロップ 会場で販売、配布する予定です。 皆様には、ぜひ本企画をご理解いただき、ご協力いただければと思います。 また、貴ホームページのアクセス向上にも資することができれば、幸いです。
[コメント:もちろん、OKのREを出しました]
Top Pageへ

感想-友人から
1997年6月18日 16:02 山のホームぺージ拝見してます
すばらしいホームページを拝見し、楽しんでおります。 先日も、柏崎・刈羽原子力に行きましたが、途中のPAから山を眺めてきました。 上越の山はほとんど登ったことがある山で親しみがわきます。 おかげさまで、楽しみが増えました。 私も、アマチュア無線にこっておりホームページ開設の準備をしています。 伊藤さんのを参考にさせていただきます。
 江森 忠男 E-mail:kfb00267@nifty.ne.jp
感想-オランダの方から
1997年7月17日 16:48  Your home page
Dear mr Ito, Upon my return to the Netherlands, I looked at your homepage and am very impressed by the photographs.
The link to the English language was very much appreciated. I expect that it must have been quite a job to put all the names in the right places.
Perhaps we could use one of your photo's in the forthcoming Japanese CADDET National Team homepage??
Thank you again for seeing me in the NEDO office.
Regards, Guus van Hoof
PS. My personal e-mail address is: guusvanhoof@compuserve.com
感想
1997年9月3日 9:17 HPを拝見させていただきました
 はじめまして。  三島正資と申します。  このたび、サーチエンジンで「山岳展望」をキーワードに 検索しておりましたら、伊藤様のページにたどり着きました。 めったに見られないような貴重な写真がたくさんあり、とて も楽しく拝見させていただきました。
 私は、山岳展望に興味があります。水戸におりましたが、 関東平野の北東部に位置し、すぐ北には、阿武隈高地や八溝山地がせまってい ます。そうした山々は、私のふるさとの中国山地の山々に似 てのっぺりしていますので、とりたてて興味深く眺めること はしていませんでした。
 ところがある晩秋の早朝(日曜日)、あまり にも澄み渡った空が広がっていましたので、屋上に出てみました。 すると、北西の方向に、なにや ら雪をいただいた山々が見えるではありませんか。最初は、 目の錯覚かなと思いましたが、いっしょにいた友人にも見え ましたので、雪山に間違いありませんでした。私は、地理を やりたくて大学で学んだぐらいですので、さっそく、どのあ たりの山が見えているのか地形図で調べてみました。その結 果、見えていた山は、那須・高原・日光の山々だということ がわかり、そんなに遠くまで見えるのかと大変驚いた記憶が あります。それ以来、山岳展望に興味を持つようになったの です。 
>興味の原点は、見えている山が何という名前の山なのか知る ことから始まります。例えば天城山は誰でも知っています。 伊豆の風景を思い浮かべます。しかしそれが東京や高速道路 から見えていても天城山だと言うことが分からなければなに も興味が湧きません。しかし東京から今見ている山が天城山 だと教えられたとき、そんな遠い山が見えるのかという驚き と感慨が湧きます。そしてほかの山も知りたくなります。そ うやって山に親しみを覚えていくものです。<
 私が、山岳展望に興味をもったきっかけは、まさに、伊藤 様がホームページの中で述べられていた通りなのです。です から、伊藤様のコメントを読んだ際には、「ああ、そうそう」 と何か親近感を覚えました。
 ところで、私も時代の波に乗り遅れまいと、このたび、山 岳展望に関するホームページを作成してみました。私の場合、 デジタルカメラもスキャナーもありませんので、写真を展示 することができませんので、代わりにちょっと変わったこと をしてみました。「山と展望のフォーラム」にも登録してあ るフリーソフト「カシミールNEXT」を使用して、全都道府県 の最高峰の可視マップなどを展示するページをつくってみま した。まだ、コンピューターをはじめて日が浅いので、幼稚 なものですが、もし、お時間の都合が許すようでしたら、一 度ご覧になってみて下さい。
 突然のメールで申し訳ございませんでした。  今後とも、貴重な写真とユニークな情報を私たちにご提供 下さいますよう、お願い申しあげます。末筆ながら、伊藤様 のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
  三島 正資 E-mail:961510@u-gakugei.ac.jp
[コメント:今は、修士課程を終了され、故郷にお帰りです。]
Top Pageへ

リンク依頼
1997年9月7日 9:48 リンクのお願い
 こんにちは。「三瓶山はどこから見える?」の 三島@学芸大です。  先日は、私のホームページをご覧下さいまして 誠にありがとうございました。まだまだ幼稚な内 容ですので、500人以上のお客様にご覧いただ いたことが嬉しい反面、はずかしいような気もし ております。
 さて、本日は伊藤様にお願いがございます。私 のページから、伊藤様のページにリンクを貼らせ ていただけませんかというお願いです。もし、よ ろしければお返事をいただければ幸いです。
  三島 正資 E-mail:961510@u-gakugei.ac.jp
[コメント:もちろんOK、相互リンクを貼っておりました。今は、故郷にお帰りです。]
花の名前をHPにて問い合わせたRE
1997年9月10日 15:16 re:この花の名を教えてください
はじめまして Mr.Ito さん. ウェッブページ拝見しました.都会に居ながら自然にむける目をわすれない楽 しいページですね. ところで,この花の名を教えてくださいとのこと.分かる範囲でお答えしま しょう. ヤマジノホトトギス(ユリ科ホトトギス属) Tricyrtis macropoda Miquel subsp. affinis(Makino) Kitamura だとおもいます.
写真を拝見するには,白に紫の斑点のあるそしてホトトギスの特徴的な花の形 が見られます.そして,安達太良山での写真とのこと,この地方の白色に紫の 花の咲くホトトギスはヤマジノホトトギスだけということになっていますの で,たぶん間違いないかとおもいます. これからも素晴らしい写真で楽しませてくださいませ.では.
 長山泰秀 E-mail:nagayama@life.shimane-u.ac.jp 島根大学生物資源科学部森林環境学講座
            http://www.users.kudpc.kyoto-u.ac.jp/~j50462/
[コメント:有り難うございました。ひとつ覚えました。]
リンク依頼
1997年10月1日 19:39 ホームページリンクのお願い
はじめまして、石川と申します。 このたび、私のページ、 「EACのページ」(http://www2s.biglobe.ne.jp/~eac/index.html) から、あなたのページ、 「高速道路からの山岳展望の旅」(http://club.infopepper.or.jp/~itomsa/index.htm) にリンクを設けさせていただきたいと思います。
10月5日からリンクを設けさせていただきます。 当方のページは百名山への山行記録を中心に、キャンプやアウトドア料理の レシピを紹介しています。まだ公開し始めたばかりで内容も少ないですが、 もしよろしければ当方のホームページもご覧ください。
石川 愼一 (Shinichi Ishikawa)E-mail:s_ishikawa@muc.biglobe.ne.jp
            http://http://www2s.biglobe.ne.jp/~eac/index.html
[コメント:もちろんOKのREを出しました。相互リンクを貼っております。]
ご指摘
1997年10月6日 2:05 北信五岳
sc7obamy.htmに記載の北信五岳の名前のミスを見つけました。 正しくは戸隠、飯縄、黒姫、妙高、斑尾ではないでしょうか?
E-mail:nistaka@nisiq.net 
[コメント:間違いではないのですが、高妻山を戸隠とは別の山と認識される方もおられるようなので修正しました。]
Top Pageへ

リンク依頼
1997年10月17日 17:20  ホームページ見ました。
こんにちは、初めまして。三貝と申します。 「高速道路から山岳展望の旅へ」を見させていただきました。 僕は、山が好きで良く中央高速を使って、南アルプスや八ヶ岳に向かうのです が、確かに冬の朝など、とってもきれいで、思わず運転しているのも忘れて見 とれてしまったりします。 着眼点の面白いホームページだと感心しました。 また、山に良く登っているわりには、遠望する山の名前を知らないことが多い ので、とても参考になります。 僕も、恵比寿に住んでいるので、寒くなって空気が澄んできたら、是非展望を 楽しみに登ってみたいと思います。 ところで、僕も山の写真のホームページを持っているのですが、是非リンクさ せてください。それでは、失礼します。
 三貝 哲(Mikai, Satoshi) E-mail: mikai@interlink.or.jp 
           http://home.interlink.or.jp/~mikai/index.html**Mikai's Nature Photo Gallery(山と自然の写真館)
[コメント:もちろんOKのREを出しました。相互リンクを貼っております。]
リンク依頼
1997年10月30日 2:21 リンクさせて下さい
こんにちは。伊藤正昭さん。 私は長野県伊那市に住んでいる佐藤隆雄と言います。 今度ホームページを作ったのですが、南アルプスの写真を入れたいと 思ったのですが、なかなか上手には撮れません。 伊藤さんのホームページの山の写真を時々見ていました。 きれいに撮れている写真がたくさん有りますね。 是非、伊藤さんのホームページにリンクさせて頂きたいと思います。 私の所に来た人達にもきれいな山の写真集を見せてあげたいと思います。 よろしくお願いいたします。  
佐藤隆雄(Satou Takao) E-mail:keybow22@bekkoame.or.jp 
           http://www.bekkoame.or.jp/~keybow22/index.html
[コメント:もちろんOKのREを出しました。相互リンクを貼っております。]
リンク依頼結果
1997年11月3日 21:20 リンクさせて下さい(2)
こんにちは。さとう@信州伊那です。 伊藤様のホームページ楽しく拝見しております。 高速道路からの山岳写真集という企画がユニークで、時間を忘れて何回も見ました。 私自身、中央道で上京する時など特に季節の変わり目などには自然に周りの景色に 見とれていたりします。 早速リンクして頂いていて、ご配慮深謝いたします。ありがとうございました。 私が上伊那地方で初めての医療関係のホームページです。 私どもの医師会も老害というか、なかなか「新しい情報の伝達を」という方向性が ありません。取りあえず、作った駄作です。いま、若い医者からこれからホームページを作りたいと相談されています。医師会が少し変化していく、きっかけになればと思い作りました。 伊藤様のホームページの楽しい山岳写真集をリンクさせて頂きました。 ありがとうございました。  
佐藤隆雄(Satou Takao) E-mail:keybow22@bekkoame.or.jp 
           http://www.bekkoame.or.jp/~keybow22/index.html
[コメント:伊那の患者さんにも、先生方にもお役に立てるならうれしいことです。]
友人からのサイと開設通知
1997年11月6日 9:56  ホームページを開設しました
このたび、アマチュア無線のホームページを開設しました アドレスをご連絡しますので、見てやってください
 江森 忠男 E-mail:kfb00267@nifty.ne.jp
           http://www.asahi-net.or.jp/~JQ9T-EMR/JN1VNW.htm
[コメント:友人の労作、こちらからリンクを申し入れ、相互リンクされています。]
Top Pageへ

