相模野基線と鳶尾山の一等三角点探訪

2009年12月16日

相模野基線と鳶尾山探訪トラック 一等三角点探訪もまもなく100ヶ所になる。一等三角点総数974ヶ所、100ヶ所などものの数ではないが、ともかく区切りの数字なので、 それにふさわしく我が国の測量の始点となった記念すべき相模野基線の北端と南端の一等三角点と中間点を訪れて100ヶ所目を数える事にした。
当初の予定では秋村さんと歩いて探訪する予定だったが、秋村さんの手配で舘沢さんがマイカーで サポートしてくれることになり、楽をして探訪することが出来、加えて鳶尾山の一等三角点への訪問も叶った。
通算100ヶ所目は相模野基線南端、101ヶ所目の鳶尾山まで、池澤さん 秋村さん 舘沢さん3人の一等三角点探訪の大先達に支えられて 当面の目標を達成する事が出来た。
 (歩程:2km 標高差80m 全10500歩) (左図はGPSによるトラック)(使用カメラCANON IXY 900IS)

相模野基線 中間点

相模野基線中間点 中間点が埋設されたマンホール マンホールを開けたところ 中には中間点の金属標がある 相模野基線の説明板がある
  中間点の場所    中間点のマンホール   マンホールの内部    内部にある中間点   相模野基線説明板 

相模野基線は我が国近代化の黎明期、明治15年に始まった近代手法による全国測量の出発点として知られる。
当時は国土の測量と確定は列強の侵略から国土を守るための喫緊の課題として急がれ、当初は英国式により、 明治18年からはドイツ式に改められ精力的に行われた。
三角測量を行うに当たっては、その基準として2点間の長さを確定して、それを元に測量を行うが、 相模原は平坦で見通しが利くことからこの地が選ばれ、北端と南端が設けられてその間の距離を測ることから始まった。
その結果は5209,9697m、これをもとに2点間を底辺として西は鳶尾山、東は長津田村(横浜IC近くの高尾山)に至る2つの三角測量を行い、 さらに鳶尾山と長津田村を結ぶ2点間を底辺として北は連光寺村(多摩ニュータウン)、南は浅間山(大磯湘南平)の2つの三角測量を実施、 さらにそれを底辺として西は丹沢山、東は鹿野山に至る三角測量を行うなどして日本全国に拡大していった。
後に相模野基線の北端と南端にそれぞれ一等三角点を設置し、北端は「下溝村」、南端は「座間村」とされた。
中間点は北端と南端の間に設けられ、当地点のほか2ヶ所にも設けられたが今はこの地だけで四等三角点として扱われている。
中間点は小田急相模原駅近傍の相模原市(座間)相模が丘1丁目の狭い道が続く住宅地にある駐車場前の道路に埋設されていて、相模野基線に関する丁寧な説明板がある。
 北緯35°30′38″75 東経139°25′13″16

相模野基線北端と南端

相模野基線北端点 北端点の標識 北端点のある空き地 北端点の一等三角点「下溝村」 北端点の一等三角点「下溝村」 三角点の脇にある国土地理院の説明板
 相模野基線北端点    北端点の標識      北端点のある空き地  一等三角点「下溝村」  一等三角点「下溝村」 国土地理院の説明板 相模野基線南端点 南端点のある住宅(医院) 南端点と説明板 南端点の一等三角点「座間村」 南端点の一等三角点「座間村」 三角点の脇にある国土地理院の説明板
 相模野基線南端点  南端点のある住宅(医院) 南端点と説明板    一等三角点「座間村」  一等三角点「座間村」 国土地理院の説明板

北端は相模原市(座間)麻溝台5丁目、北里大学病院の近傍に麻溝中学校がある。 このあたりも表通りを除けば狭い路地ばかりである。 北端の「下溝村」三角点は中学校の西100mほどのところにあるが、住宅地のど真ん中にぽっかりと公園風に整備された 空き地があって、その手前に相模原市教育委員会の立てた北端点の標識があって、空き地の奧に一等三角点がある。 脇には国土地理院の北端点の説明板があってわかりやすく解説している。
 北緯35°31′52″55 東経139°24′23″12

南端点は相模原市(座間)ひばりヶ丘1丁目の、ここも狭い道路の住宅地だ。 この住宅地の中に鳥羽内科医院があり、南端「座間村」はその敷地内にあって、 狭い道路際にあるので外からも道路からも見ることが出来る。 国土地理院の説明板も三角点に並んで敷地内にあって、国の施設が民地内にあることが奇異に感じる。
 北緯35°29′24″68 東経139°26′03″35

鳶尾山

GPSによる鳶尾山トラック 鳶尾山山頂が近い 鳶尾山山頂からの相模平野の眺望 鳶尾山山頂 一等三角点「鳶尾山」 一等三角点「鳶尾山」
  鳶尾山トラック      鳶尾山山頂が近い    相模平野の眺望     鳶尾山山頂      一等三角点「鳶尾山」 一等三角点「鳶尾山」 

鳶尾山は厚木市みはる野2丁目の北東にある丘陵である。東側には中津川があって、その東側は相川町になる。 鳶尾山の三角点はかって愛川町の中学校校内に移設されたことがあり、近年元位置に再移設された。 厚木市であるにもかかわらず山頂にある大きな鳶尾山山頂標識には愛川町となっているのも、こういった経緯があってのことのようだ。
狭い道が山の山頂近くを南北に走っていて、山頂近くに車を停めて10分、良く整備された遊歩道を歩くとすぐに山頂である。 相模平野に向かって展望が開けていて、東京、横浜都心方面が見える筈である。 背後は丹沢山塊で、冬枯れの木立の間から見え隠れしていた。
一等三角点は山頂のほぼ真ん中にある。
 北緯35°30′16″720東経139°19′23″44
  (行程と登頂記録)
12月16日(水)
山名 鳶尾山(234.2m T△ 鳶尾山)
天候: 曇り
恵比寿 +++新 宿 +++ 相模大野・・・小田急相模原===
0853   0902/0911   0952/0958   1000/1005
相模野基線中間点====相模野基線北端====相模野基線南端===
 1015/1020         1045/1050      1115/1125
鳶尾山口・・・・鳶尾山・・・鳶尾山口=== 