感想
1997年11月21日 17:37  素晴らしいH.Pお見事です
山本です。東電@システム研究所.研究総括グループです 早速、H.P見せていただきました。 当社のISDN回線が細いためか、折角の素晴らしい写真もまだ全部は見切れませんが、 とにかく感心している所です。 カメラ技術といい、アングルといい、紀行、解説といい、素晴らしい限りです。 完成のあかつきは、CDか、書籍にできそうですね。 所内にも、早速アドレスをメールしました。 これからもご活躍を期待しております。
山本益生E-mail:T0376525@pmail.tepco.co.jp
感想とご指摘
 1998年1月5日 1:17 初めまして、ホームページを拝見しました。
今日は、Mt.Highway さん(伊藤 正昭さん)。私は長野市に住んでいます、 伊久間と申します。Niftyserve の、Mt.Highwayさんの発言の中のホームページ のご紹介がありましたので、早速拝見いたしました。私も時々山に登っていまし て、FYAMA もROM 専門ですが、チェックしています。「望岳50選-高速道路からの」 を拝見して、素晴しく良く観察されていることに、感激いたしました。
私の故郷は長野県の伊那谷です。拝見しました写真の中に中央道の物も有りました が、伊那谷から眺めた赤石山脈の写真が無いのは残念でした。伊那谷の伊那市辺り からは、目を離せなくなる眺望が東側に広がっています。伊那I.C辺りは甲斐駒ヶ岳 、鋸岳、仙丈岳、北岳、間ノ岳、駒ヶ根を過ぎる辺りから、塩見岳、荒川三山、 赤石岳、が良く見えます。是非、機会が有りましたら50選に加えて下さい。
50選の中の、21 赤城高原SAからの苗場山 の紹介記事についてですが、この中で 「苗場山は完全に新潟県の山である、」と紹介されていますが、半分は長野県の山 です。長野県側の秋山郷からの赤沢口登山口もかなり有名で、多くの登山者はここ から登っています。県境は山頂で、山頂の山小屋2軒の場所は長野県側です。地図 でも明らかです。長野県にも「信州百名山」と言う本がありまして、その中でも、 百名山に入っています。 これからも、一層、素晴しい風景の写真を見せて下さい。期待しています。
では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail: BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:故郷の山への誇り、早速南アを加えました。また苗場山はご指摘の通りで信越国境に修正ました。ご指摘感謝します。]
感想とご指摘
 1998年1月6日 2:01 早速のご返事ありがとうございます。 今晩は、伊藤さん。長野市の伊久間です。 赤石山脈の、塩見岳は私にとって一番の山です。私の家から真正面に見え、 朝に晩に毎日眺めて育ちました。伊那谷の、下伊那郡松川町と言います。JRの 駅では、伊那大島です。赤石への登山口の駅として有名な駅です。登山者を暖か くお迎えしている駅と町でして、よく駅でテントで泊まっている人達がいます。 私の町から見える塩見岳は、マッターホルンの様に尖って見えます。季節はやは り白く雪を頂いた季節が一番美しく見えます。前衛の伊那山脈の上に一際高く 見えます。
是非、冬の雪を冠った赤石山脈の写真を撮りに来てください。10月のまだ雪の降 る前の山とは違って見えます。塩見岳、荒川岳、赤石岳は、駒ヶ根I.Cと松川I.C の間の飯島町七久保辺りからが最もきれいだと私は思っています。残念ながら、 止まって写真を撮れませんので、助手席から良く注意して見ていて下さい。この 辺りは(飯島町)南駒ヶ岳、空木岳が間近ですのでどちらを撮るか迷うところで す。二兎を追いますと必ず失敗しますので、どちらかに絞って下さい。朝早くで したら南駒ヶ岳、昼過ぎでしたら赤石岳でしょうか。(太陽光線の関係で。)
はるばる、東京から眺望されているなんて、自分が褒められているような気がし ます。昔は只の山奥の田舎でしたのに、最近の山ブームで一躍脚光をあびている 様な気がします。交通の便が良くなり、都心からわずかな時間で来られますから 私の実家のそばの昔は林だった所も切り売りされて、都心部の方が購入され、別 荘を建てています。私にとっては生活の場ですが、都会の人にとっては遊びに来 る山奥の別荘なのですね。テニスコートも作り、週末に多勢で来て楽しんでいま す。果樹園の真ん中でして、付近の農家が手放した林檎園も一緒についています ので、色々とお得な買い物だったようです。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail: BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:こころ暖まる、撮影スポットのご助言有り難うございます。美しい写真も頂きました。]
Top Pageへ

友人のサイとの相互リンク
1998年1月6日 11:15  Thanks for posting your message
伊藤正昭 様 HPを早速拝見しました。写真をサムネイルから拡大するなど やってますね。 私の写真は Hi8 のビデオからコマ取りしたりパノラマにしたり しています。さらに縮小したり減色したりして軽くする工夫を 重ねています。 2枚の写真を並べて1枚の画像にするとファイルサイズが小さく なることも発見しました。 リンクOKですが私の方にはリンク集は無いので「伝言板」に 載せましたので確認して下さい。 ブックマークしました。楽しみがまたひとつ増えました。
屋形彰男E-mail:akioykt@momo.so-net.or.jp
          Travel Clips<http://www02.u-page.so-net.or.jp/momo/akioykt/>
修正に対する感想とさらなるご助言
 1998年1月7日 2:39 新しいH.Pを拝見致しました。
今晩は、伊藤さん。伊久間です。早速私の我儘をお聞き届け下さり、恐れ入ります。 私が朝晩眺めた塩見岳が、お江戸の山だったとは、何と不思議な山でしょうか。 花のお江戸の恵比寿からしか見えないとは。私が山に登って最初にすることは、 どの山が見えるか探す事です。辺りを眺めてあの山が見える、向こうにどの山が見え る筈、と目を見張っています。東京からもそのように見ている人がいるのですね。 写真集などで、遠望の山シリーズなどがありますが、赤石山脈は今一つマイナーなの か、少ないと思います。伊藤さんがこんなに取り上げて下さり、うれしく思います。
私が3年間通った高校が駒ヶ根市にあります。校歌の歌詞の通りなのです。伊藤さん の駒ヶ根S.Aからの写真が。
♪朝日に仰ぐ駒ヶ岳 霊峰高く目に迫り 夕日に望む仙丈の 峰遠くして 谷深し  景観の美を占めて建つ 丘の上なる 我が母校♪
学校は、駒ヶ根S.Aから少し南に下がった所にあります。まだ、中央道が開通する前の S.Aの出来た場所は深い森の中でした。その頃が懐かしく思い出されます。
これからも一層良い写真を見せて下さい。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail: BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:素晴らしい校歌を伺いました。早速HPに引用しました。]
校歌アップに対する感想
 1998年1月10日 2:06 私の母校の校歌までご紹介下さり恐れ入ります
今晩は、伊藤さん。伊久間です。 >さて駒ヶ根ICのひとつ先の松川ICのある松川町に故郷のある伊久間氏から、 心温まるお便りを頂いた。駒ヶ根ICに近い高校をご卒業のこの方から「朝日 に仰ぐ駒ヶ岳、霊峰高く目に迫り、 夕日に望む仙丈の---」という校歌がある ことを伺った。正にこの写真そのもの!そして次のページの仙丈岳そのもの!、 本当に驚くべき一致、素晴らしい景観は時代を超越し、見る者を選ばず、いか なる時空に住む人たちにも平等に 発信しているのだと。ただ受け止める側の人 間の感性に問題なしとはいえないが。<
このようにご紹介下さり、恥ずかしさとおこがましさで一杯です。本当に素早い ホームページの手直しに感嘆するばかりです。一度アップロードしたまま、その まま放り出したままのホームページが多いなか、素晴しいですね。ただただ感心 致しているばかりです。 これからも宜しくお願いします。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail: BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:お褒めを頂き光栄です。私の実感を記しただけなのですが。]
東京からの聖岳同定精巧に対しての感想
 1998年1月11日 2:21 聖岳山座同定おめでとうございます
今晩は、伊藤さん。伊久間です。 江戸の昔から東京の人達は遠くの山を眺めていたのですね。安藤広重や 葛飾北斎の浮世絵にも関東山地の奥に見える高い白い山が良く描かれて います。伊藤さんも、現代の広重、北斎かも知れません。
>その展望は都内のどの場所より多くの3000m 峰が望め、中心に塩見岳 、滝子山の右に農鳥岳、赤石岳をすっぽり隠している三ツ峠山を挟んで右に 悪沢岳、 左に聖岳の山頂部と4座が覗いている。聖岳は、都内でも代々木 から目黒のごく狭い範囲で、しかもその山頂部 だけが僅かに覗く、きわめ て展望困難な山だ。この範囲の高層ビルと埼玉境の荒川土手で僅かな可能性 を求めて 随分と探したが、何と地元恵比寿でようやく発見した。この画像 では判別しがたいが原画で判定可能、 高尾山の上に白銀の点が三ツ峠山の 左裾に覗いているのが目視できる。<
聖岳の位置が解りました。聖岳登山の時、聖平でキャンプしていて朝早くに 起きて(3時頃)食事の用意をしているとき、まだ暗い東の空に大きなオリ オン座が見えていて、感動したことがあります。今、冬の星座がオリオンで すから、夏にオリオンが見える事に驚きましたが、良く考えれば当り前でし たね。聖岳も大きな山です。山頂から北に赤石岳がまた一層大きく、どっし りと見え、その風格は正に赤石山脈の盟主にふさわしい物でした。山頂の平 らでは、雷鳥の親子にも会えました。 その、次の年に赤石岳に登り、そちらから、聖岳を眺めて見ましたが、また これも立派な風格の山でした。聖岳の時は良く見えなかった富士山が赤石岳 からは良く見えました。それも、3120mの赤石岳からでも、まだ高く見え ます。さすがに日本一の富士山です。赤石岳山頂から少し下がった大聖寺平 では、少し上の岩場にカモシカが立っていて一声鋭く鳴いて消えたのを見ま した。荒川、悪沢はこの大聖寺平からとても良く見えます。まだ、朝早くで 伊那谷側から雲海の流れがかかっていて、とても幻想的な風景でした。 下山は小渋川を下って帰りました。小渋ルートは徒渉を20数回程しなければ なりません。腰までつかり、急な流れを渉りました。往年の名ルートですが 最近は歩く人も少なく、やや寂しい道ですが、静かで深い谷に趣を感じまし た。
葛飾北斎は信州にもその足跡を残しています。長野道の小布施PAのある町は 北斎が晩年訪れて多くの絵画、書を残しています。町には北斎館と言う美術 館もあり、多くの人が訪れています。栗菓子でも有名です。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:ようやく発見した聖岳、感動を有り難うございます。]
Top Pageへ

ご指摘
1998年1月11日 23:03 HPの画像について
初めまして。柳澤ともうします。 いつもHP拝見させて頂いております。 HPの中に「安達太良SAからの安達太良山と蔵王連峰」の画像が ありますが,(以下のURL) http://club.infopepper.or.jp./~itomsa/shwv1/stohoku/stohjpg/sh4azadt.jpg
この画像の説明に「左前方 安達太良山(1700m)」とありますが, その山は「安達太良山」では無く「和尚山」です。 安達太良山は,高速道路の黄色い標識の真上から1センチくらい左にある ぽちっとした部分です。 ちょっと気がついたので報告致します。
福島県二本松市 柳澤 貴博E-mail: tyanagisawa@abnet.or.jp
[コメント:ご指摘有り難うございます。表記が間違いやすいですね。早速修正しました。]
追加のご指摘
1998年1月12日 20:22  磐梯山がみえる?
伊藤 正昭 さん、こんにちは。 ありがとうございます(^^) あだたら山は地元ということもあり、幼稚園の頃から20回以上登りました(^^; 私も和尚山へは登ったことは無いです。地元の噂ですけど、クマが出るらしいと か・・。本当かどうかは不明です。
ついでにもう一つなのですが・・・(^^; 東北道鏡石PAからの磐梯山の所の説明の文章で「郡山JCTを過ぎたあたりか らも磐梯山が見える」という記述があったと記憶しているのですが、郡山ICの 間違いでは無いかと思われます。 郡山JCT近辺は通勤で毎日通るので、ココから磐梯山が見えるらしいというこ とでずっと探していたのですが、どーもカシミール&数値地図50mメッシュで可視 マップを作成してみると、郡山JCTより北では「見えない」らしいです。 郡山ICあたりではよく見えます(^^) 楽しみにしています。頑張って下さい(^^)/
福島県二本松市 柳澤 貴博E-mail: tyanagisawa@abnet.or.jp
[コメント:検証頂き有り難うございます。早速修正しました。]
恵比寿からの聖岳同定成功への感想
1998年2月11日 22:01 RE: ホームページ見ました。  
こんにちは、Mikai's Nature Photo galleryの三貝です。 ホームページに遊びに来て頂きありがとうございました。 ガーデンプレイスから聖岳が見えるなんてすごいですね。 驚きました。 僕は山に登るにもかかわらず、東京から見てどこの山か、なかなか分からなく て・・・。 お恥ずかしい限りです。 でも、この時期、とっても空気が澄んでいるので、いろんな発見があるんで しょうね。 最近、仕事が多忙を極めていて、なかなか休みがとれないので、山へもいけず ストレスをため込んでいますが、ガーデンプレイスならば歩いて5分で行ける し、僕も地図を片手に午前中のガーデンプレイスに登ってみたいと思います。 地図と格闘している人がいたら、きっと僕でしょう。 声をかけてください。 それでは、どうもありがとうございました。
三貝 哲(Mikai, Satoshi)E-mail:mikai@interlink.or.jp
http://home.interlink.or.jp/~mikai/index.htmlMikai's Nature Photo Gallery(山と自然の写真館)
[コメント:祝福頂き、有り難うございます。YGPでお目にかかりましょう。]
感想
1998年2月12日 10:45 
Mt.Highway さん、今日は、 「高速道路からの山岳展望の旅へ」は、2度ばかりお邪魔しましたが、 今回もその量と質に圧倒されました。どこから見させて貰おうかと、毎 度目移りがして、困るほどです。今後、何回にも分けて鑑賞させていた だきます。私は大宮市郊外ですが、近くのスーパーの屋上などからの夕 景が素晴らしいのですが、なかなかカメラを持って出かけられません。 藤本・田代さんたちの展望図もそうですが、才能と努力ですね。今後と も写真と山座同定を続けて、我々の指針となってください。
         松本 薫夫(VZZ10146)
[コメント:niftyのfyamapからのお便りです。]
恵比寿からの上越国境撮影成功と同定情報
1998年 2月14日 23:34
Mt.Highway さん、こんばんは。  早速、ホームページ拝見しました。いや〜すごいですね! ここ高崎からは 榛名山等の前山に遮られてこんなに数多くの上信越国境付近の山々は見ること が出来ません。環境悪化の著しい東京からこうした眺めが得られるのは本当に 一年に数える程しかないはずと思いますが、数少ないチャンスを何年も掛けて 追い続けられた Mt.Highway さんの熱意と努力に頭が下がります。こうしてみ ると東京も大変な望岳都市ですね。
このような大きなお仕事に対してはささいなことで恐縮ですが、ちょっと気 が付いた点を・・・。
1.恵比寿ガーデンプレースからの白砂山〜苗場山方面の展望について  
 a.佐武流山の位置が少し違う感じがしますが、いかがでしょうか?恵比寿方面から眺めた場合(方位約325度?)地形図から推定すると 山の並びは八十三山−白砂山−佐武流山−上ノ間山の順になるような気 がしますが・・・。ただ標高を考えると佐武流山は白砂山の稜線に隠さ れるかどうか微妙なところのようですね。
 b.写真で佐武流山とある位置が上ノ倉山ではないでしょうか?
2.恵比寿ガーデンプレースからの榛名山・岩菅山方面の展望について  
 a.写真で掃武岳(掃部岳ではないでしょうか?)となっているのは榛名富 士で、榛名富士となっているのが烏帽子岳ではないでしょうか?
 b.掃部ヶ岳は裏岩菅山の左にあるピークと思います。
 いずれにしても明日にでも時間が出来ましたら、このあたりのやまおたくデ ータを作成して50メッシュ数値地図を使ってカシミールで詳しく調べてみます。
*** TYF ***
[コメント:niftyのfyamapからのお便りです。早速調べて訂正しました。TYFさん有り難うございます。]
恵比寿からの上越国境撮影成功と同定情報2
1998年 2月17日 06:27
Mt.Highway さん、こんにちは。  Mt.Highway さんの大きなお仕事にちょぴりお役に立てていただき大変うれし く思っています。早速、ホームページを拝見致しましたが、もう手を加えられ たのですね。速いですね! Mt.Highway さんがおっしゃられているように、今 の東京からこうした展望を得るのはとても難しいことで、それだけに大変貴重 な作品であると思います。これからも楽しみにしていますのでよろしくお願い します。
*** TYF ***
[コメント:niftyのfyamapからのお便りです。いやーどうも、どうも。]
池袋から四阿山撮影成功への感想と長野オリンピック生情報
1998年2月20日 3:22 長野市内は盛り上がっています。
今晩は、伊藤さん。伊久間です。新しくアップされたサンシャインからの写真 も拝見致しました。本当に一瞬の姿を捕らえられたのですね。
>苗場山から志賀高原の山々をオリンピック開会式前日に恵比寿から捉えたのに続き、四阿山がサンシャインから、 忽然と姿を現した瞬間も捕捉成功、東京からの山が一応全山揃いました。<
実は長野市内から東京のテレビが受信できます。私の家の周りには長距離用の アンテナを東に向けている家がよくあります。長野のケーブルテレビのアンテナ もすぐ近くに大きな物が立っています。東京の放送を受信して再配信しているの です。四阿山の回析電波が届くのです。四阿山の向こうは東京なのですね。 >こんばんは、オリンピックで湧いていますね。今は白馬でしょうが、早く東館 >の回転を見たいですね。どちらのバーンを使うのでしょうか。ゴンドラに沿っ >た方でしょうね。 先日、15日に家族と長野市内の表彰式会場のセントラルスクエアに行きました。 原田がラージヒルジャンプで銅、船木が金メダルを取った日です。この日は市内 の雰囲気もいつもと違いました。新聞も号外が出てこのニュースを伝えていまし た。会場の前の、長野駅から善光寺に通じる中央通は人で埋まっていました。 会場には入れませんでした。(ここは先着順で無料です。)一時から順番を取って 並んでいたそうです。夜、7時から始まる表彰式は、熱気に包まれました。選手 達が入場して来ると、ざわめきと、どよめきと、歓声であたりは異様な雰囲気で したが、皆、うれしそうで、誇らしそうで、盛んに声援を送っていました。 何故かオリンピックには国民揃って、愛国者になります。 今日も、名古屋からのお客さんを連れて行ってきました。日本選手は残念ながら いませんでしたが、ゲームは見られないので、せめて表彰式でもと、行きました。 華やかな空気に包まれた会場はオリンピックでなくては味わえないものでしょう。 表彰式が終わった後の、チャリティーオークションでは、日の丸飛行隊の四人の サイン入り手袋四つ揃って30万円で競り落とされていました。アトラクション では、今日はジャマイカのレゲエバンドでした。その演奏で会場はライブ会場に なりましたが、本当なら相当な料金を払わないと見られないような、素晴らしい バンドでした。ジャマイカの駐日大使もお礼の挨拶をしていました。ジャマイカ は、映画にもなった、(クールランニング)ボブスレーチームだけの参加です。 このチームも出場して、一緒に歌って踊って会場と一体になっていました。 カリブ海の常夏の国の雪の降らない国のボブスレーチームですが、前回のオリン ピックでは、日本チームより上位の成績だったのです。今回は、明日行われます 。ジャマイカを応援しましょう。
最近の志賀高原には行かれたでしょうか?。余りの変わり様に驚かれた事と思い ます。高天原も上の、名物バーンもすっかり削られています。平らになりました 。ジャイアントコースもコブが削られて、途中に立っていた、何本かの松の木も 切られてしまいました。西館山の直滑降コースも今は無くなりました。今は少し でも危険なコースは皆、改善??されてしまい、女の子が滑る事の出来るコース でないと、お客さんが来ないのです。スパルタンな、スキーヤーに挑戦している 様なコースはもう有りません。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:リアルタイムのオリンピックの感動を有り難うございます。]
原稿執筆依頼
, 1998年4月16日 21:44 原稿執筆のお願い
初めまして。「ラパン」編集部の民井雅弘と申します。小誌で連載していただい ているFYAMAPの山尾(田代博)さんのご推薦をいただき、ぜひとも「デジタルま っぷワールド」にご執筆いただきたくメールを差し上げました。当ページは毎 回、コンピュータを利用した新しい地図の世界やさまざまなホームページを紹介 しています。当方も「高速道路からの山岳展望」を非常に興味深く拝見いたしま した。作者ならではの見どころやご苦労など、自由に書いていただいて結構で す。締め切りは4月25日と余裕のないお願いですがよろしくご配慮のほどお願 いいたします。お電話をいただけると幸いです。
ISLANDS Inc.,03-3797-7841 アイランズ「ラパン」編集部 民井まで。
[コメント:山尾望さんのご紹介ですね。山尾望さんに感謝!早速引き受けました。]
Top Pageへ

北陸道糸魚川からの雨飾山同定お願いに対して
 1998年4月17日 0:37 糸魚川からの雨飾山について
今日は、MT.Highwayさん。お久しぶりです。長野の伊久間です。 Nifty FYAMAP 展望の広場を拝見致しました。最近は北陸道にも取材されている のですね。Nifty Serve にメールを出しましたが、こちらにも送ります。
>ところで、糸魚川IC付近で見えても井伊は図の雨飾山が、どうしても分からな い。どなたか、北陸道糸魚川IC付近で見えるのか見えないのか教えて下さい。<
私が雨飾山頂から日本海と糸魚川市を眺めた時は良く見えました。しかし、私は 仕事で直江津に駐在していたことがあります。そして糸魚川にも何回も行きまし た。その度に雨飾山を探しましたが良く解りませんでした。雨飾山は標高が低く て、その背後の山に隠れてしまうのです。山頂だか山腹だか区別がつかなくなり ます。姫川に沿って少し上り、根知谷に入りますとここは雨飾山の麓ですから、 良く見えます。海岸では青海町附近から良く見ると解ります。北陸道糸魚川ICか らやパーキングエリアからでは、手前の山で隠されて見えないと思います。糸魚 川から青海町に入ってからですと見えるはずですが、ゆっくり探しているうちに すぐトンネルに入ってしまいます。 根知谷は、海谷山塊の山々の奥懐です。ここも中々素晴らしい所です。雨飾山 への新潟県側の登山口として有名な所です。最近はスキー場も作られて村起こ しに熱心な所でもあります。雨飾山の中腹の雨飾温泉の経営者の店が有るとこ ろです。私は長野県側の小谷温泉から登りました。ここから乙見峠を越えると 妙高高原の奥の笹が峰です。距離わずか15Km程でしょうか。車が楽に通れる道 です。少し鋪装が無い道ですが。 雨飾山は火打山、焼山の尾根に続く山で、その頂きは「ふとんびし」と言う特徴 的な形の岩を持っていて解りやすいのですが、糸魚川からは遂に私は見つけられ ませんでした。糸魚川市内から焼山は良く見えます。青海町の黒姫山も良く見え ます。北陸道は山際を走っていますし、トンネルばかりで景色は良くないですね。 また、HANAPYさんの御返事では見えると書いてありますが、海岸に近いところか らですと見えるかもしれません。インターチェンジは山に近いですから見えない かも知れません。では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
北陸道糸魚川からの雨飾山同定お願いに対して
11505/11508  RE:北陸道の旅
98/04/11 09:58 11499へのコメント 糸魚川IC付近からの雨飾山。見えそうですけどね。 以前TV番組で、糸魚川の旅館から大きな雨飾山が見える映像がありました。 北陸道から何か障害があるようには考えにくいのですが(^^; また、ホームページにアップされるのを楽しみに待っています。
HANAPY  E-mail:MHB02511@nifty.ne.jp
[コメント:niftyのfyamapのご意見です]
感想
1998年4月19日 20:48 はじめまして。HP感想です
はじめてメールさし上げます。鴻巣(こうのす)と申します。
昨年末頃から、拝見しておりました。 私は東京に在住し、趣味で峠を車で回っております。 主に日帰りで、高速道路を使用して、福島、長野、新潟辺りまでが 行動範囲です。 これまでは、高速道路は目的地までひたすら走り、途中見える山々も 漠然と見ていましたが、伊藤様のHPを拝見して、途中の景観も楽しめる ようになりました。(運転中はさすがに危険なのでゆっくり眺めるのは専ら SAやPAで、この点大いに参考になります) また、私は多摩センターの朝日生命さんのビルに出入りしておりますが、 19階建ての高層ビルで、絶好の展望台です。東京からの山岳展望を 参照させていただき、あれはどの山だなどと楽しんでおります。 さらに、私は群馬県の前橋市で育ちましたので、赤城・榛名以下周囲の 山々を眺めて過ごし、故郷の山々が紹介されているのを見るのは嬉しい 限りです。ただ、群馬県出身者は赤城山は自分が普段見ている(見ていた) 姿が一番美しいと思っておりますので、駒寄PAからの景観は私にはやや 不満です(笑)
最後に先日(4/11)、磐越道と北陸・関越経由で新潟に行って来ました。 そのときの印象と、以前(毎年春の恒例なので)の印象です。
那須SA(下り):那須連峰は木立が邪魔でSAの端に行かないと見えません。 八溝山はおかげさまで見ることができました (以前は見えることすら知りませんでした)
磐梯山SA(下り):磐梯山と飯豊連峰、それから遠景ですが恐らく安達太良山 が見えました。飯豊連峰は磐梯河東ICと会津若松ICとの 間の下り坂からが一番きれいに見えたと思います
新鶴PA(下り):西以外の三方が開け、遠景ですが磐梯山から福島・山形県境の 山々、飯豊連峰、南は会津の山々が展望できました
西会津PA(下り):PAそのものからは見えにくいですが、まだ雪に覆われた飯豊 連峰の一部がきれいに見えました
五泉PA(下り):菅名岳など低いですが平野から直接聳えているので結構高く見え ます(大した山ではありませんが、思い入れがあるもので)
栄PA(下り?):近くに弥彦山、やや遠景ですが粟ヶ岳や守門岳など
さらに越後川口の先から小出ICまで、角度によって魚沼三山がきれいに見えます 夏場も見ていますが、残雪期が一番見栄えがするような気がします。
私は天候は最悪走行に支障がなければよいですが、伊藤様の場合天候が 良いのが絶対条件ですし、私の行動範囲以上に長距離走行されてますので、 取材のご苦労がしのばれます。 初めてのメールで長文になり申し訳ありません。 今後も楽しみに拝見させていただきますので、よろしくお願いいたします。 それでは失礼致します。
鴻巣浩之(ハンドル名:knos)E-mail: knos@hi-ho.ne.jp
         HP本館 : http://member.nifty.ne.jp/knos/
         HP別館 : http://www.hi-ho.ne.jp/knos/
[コメント:大変貴重な情報有り難うございます。是非リンクさせてください。]
北陸道糸魚川からの雨飾山同定お願いに対して
1998年4月20日 2:48 ホームページを拝見しました1
今晩は、伊藤さん。伊久間です。早速、アップされた、ホームページ を拝見致しました。 ohr83iam.jpg は、伊藤さんのおっしゃる通り、雨飾山と思われます。 この位置、場所は雨飾山以外、考えられませんね。私も以前の写真を もう一度見てみました。山頂から見た糸魚川は、北陸道のインターチ ェンジが見えている筈です。私が糸魚川から探していたのは何だった のか、と反省しています。姫川の橋の上からは確認していましたが、 インターチェンジ付近は良く見ていませんでした。左側の断崖の山は 駒ヶ岳です。海谷山塊の山です。山頂からも良く見えます。添付しま した写真の、amaka3.jpg です。伊籐さんの写真でも、頂上が右側が 尖って高いのが良く解ります。山頂付近は、笹平らと言う平らが山頂 の北側に広がっています。そして急な登りで頂上に着くのです。南側 がピークで三角形に尖っているので、間違いありません。
早川バス停よりの、ohr84ham.jpg ですが、これは鋸山では無いでしょ うか。左のピークから鋸山、鬼ヶ面山、駒ヶ岳で、その背後に隠れて 見えないのが雨飾山では無いか、と思いますが、自信がありません。 私の写真、amaka4.jpg が山頂から早川方面を見下ろしている構図です 。手前まん中が鋸山、その左が鬼ヶ面山、遠くのまん中が烏帽子岳、 その右がお椀の様な鉢山だと思います。
参考になる写真をお送りします。容量がおおきいので、3通に分けてお送りします。
では!(^-^)ノ、また。 画像 :
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:決定的な同定資料、有り難うございました。これですっきりしました。]
高速道路展望情報と感想
1998年4月21日 2:06 お返事ありがとうございました 伊藤正昭様 早速のお返事ありがとうございました。 伊藤様は群馬にいらしたのですね。親近感を覚えてしまいました(^^) 私の実家は高崎ICの近くにありますので、イメージとしてはあの辺りの山容 です。ですから上里SA付近からの赤城・榛名を見ると、ああ帰って来たなと 思います。ただ、車を停めて見える場所がないですね。 東京からの山容ですが、赤城は伊勢崎辺り、榛名はまさに実家からの見え方に 近く驚きました。東京からの山岳展望の写真がきれいになり、さらにその感を 強くしています。 写真ですが、遠景の山々を拡大し、なおかつ鮮明さとサイズのバランスをとる のは大変だと思います。伊藤さんのご苦労がしのばれます。 私はデジカメですので、サイズを変更して圧縮するだけで楽をしております(^^;
那須高原SAの下りは柵の所まで行きましたが、那須岳を見るには、木立が邪魔でした。 確かに上りの方が良いですが、私の場合上りですと大抵夜になっています(^^; 八溝山はSAの白河側に公園風になっている部分がありますが、あちこち歩き 回って、上りSAの木立の間から見つけました。伊藤さんの写真が頭にあった ので、それと分かった次第です。
磐梯山SAからの安達太良山ですが、下りでしたので山頂部のみです。残雪期なので目に付き、 方向から判断しました。上りの方が良く見えそうですね。 西吾妻連峰は運転中で目が離せず見逃しました。あの辺りは郡山方面から 来ると、皆一気に加速しますので危ないです。上りだと車線が合流するので 何度か事故を起こしているのを見かけたことがあります。
飯豊連峰は、会津若松への下り坂が、高い位置から見えて雄大ですね。 ここも車を停める場所がないのが残念です。 新鶴PAができる前から、あの辺から飯豊を見ていました。周囲が開けていて 絶好のポイントですね。デジカメで写真を撮ったのですが、当日は霞んでいて 帰ってから見たら判別不能でした。
西会津ICは磐越道ができる前から飯豊が見える貴重な場所でした。ICを出て しまえば送電線も邪魔にならないかと思います。
磐越道は全線走っていますが、郡山から東は安達太良山が時折見える程度 です。安田ICから西は前山が高いので奥までは見えません。 毎年春になると安田−村松−下田−栃尾と走ります。 ドライブには最適の道がたくさんあるので気に入っています。
北陸道は魚津まで行ったことがありますが、運転していて目につくのは米山 程度ですね。上越ICから先で頚城三山が見えるとは思いもよりませんでした。 もっとも、運転中は無理ですが(^^;
関越道の魚沼三山は、日本百名山にも出てますが、堀之内ICから小出ICに向かう途中が 最高ですね。小出ICに余り近いと、手前の山が邪魔かもしれません。
天候には、いろいろと苦労されてますね。季節や時間の制約もありますし。 私はゴルフはしませんが、土日の出勤が多く、天気がいいとオフィスの窓から 恨めし気に外を見ていることがよくあります。 平日に代休は取れるのですが、ウイークデーに一日だけだと遠出はなかなか 難しいものがあります。 お役に立ちそうな情報がありましたら、またメールさせていただきます。 また長文になってしまい申し訳ありません。 それでは失礼致します。
鴻巣浩之(ハンドル名:knos)E-mail: knos@hi-ho.ne.jp
         HP本館 : http://member.nifty.ne.jp/knos/
         HP別館 : http://www.hi-ho.ne.jp/knos/
[コメント:大変貴重な情報有り難うございます。リンクさせていただきました。]
Top Pageへ

東京からの展望情報
1998年4月24日 2:12  RE: お返事ありがとうございました
今晩は。 西から南にかけての赤城山の見え方のポイントは鍋割山ですね。ご存知だとは思い ますが、特に象の鼻かモアイ(^^; のように突き出している部分が特徴です。 箕郷(箕輪)辺りまで北上すると、鍋割と鈴ヶ岳の間が開き(駒寄PAの画像)、渋川 辺りだとさらに開いて荒山や地蔵岳が顔を見せるので、確かに南側からの絵と鏡像 になりますね。 榛名の方は、気に入っています。同じ見え方ですから。 多摩センターから見ていると、確かにそうですね。休日の出勤が多い仕事なので 山岳展望に適しているとは皮肉です(^^; よく見える日としては、あと台風の通過直後の快晴というのがあります。 もっとも滅多にないチャンスですけれども。たまたま出かけて高峰高原の車坂峠から R144の鳥居峠にかけて走った時に、素晴らしい眺望に出会いました。残念ながら 当時はカメラを持ち歩く習慣がなかったので、何も残ってません(T_T)
>ただ恵比寿ガーデンプレースまで歩いて5分なのが、幸いしています。今年は上越 国境や秩父、アルプスがよく見えた日が多く大部分の写真を入れ替えることが出来 ました。<
すごいところにお住みですね(^^;。私も一応都区内ですが・・・
カメラは、峠自体はデジカメで構わないのですが、峠からの眺望を収めるには、やはり本格的 なカメラとPC関連の器材一式が欲しいところです。ただ、予算的に厳しいものです から、デジカメで我慢しています。 デジカメの最大の問題点は画素の制約で、拡大に弱いところです。今のところHPに 載せる画像はそのまま圧縮・縮小していますが、例えば意外な山が見えたなどという 写真は難しいですね。
リストは省略してしまいましたが、HPの写真や記述からも、ピンとくるSAやPAが 結構あります。これから、さらに注意して見るようにしますので、少しでもご参考に なるような情報がお知らせできればと思っております。 では、今後ともよろしくお願いいたします。
鴻巣浩之(ハンドル名:knos)E-mail: knos@hi-ho.ne.jp
         HP本館 : http://member.nifty.ne.jp/knos/
         HP別館 : http://www.hi-ho.ne.jp/knos/
[コメント:大変貴重な情報有り難うございます。これからもよろしく。]
上信越道のいくつかのご指摘
 1998年4月29日 2:45 小布施からの焼山
今晩は、伊藤さん。伊久間です。 小布施PAから、焼山がよく見えました。 伊藤さんの火打としている、sk9obhiu.jpg に写っている山は、やはり焼山だと思います。良く見ますと、 噴気が右にたなびいているのが見えます。
あら捜しをする訳では有りませんが、他のページにも気になる所が有りました のでお知らせします。
「松代PAからの北アルプスと戸隠・四阿山」の中の「常念岳」は蓮華岳です 。多分、鹿島槍の左の爺ケ岳の左に見えたと思いますが、蓮華岳です。常念岳 がこの様に正面から見えるのは豊科インターから松本インターの間です。 「四阿山」sk8maazu.jpg ですが、松代からは見るのが難しいと思います。位 置はこの辺りですが、近くの山で隠されて見えないと思います。この塔のすぐ 後ろの山が皆神山です。その後ろ左が奇妙山です。その右が保基谷岳だと思い ます。私も四阿山の上からは松代は見えませんでした。根子岳からも見えませ ん。
「小諸附近SAからの四阿山」の四阿山は烏帽子岳か湯の丸山です。意外と四 阿山は奥に有ります。この辺りからは見えません。千曲川の反対側の御牧原台 地からでも難しいです。四阿山は上田の新幹線の神科橋の辺りからだけ見えま す。他では見えません。この烏帽子岳と湯の丸山との関係が根子岳と四阿山と の関係に良く似ているのです。良く間違えます。
「東部湯の丸SAからの八ヶ岳」ですが、八ヶ岳とだけ紹介すれば良いと思い ます。残念ながら赤岳は見えません。この写真に写っているのは、天狗岳(東 と西の双耳峰)と硫黄岳だと思います。八ヶ岳はそのような名前の山がある訳 では無いので、山域全体をいいますから細かく言いますと正しく無くなる事が 有ります。赤岳は中央道の小淵沢附近に任せれば良いと思います。
ところで、山と渓谷の5月号に気になる記事が有りました。上信越地方 の名山を紹介していますが、長野市の飯綱山(飯縄山)と黒姫山を頚城山塊の 山である、と紹介していました。私共、長野市民でこれらの山を頚城山塊の一部 だと思っている人はいません。ここは信州です。越後ではありません。東京の 人から見れば地図では上信越国立公園の飛び地で同じ線の中に入っているので 同じ頚城山塊か、と思うかも知れませんが他所の地名で呼ばれるのは我慢でき ません。山渓編集部に抗議のE-MAILを出しました。この様な事が続きますと、 金峰山や瑞牆山などが何時の間にか奥秩父になってしまった様になります。ここ は甲斐の国と信濃の国です。主脈が続いていても地名まで変えてしまうのはおか しいです。地名はこだわりの多い人が多くて大変ですね。日本中で、「頚城」と 戸隠山とどちらが有名でしょうか。私は戸隠の方が有名では無いか、と思ってい ます。戸隠連山の飯縄山、黒姫山で良いでは有りませんか。
ちなみに飯縄神社はこの山を飯縄山と言っています。飯綱山とも書きます。何と 山頂の標識(長野市教育委員会が建てたもの)では飯綱山です。一般にこの辺り の観光用の地名は飯綱を使うと飯縄神社の説明に書いてありました。実は今日、 4月28日は私は振り替え休日でしたので、飯縄山に登って来ました。とても良 い天気で、多勢の人に会いました。ここは長野市民の大事な山です。ここからは とても眺めが良くて、条件さえ良ければ日本百名山が23座は見えます。今日は残 念ながら富士山や赤石山脈は見えませんでした。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:さすがに伊久間さんならではのご指摘、痛み入ります。早速修正いたしました。]
大糸線の車窓HP感想のRE
1998年5月2日 9:03  Re:大糸線の車窓HPを見て /Kragen
 NIFTY 展望の広場でのコメント、およびていねいなメールをありがとうございます。  Mt.Highwayさんのホームページは、時折拝見させていただいております。  ホームページは、どうも網羅的なものに魅力を感じます。伊藤さん のページは、テーマだけでなく、習性的にも<失礼>似たものを感じております。  相互リンクのご申し出、ありがとうございます。こちらこそお願いします。  ご多忙と思いますが、FYAMAPのオフ会などにもおいでくださいませ。
Noriaki Sanada Res. Inst. Electr., Shizuoka Univ. Phone:053(478)1347 Fax:053(478)1651
[コメント:雨飾山展望の決定版でした。相互リンクさせていただきました。]
Top Pageへ

盆地名のご指摘
1998年5月3日 0:24姥捨SAより信濃平について
今晩は、伊籐さん。伊久間です。 これは、まったく些細な事で、余り気にしないで下さい。少しだけ タイトルの名前について気が付きましたのでお話致します。 「姥捨SAより信濃平」と言う写真のタイトルですが、地元では、 この平野(盆地)の事を、善光寺平、若しくは、長野平と言います 。信濃平と言いますと普通は飯山市から戸狩にかけての平らを言い ます。飯山あたりでは信濃何々と言う言い方が一般的です。長野で は余り使いません。飯山に信濃平スキー場があります。
長野県の県歌の信濃の国にも、♪松本伊那佐久善光寺、四つの平ら は肥沃の地 と言う歌詞があります。人によって言い方は色々あり ますから、大したことではありません。余り気にしないで下さい。 松本平はよく安曇平とも言われます。伊那は平らより、伊那谷、ま たは伊那盆地と言われます。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:いやいや重要な事です。なかなか分からない事、でもみんな歴史があって今の地名があるのですから。修正しました。]
利尻・礼文のアップの感想
1998年5月9日 23:16利尻岳の写真を拝見しました
今晩は、伊藤さん。伊久間です。早速ホームページを拝見しました。 海の上にそそり立つ姿はまさに海上のアルプスですね。端正で美しい山 ですね。私も是非登ってみたいです。oyhkris1.jpg は素敵な写真ですね 。oyhkris4.jpg もお帰りに撮ったのでしょうか。船の航跡と青い空と島 がとても美しいです。お天気も良かったのですね。行いの良さでしょう か。島のどこからでも綺麗な山が見えていますね。
またジャカルタにお出かけとのこと、日本上空からの 北アルプスや中央アルプスや富士山の写真も拝見しました。これも伊籐 さんでなければ撮れない写真ですね。日頃見られない風景を見させて戴 いて、感激です。また、今回も素晴らしい写真を楽しみにしています。 それでは、御無事な御旅行をお祈りしています。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:有り難うございます。大変うれしいです。ジャカルタは騒動の最中、無理をしないようにします。]
リンク依頼
 1998年7月22日 10:16リンク登録のお願い 伊藤様 はじめまして 国土地理院のweb管理者です。 勝手ながら、国土地理院のホームページの「測量・地図関連リンク集」に 貴ホームページを加えました。不都合がありましたらお返事頂き たいと思います。
国土地理院  重野  依子E-mail:shigeno@gsi-mc.go.jp
[コメント:国のHPにリンクされるとは大変名誉な事、田代さんの紹介によるラバンへの執筆が、こうなったのだと思います。]
国土地理院のHPリンクを見ての感想
1998年8月9日 1:16国土地理院のリンクを拝見しました
今晩は、伊藤さん。伊久間です。 国土地理院のリンクを拝見致しました。
測量・地図関連のホームページ [地図・測量機関] [関連する大学・学会] [関連する博物館、図書館][測量関係会社] [関連する個人] [地図ディラー] [外国のその他] [地図ギャラリー]
地図・測量機関など * 海上保安庁水路部 * 地質調査
関連する個人など * 色分け地図を描く  * WELCOME TO SURVEY ROOM(大谷義紀)のページ * 書き込み地図で遊ぶ * 国土地理院の数値地図やゼンリンの電子地図を組み合わせて活用する * 野上道男の個人ページ * 間宮林蔵のページ * Mr itoの高速道路からの山岳展望 * 村松 昭さんの絵図
伊能忠敬は隠居してから測量を習い、そして日本中を測量しました。その偉大な 功績は今の国土地理院にも受け継がれているのでしょう。最新の技術で地球を測 る様になってもやはり最後は人間が機器をかついで山に登り三角測量をするので すね。どこの山に登ってもそこには三角点があります。山に登る人の中にはこの 三角点ハンターがかなり多くいます。富士山でもこの様な人に会いました。富士 山の剣が峰の標識の前に三角点があります。その人に頼まれてカメラのシャッタ ーを押したのですが、その注文が三角点だったのです。三角点を入れて写真をと って欲しい、との事でした。聞いたら三角点が目的だと言っていました。苗場山 でも同じ様な人に会いました。八ヶ岳の硫黄岳でも会いました。人気の無い山で も三角点だけはあります。明治から人知れず日本中を測量して来た方々に尊敬の 念を抱きます。前身は陸軍陸地測量部からの受け継ぎですね。 この様な権威ある国土地理院のホームページにリンクされるなんて素晴らしい事 だと思います。今後も一層充実したホームページにされますよう陰ながら応援い たします。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:早速ご覧頂き有り難うございます。私も好きな写真です。光栄な事です。]
Top Pageへ

足柄SA写真展について
1998年8月31日 18:56 写真展
伊藤様 今日は写真展のご案内をいただき、びっくりしました。 生涯付き合えるいい趣味を持たれ、羨ましいです。さっそくホームページも 覗かせてもらいました。月に数回東名に乗っていますので ちょっと足を伸ばして足柄インターによってみるつもりです。 とりあえずお祝いまで。
大江富夫 E-mail: tomio@green.ocn.ne.jp
[199年9月に足柄SA(下り)なるほどロードの常設展示会場で、道路施設協会主催の「高速道路山岳風景30選」を開催しました。]
足柄SA写真展について
 1998年9月7日 0:56 足柄SAの写真展を拝見しました。
今晩は、伊藤さん。伊久間です。昨日の9月5日の土曜日に足柄SAまで行って来 ました。写真展、拝見しました。下り側の東館と西館を結ぶ通路の会場に伊藤 さんの作品が展示されていました。二階に上がる階段のステップの一つ一つに その案内が張り付けられていましたので、すぐに解りました。また、入った所 に大きな立て看板が有りましたので会場はここに間違い無いと解りました。 道路公団のこれからのハイウェイの案内の先に写真のパネルが見えました。す でに何人かの人達が見ていました。私も一つ一つゆっくりと拝見いたしました 。殆ど、ホームページで拝見していましたので、初めて見た気がしませんでし た。何か旧友に出会った様な、懐かしい様な気持ちでした。パネルになると、 また一層立派に見えます。普段、中々見られない風景(お天気と運次第)が綺 麗な写真になっていますと、こんなにも素晴らしい風景だったのか、と改めて 感心したりしました。特に高速道路ですから、ゆっくり風景は見られません。 (私は何時も運転しているばかりですから。)たまには助手席で風景を眺めな がらドライブしたいものです。妻は怖がって高速道路では運転したがりません。
中央高速道路で大月から河口湖に行き、東富士道路で須走りまで行き、御殿場 から東名高速道路で大井松田まで行き、そこで降りてすぐ引き返して足柄SAま で行きました。9:30に長野を出て12:30にはつきました。あいにく富士山は 雲の中で、写真展のパネルの足柄からの説明文の、「本物の富士山が窓の外に 見られます(お天気が良ければ)」、の様には行きませんでした。
須走りから御殿場までの反対側は大変な混雑でしたから、帰りも大変かな、と 思っていましたら、やはり御殿場から須走りまで2時間かかりました。東京の人 達は何時も週末になるとこうして辛抱して渋滞に耐えて郊外に出るのですね。 感心しました。田舎ものは待つのがとても苦手です。私は我慢強いほうですが、 会社の上司などは普段少しでも混んでいると直ぐに迂回路を探して回り道ばか りする者がいます。食事に行っても待てません。直ぐに違う店に行きます。都 内ではどこの店でも列を作ってお昼をとる風景が見られます。都会人は辛抱強 いのですね。それに良く歩きますね。駅での歩く距離は大したものです。乗り 換え、駅から勤務先まで歩いて行く、など、田舎者には中々出来ない事ばかり です。
帰りも写真展で見たサービスエリアは雲の中で何も見えませんでした。八ヶ岳SA 、原SA、梓川SA、どこも雲の中。今年は本当に風景を見るには良く無いお天気で す。秋の紅葉の頃には良くなっているでしょうか。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:遠いところ本当に有り難うございます。うれしい限りです。]
HPの感想
1998年9月18日 10:53 山の風景拝見しました。
山の写真を楽しく拝見しています。 こんなにたくさんの山が東京近辺から見られるとは思っても いませんでした。 まだまでほんの一部しか見ていませんの でこれから毎日楽しませていただきます。   自分の惚れたモチーフを撮り続けるのは写真を撮る人にとっては 最大の幸せですものね。  本当に羨ましいです。 これからもどんな素晴らしい風景に出会うのかとても楽しみです。
石川  満子   
JAS乗務員からのHPの感想
1998年10月19日 18:49JAS.CA より
伊藤様 こんにちは。HP拝見致しました。珍しい写真や国内・国際線からの眺めの比較など、どれも興味深く、素敵な写真でした。  申し遅れましたが、私は10月9日の羽田ー熊本線(JAS/F353)に乗務しておりました客室乗務員です。覚えていらっしゃいますか?   10月15日に更新されていた写真は、あの時撮影されたものですね。  いつも飛行機に乗っていて、あのすばらしい眺めを一人でも多くの人に見て頂きたいと思っておりましたので、伊藤様のHPが多くの方からアクセスされることを願っています。 (私もさっそく友人に紹介しました。)  これからも素敵なHPをよろしくお願いします。 また、空のどこかでお会いできる日を楽しみにしております。
JAS客室乗務員 後藤 百合子
[コメント:その日は快晴でした。素晴らしいフライトで山岳風景を堪能しました。席を替えたりして頂き良い写真が取れました。]
Top Pageへ

足柄SA写真展について
1998年10月23日 7:45RE:足柄SA写真展の件
ご丁寧なメ−ルを頂戴しまして恐縮致しております。 写真展が大変好評でして誠にご同慶の極みでございます。 今後とも益々のご繁栄を心からお祈り申し上げております。
早速に次の作品の為に行動を開始された由。 二日間で北海道を回られたとか!! 趣味を生涯の朋とされるとの事。最初に着眼された所が素晴らしい点で あった事に由来している為でしょうネ!!!
今後ともお忙しい中で引き続き制作をされるご計画。羨ましい限りです。 今後ともよろしくお願い致します。
         大沢 栄興
[コメント:ご丁寧なメール、痛み入ります。]
リンク依頼
1998年11月27日 17:24 リンク許可の申請
突然のお便り、申し訳ありません。  はじめまして、こちらメディアジョイの岩井ふみと申します。  実は現在、写真家さん達のホームページリンク集を作成しておりまして、 もしよろしければ、そちら様のホームページを登録させては頂けませんで しょうか?  また、こちらメディアジョイへのリンクはフリーになっております。そ の際に御一報頂ければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 それでは、失礼いたしました。 岩井ふみ@mediajoyE-mail:mediaj1@mediajoy.co.jp
          http://web.kyoto-inet.or.jp/org/mediajoy/mjindex_p.html
[コメント:もちろんOKです。よろしくお願いします。]
感想
1998年12月18日 20:28 HP見ました。
伊藤正昭 様
すばらしいホームページにアクセスさせていただき有り難うございました。 あまりに量が多いので、正直驚きました。 小生 山が好きで、年に数回 ハイキングを 楽しんでおります。 今回 HPの中で、中央アルプス木曾駒ヶ岳(乗越浄土から空木岳) の紹介がありましたが、懐かしく しばらく その写真に見とれてしまいました。 昨秋、連れ合いと乗越浄土から宝剣岳(泊)〜木曾駒ヶ岳と歩いてまいりました。 HPの写真を見ながら、自分が一度歩いたところを思いだしております。 同様に、 夜叉神峠ほか開いてみたいページが多く、楽しみであります。 今後、更に充実される とのコメントがあり、嬉しい限りであります。 今後とも、アクセスさせていただきます。 有り難うございました。
                        中田年雄
10000回アクセス達成
1998年12月22日 1:51 1万回アクセス
今晩は、伊藤さん。伊久間です。
ホームページの挨拶文を拝見致しました。中の本文のあちこちに私の名前があ って、更に今回の一万人目と言う事ですと、八百長見たいに感じる人がいるか も知れませんね。でも、幸運でした。ありがとうございました。
戴きました利尻岳5景の写真も Photoshop で一枚一枚にしました。 本当に綺麗な利尻岳の写真をありがとうございました。 では!(^-^)ノ、また。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:本当に色々有り難うございます。うれしい限りです。]
10000回アクセス達成
1998年12月22日 17:13 アクセス一万回おめでとう
伊藤さん、アクセス10000回お目出度ございます。すごいですね!
                      石川満子
10000回アクセス達成
1999年1月19日 6:28 覚えていらっしゃいますか? 三島です。
伊藤さん、お元気でいらっしゃいますか。 その昔、三瓶山はどこから見える?というホームページを 開設していました三島です。 昨年夏にパソコンを購入し、久々に伊藤さんのページを訪 問してみました。 忙しくてまだちょっとしか見ていませんが、すごいです。 内容が格段に充実しましたね。これから、時間をかけてゆっ くり見させていただきたいと思います。 それに、訪問者が1万人を突破しましたね。 昨年の2月頃は2千人台でしたので、昨年、爆発的にアクセ スが増えたということですね。 それにしても、久しぶりに中部以東の山を見て、懐かしかっ たです。 何の手伝いかといいますと、市が強力に推進している山村留学 事業の手伝いです。この事業の詳細は、ホームページで紹介し ておりますので、詳しくはそちらをご覧下さい。アドレスは、 http://fish.miracle.ne.jp/missie/sanryu/index.htm です。 ちなみに、そのホームページは、懲りずに私が作成しております。 なお、昔のホームページは、今ではFDに眠ったままです。 でも、三瓶山に関するものだけは、市のホームページの一部に 生き残っています。そちらもご覧下さい。(笑) またメールを差し上げたいと思います。 それでは、失礼いたします。
三島 正資(MISHIMA, Tadashi)E-mail:missie@mx.miracle.ne.jp
            http://fish.miracle.ne.jp/missie/sanryu/index.htm
[コメント:お久しぶり!お元気で何よりです。]
10000回アクセス達成
1999年1月24日 12:00   高速道路からの山のHP完成
伊藤様 ホームページやっと全部見せて頂きました。一度には全部見きれない ので時間はかかりましたがみることが出来ました。 ずいぶん又写真が増えましたね!これだけの写真を撮るには相当な 時間と努力がつぎ込まれた訳で大変敬意を表します。 国内ばかりでなく海外の写真も興味がありました。私は中国に行った ことがありませんので「万里の長城」には大変興味があります。 国内では高速道路から見た風景がこんなに色々な変化をするという ことは写真を見てみないと判りませんね!  近藤 貞雄
[コメント:謝々!。]
Top Pageへ

shinさんのHPにリンク依頼したRE
1999年2月7日 15:45 RE: こういうHPを待ってました。
伊藤正昭(Mt.Highway)さん、こんにちは。 Mt.HighwayさんのHPは、確か、山尾望さんからフォーラム内へ紹介がありました。 そのとき、早速見せていただいております。大遠望の写真、またその写真の数の多 さに圧倒されました。その後も何回か訪れていますが、ますます発展されましたね。 先回、確かアクセス数が1万件を超えたとアナウンスがありましたが、もう1万1千件 ですか。 私は昨年の11月末に、突然HP作りを思い立ちましたが、今思い返してみると、 Mt.HighwayさんのHPが無意識のうちに下地になっていたように感じます。 リンクの件、こちらこそどうぞよろしくお願いします。大先達から申し出を受け、恐縮です。
>東京から見える山では苗場山(恵比寿から170Km)が一番新潟に近いでしょうか。<
カシミールでは新潟からも見えることになっていますので、何とか確認してみたいと 思います。確かに共通の山が見えると面白いですね。
                                信
[コメント:信さんのHPは「新潟市からの(山岳)展望」で私のHPの薄い場所をカバーしています。]
感想
1999年2月15日 6:01 ホームページ拝見しました
伊藤様 島根の三島です。 先日ホームページを拝見しましたが、なかなかじっくり見ることができず、 本日改めてじっくりと拝見させていただきました。 珍しい写真が随分増えいて、相当なご努力だったのではないかと拝察いたし ております。 関東地方に6年間いたこともあり、やはり関東・南東北・中部の山の写真を 見ますと大変懐かしいです。
まず、何といっても筑波に八溝。 八溝山をはじめとする茨城県北部の山は、卒論の関係で随分足を運びました。 SS60からも条件さえよければ、あんなによく見えるのですね。 東京学芸大学時代には、研究室のあった8階からよく眺めたのですが、せいぜ い筑波山までしか見えず、阿武隈の山々までは容易ではありませんでした。 水戸からだと、八溝山と高笹山がかなり重なるのですが、SS60からだと結構 離れて見えるのですね。初めて知りました。
関越道・高坂SAもよく立ち寄ったSAです。 あそこから初めて富士山を見たとき、予想外の位置に驚いた記憶があります。 それにしても、高坂SAから、あの写真のようなくっきりとした富士山が望 めるとは…。箱根には、さらに驚きです! 寄居PA辺りの四阿山にも驚き ました。 発掘すると、結構な掘り出し物があるのですね。
宝登山は一度行ってみたことがあります。 秩父の山々の展望が素晴らしかったです。とくに、両神山には惹かれました。 山頂では、伊藤さんがコメントされていたように、「あれは妙義山かなあ」 と言っている人がいました。両神山は、院生時代に文化地理学のゼミ生と一 緒に、ふもとの集落まで行ったことがあるのですが、遂に、登頂する夢は実 現しませんでした。いまでも、登頂してみたい山の一つです。
それから、称名滝の隣のハンノキ滝ですが、私も結構な水量の時に眺めた記 憶があります。眺めたときは、別に何とも思わなかったのですが、あとから 地形図を見て、幸運だったことに気がつきました。
昭和新山ですが、昭和29年当時はまだ登山できたのですね。 現在は、フェンスが張り巡らされていて立入禁止になっていますが、実は、 私も登ったことがあります。 1993年8月、大学の授業の一環で道南を回ったとき、昭和新山のふもとの三 松記念館に行きました。このとき、館長で山の所有者でもある三松さんが、 「大学の授業ならどうぞ登ってみて下さい」と言われ、堂々と登ってきまし た。さすがに、噴気活動はかなり衰えていましたが、それでも地熱を感じ、 生きている山を実感しました。 昭和新山は、有珠山に付属した山です。有珠山は18世紀以降40.6年おきに火 山活動を繰り返していて、その都度、どこかに溶岩ドームができています。 この調子で行くと、2018年頃に次の活動があるかも知れません。
随分、ずらずらと書いてしまい失礼いたしました。 伊藤さんのページの一層充実を楽しみにいたしております。 それでは、失礼いたします。
三島 正資(MISHIMA, Tadashi)E-mail:missie@mx.miracle.ne.jp
            http://fish.miracle.ne.jp/missie/sanryu/index.htm
[コメント:このような楽しみ方こそ、このHPの本望ですね。三島さん有り難うございます。]
掲載お願い
1999年2月18日 18:09日経BPムック:記事掲載のお願い
突然のメールお許し下さい。 私ども日経BP社では,レジャー,エンタテインメントなど,幅広い分野から オススメサイト,定番サイトを紹介するイエローページ 「日経BP インターネット歳時記1999」を3月26日に発行いたします。 このムックには,各分野においてコンテンツやデザインが優れており, 読者に幅広くお勧めできる約2100のサイトを収録する予定です。
その中でそちら様のページ, http://club.pep.ne.jp/~itomsa/ を紹介させていただきたいと考え,連絡させていただいた次第です。 ホームページのタイトル,URL,100字程度の内容紹介文を, 誌面及び付録CD-ROMに収録させていただく予定です。 また,貴ホームページの画面キャプチャも紹介させていただく予定です。
お忙しいところ,恐縮ですが,貴ホームページの紹介につきまして 何か問題がございましたら (もうすぐ引っ越す,内容を大幅に変更するなど) 2月22日までにご連絡をいただければ幸いです。 誠に勝手なお願いではございますが,編集上の都合もあり, 上記期日までにお返事いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 日経BP社 日経ネットナビ編集部 担当:松平悠公子E-mail:navimook@nikkeibp.co.jp TEL:03-5210-8026 FAX:03-5210-8024
[コメント:もちろん値論OKです。よろしくお願いします。]
友人からのお知らせ
1999年3月9日 20:23 慕田峪の万里の長城
お元気ですか 昨日、私のホームページの万里の長城を見た外国の人から もっと長城の写真を紹介して欲しいという書き込みが 入っていたので、Infoseek Ja で探したら慕田峪の万里の長城の 写真が見つかったのでURLを知らせて日本語版だけれど 写真は楽しめるでしょう...とメールしたあとで貴殿のURL だというのに気付いた次第です。
[コメント:サンキュー。]
Akio Yakata  E-mail:akio-yakt@eva.hi-ho.ne.jp
            http://www.eva.hi-ho.ne.jp/akio-yakt/
感想
1999年3月16日 18:35 高速道路からの山に感激しました。
伊藤様 つくば市に住む筒井と申します。若い頃、鳳凰三山、北岳縦走をしたことがあります。 高速道路からの山々、素晴らしいですね。苦労の数々、察しられます。歴史的に貴重な 財産、あるいは遺産となりそうです。 山梨放送YBSに載っている定置カメラのうち、南アルフ゜スの山を同定したく、参考にさせて いただきました。今朝はよく晴れて、間ノ岳と農鳥と判断しましたが。北岳を隠してい るのは、鳳凰ですかね。よく判らない。 気がついた点を申し上げます。 文中で2月に撮影とかでていますが、西暦も添えてくださるとうれしいです。よく前後 を見ると判るのでしょうが、急ぐ場合は判らないと思います。 東京タワーからの展望はいかがですか。高いし、より、遠くの山が見えると思いますが。 都庁もいいですね。無料ですし。
Tsutsui.Osamu E-mail:Tsutsui.Osamu@nasda.go.jp
[コメント:有り難うございます。YBSのカメラの同定結果をお知らせしました。]
ご指摘
Kentaro Tomita 1999年3月26日 13:12ちょっとご指摘 初めまして。 高速道路大好きの僕にとってはすばらしいページです。サービスエリアでは越後 川口とか、佐久ハイウエイオアシスなんかがお気に入りです。越後川口は小さいころ 見た信濃川の眺望が大好きでした。
ところで、ちょっと気づいたことがあったので書いておきますね。赤城インター 兼パーキングエリアのところ(榛名山のページかな)で、榛名、赤城、妙義のこと を両毛三山と書かれていましたが、上毛三山です。ただの書き間違いかな?一応 指摘させていただきました。それでは。
Kentaro Tomita
[コメント:上毛の間違いですね。妙義山のページも間違っていました。早速訂正、有り難うございました。]
Top Pageへ

テクニックの師匠から
1999年3月31日 21:57はや4月ですね こんばんは 寒さもあけぬまま明日からもう4月になってしまいましたね。 それでもあちこちから桜の満開の絵が届くたびに着実に冬が終わりかけてる実感があ ります。 そういえば、ネドで何回か太陽光発電のフィールドテストを見にゆきましたが、この 間の鹿児島を含めて、いつも日差しの少ない日ばかりにぶつかってしまい、その効果を目の当たり にできずに終わっていました。 気温が上がれば東京から見える遠くの山々もそろそろ霞の中に閉じ込められてゆくの でしょうね。 伊藤さんから添付してもらった湯の丸のCGを見て一瞬写真かと思いました。 なかなかリアルなんですね。 それは、この間話した雑誌の付録でのお試し版でも実感しました。 サンプルでは上高地周辺の山岳を俯瞰するものでしたが、焼岳が夕景になったり、季 節の変化が表示できたりまるで本物の写真みたいで、出来栄えはなかなかのものです。
Hidekazu Onoono@hide.vip.co.jp
        ふぉと所沢http://www.click.or.jp/~ono/
[コメント:こころ暖まるお話、ここでは紹介しきれませんが、これからもよろしくお願いします。]
故郷の富士山について
黒川 道雄1999年4月3日 1:02 故郷の富士山文献問い合わせのRE。
 こんにちは! 伊藤さん。   「富士山展望百科」を購入して読んで以来、「山と展望のフォーラム」を覗 くようになりました。  そして、『パソコンで楽しむ山と地図』、『山岳展望の楽し見方』、『山の 地図と地形』も取り寄せて、山岳展望についての知識を少しづつ深めている所 です。  「富士山展望百科」の伊藤さんが撮影した甲府上空からの富士山の写真や高 速道路からの富士山の写真素晴らしいですね。  休みの日に天気が良くて富士山が綺麗に見える日はなかなか無いので、何度 もチャレンジが必要な写真もあったことと思います。  「高速道路からの山岳展望の旅へ」のホームページを覗いて見ました。 すごいな〜と思います。 これから少しづつ覗いてみるのが大変楽しみです。
 ふるさとの富士との出合いは、山と渓谷の特集記事で「ふるさとの富士」が 全国にたくさんあることを知ってからです。折りに触れて各地にあるふるさと の富士を登るようになり、現在約385座のふるさとの富士の内120座に足 跡を残しています。  特に89年1月3日に佐多岬をスタートして20年計画で宗谷岬目指して思 い出の足跡で繋ぐ『日本列島縦断歩く旅』の道中の『ふるさとの富士』との出 合いは大変楽しみです。天気に関係なく前進しているのでなかなか綺麗な写真 は撮れませんが、「ふるさとの富士」の写真もだいぶ増えました。  『日本列島縦断歩く旅』は、10年が経過して現在佐多岬から183日前進 して約6600キロの思い出の足跡を残し新潟県の羽越本線岩舟町駅まで前進 しています。87年8月に中央本線  温泉駅から富士駅のコースを歩いた時 に富士吉田から雨の降る中富士山の山頂に立ち、次の日の早朝素晴らしい御来 光を拝むことが出来、お鉢巡りを2周して精進湖へと下った時のことは、一番 の忘れられない思い出です。
 『ふるさとの富士』の文献リスト伊藤さんのHPに載せてもらって結構で す。 載せてもらえると思うと光栄に思います。
 現在、『ふるさとの富士』の一覧表の充実を計っており、20万・5万・2 万5千の地形図名、緯度・経度『日本山名一覧』全国版のFDを購入してから ずいぶんとはかどりましたが、『日本山名一覧』に載っていない山もたくさん あり、それなの緯度経度情報を得るのに時間がかかっている所です。  また最寄りの駅からの距離・方向などのデータを追加したいと思っており、 山と駅の2点の緯度・経度のデータを入れたら、EXCELで計算できないか と検討を始めた所です。  これらが、まとまれば「山と展望のフォーラム」のデータライブラリに登録 したいと考えています。
 そして、『『ふるさとの富士』が一段落したら、自分のホームページを持ち たいと思っています。
黒 川 道 雄 walk.kurokawa@nifty.ne.jp
[コメント:素晴らしいライフワーク、これからもよろしく、是非HPに仕上げてください。美しい富士の写真と文献集有り難うございます。] 1999年4月4日 2:01始めまして。楽しい企画に感動!
 始めまして。高速道路から見える山を楽しむ人がいたことに、思わず拍手の感ありです。 私は車にビデオカメラをすえつけて景色を楽しんでいます。じっくり楽しむ余裕はあるようでないのがドライブです。帰ってから改めて見るのも楽しいものです。 季節をかえながら走る旅もなかなかです。4月9日から10日間の予定で春を撮影に走ります。あなたのホームページを参考にさせていただいて、 ビュースポットを見つけようかな、と思っています。私の好きな高速道路は、東北自動車道、中央道です。神戸より
kazu maeda
感想
1999年4月4日 4:33楽しい時間でした
福島の海岸方面にすむものです。近くに山らしい山にめぐまれていないのでとても楽しく拝見させてもらいました。これからも頑張ってください! Yuichi Horiike
感想
1999年4月5日 0:25素敵な写真ですね
はじめまして、平戸と申します。 奇麗な写真ばかりで感激です。 飛行機から見下ろす山々はキレイですよね。 懐かしい、故郷鹿児島の高千穂があり、うれしかったです。 小学校の修学旅行、高校のキャンプの時、登山した山です。
平戸 みどり
Top Pageへ

清水市のHP、故郷の富士山情報のRE
1999年4月6日 17:05 故郷の富士山情報(お礼)
伊藤正昭 様 メールをありがとうございました。 伊藤様のホームページを早速拝見しました。 足をフルに使っての撮影で、どの山の写真もすばらしく感動しました。 また、わが富士山についても特集していただきありがとうございます。 さらにさらに、当市のホームページを紹介していただき、感激しております。ありがとうございます。 さて、当市のホームページで掲載しています「ふるさとの富士山大集合」のコーナーに、貴重な写真を提供くださるとのことで、大変喜んでいます。 ぜひ、当市のホームページにも掲載させていただきたいと思っています。 現在、各市町村からや、伊藤様のホームページでも紹介のある黒川道雄さんから、ふるさとの富士山について資料を提供いただいており、 コーナーの充実を図っている最中です。そこで、伊藤様のどの写真を使用させていただくか、もう少し時間をいただき、後日お知らせさせていただきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。
静岡県富士市広報広聴課  町田midori@aa.mbn.or.jp
掲載許可願い
1999年4月7日 13:03 掲載許可のお願い
突然メールを差し上げる失礼をお許しください。 この度、私はエーアイ出版(東京都目黒区)より依頼を受けて 「WWWイエローページ Vol.7」の執筆をしている土屋充子というものです。 エーアイ出版では、「WWWイエローページ Vol.7」というムック(7月2日 発売予定、1520円、260ページ)を発行し、現在発信されているホームページ から約1434個をピックアップして掲載する予定です。その中で、下記にありま す貴ホームページを紹介させて頂ければと思い、メールを差しあげました。 掲載内容としては、下記にあるホームページ名、下記にあるURL、下記URLの画 面ショット、こちらで用意した100文字程度のコメントになります。また、掲載 されたホームページは、エーアイ出版のホームページからリンクを張らせていた だきます。 なお、掲載に関しての費用等は一切必要ありません。 ご返答のほどよろしくお願いします。
担当ライター 土屋充子
編集担当 赤城由紀 エーアイ出版株式会社 第3編集グループ  〒152-8506 東京都目黒区中央町1-5-2  tel 03-3791-1800 FAX 03-3791-8290
[コメント:もちろんOK、よろしくお願いします。]
ご指摘
1999年4月12日 21:52 最南端の山
初めまして。 大変見ごたえのあるHPです。感激しました。私も山座同定が好きで山に登る度に周り の山々を見ながら考えていますが難しいものです。 ところで東京から見える最南端の山は平野武利氏の著書「山頂にて」(山と渓谷社)に もある通り伊豆大島の三原山です。私も一度サンシャイン60の展望台から見た事があ ります。ちょうど横浜のランドマークタワーの後方に見えました。恵比寿などの南側 の地域ではもう少し有利な条件になると思いますが。伊藤様も確認できましたらHPに 加えて下さい。
矢ヶ崎 一之 E-mail:kazy@kidsnet.ne.jp
[コメント:全くご指摘の通りです。ただ捉えたれないで居ます。HPは早速訂正しておきます。]

ご指摘
1999年4月25日 14:02 千歳空港からの十勝連峰について
伊藤正昭 様 FYAMAPのTYF(船水康宏)です。伊藤様のホームページはもう趣味の領域 を越して貴重な山岳データ館となりつつありますね。これからも楽しみにし ておりますのでよろしくお願い致します。
早速、本題ですが FYAMAP には報告致しましたが今回札幌からの機窓展望 に関して再度伊藤様の写真を色々拝見し参考にさせていただきましたが、そ の中で「千歳空港からの十勝連峰」についてちょっと気になりましたので大 変失礼かと存じますが、メールさせていただいた次第です。 この写真に写っている山ですが、十勝連峰ではなく夕張岳ではないかと思 いますが、いかがでしょうか? もし参考にしていただければと思い、「札 幌から見える山」に収録されている写真を2葉メールに添付致しました。
船水康宏(TYF) E-mail:funamizu.yasuhiro@nifty.ne.jp
[コメント:送っていただいた写真で夕張岳の山容を初めて知った次第。疑いもなく夕張岳で、早速訂正させていただきます。]

夕張岳らしい山の2枚の写真の同定をお願いした結果
1999年4月27日 7:11 RE:千歳空港からの十勝連峰について
伊藤正昭 様 添付いただいた写真ですが、いずれも山容と見えている方向からして夕張岳 かと思いますが、私自身は同じ場所から眺めたことがありませんので 50mメッ シュ数値地図(4月2日に地図センターから送られてきました)を使い、カシ ミールで確認してみましたが、写真と同じ画像が描画されました。 これからもよろしくお願い申し上げます。
船水康宏(TYF) E-mail:funamizu.yasuhiro@nifty.ne.jp
[コメント: 50m数値地図が発売直後、まだ手元になく、TYFさんにカシミールで検証していただきました。晴れて確定、HPを 修正しました。]

鶏冠山の呼び方について
1999年5月29日 8:17 鶏冠山に関して
鶏冠山に関して 日本山名総覧(白山書房 発行)を調べてみました。 鶏冠山は2.5万分ノ1 地形図には5座が載っています。
標高1716m(黒川山) ケイカンザン 塩山市 地形図「柳沢峠」
標高2115m ケイカンザン(トサカヤマ) 三富村 「金峰山」
標高2248m ケイカンザン(トサカヤマ) 南信濃村 「池口山」
標高 491m ケイカンザン 大津市 「三雲」
標高 168m トサカヤマ 和歌山市 「丸栖」
「山の本」の仲間で 山名に詳しい者に聞いてみますと、 黒川鶏冠山は山の型から地元の古老が「とさか」と呼んでいるそうです。 しかし 文献では「けいかんざん」となってます。
池沢重幸 E-mail:aew062093@aew.fitec.co.jp
[コメント: 有り難うございます。面白い話なので東京からの奥秩父の展望のページに紹介させていただきます。]

ご指摘
1999年9月12日  2:28  黒斑山誤字と東館山からの頚城三山について
今晩は、伊藤さん。「浅間山と黒紋山−黒紋山」のページで、黒紋山(クロフヤマ) とあるのは、黒斑山の誤字でしょうか。他の数カ所の御説明にも同じ文字が使われていました。
また、「志賀東館山より頚城三山」の写真の山名の説明の中で、「妙高山をは さんで火打山、焼山が背後にある。」とあり、写真の中の文字説明でも妙高山 の右の白い山を火打山、左を焼山をありますが、これは間違いでは無いでしょ うか。東館山からこの三つの山は直線上にあり、火打山、焼山は妙高山の後ろ になり、見られないと思います。右は、神奈山、左は金山、天狗原山の様に見 えます。焼山は特に釣り鐘型の特徴ある山ですからこの写真の様に連なって見 える事はありません。右の山は外輪山の壁になっている、神奈山と思われます 。火打山はもっとピラミダルで真っ白な山で、この位置に見える事はありませ ん。私の間違いかも知れませんが、カシミールで御確認下さい。
私が、数年前の1月に飯縄山から撮影した頚城三山の写真と、火打山から撮影 した焼山の写真を送ります。
伊久間 幸広 (ikuma yukihiro )E-mail:yikuma@po.cnet-na.ne.jp
                   E-mail:BYJ01512@nifty.ne.jp
[コメント:細部にわたり、ご覧頂き感謝にたえません。「黒紋山」は完全な誤植です。早速訂正いたしました。  東館山からの頚城三山はカシミールでチェックしました。火打山は間違いありませんが、焼山は妙高山の背後でした。  早速訂正しました。あわせて車山からの頚城のあたりもチェックしました。]

ご指摘
1999年9月14日  0:47  月山山頂からの展望についての質問です
こんにちは、WARABI(FYAMAPの)です。 高速道路からの山岳展望はいつ見てもあまりの数の多さの画像に 圧倒されてしまいました。
さて、「手軽に登れるビューポイントからの展望」で月山からの眺望 がありますが、この中の「月山山頂より安達多良山」は蔵王連峰に 見えるのですがいかがでしょうか?
WARABI(masaru-s)E-mail:masaru-s@warabi.ne.jp
[コメント:これはびっくり、まさかと思ってカシミールで調査したら、ご指摘の通りでした。  早速訂正いたします。]

続きへ

Top Pageへ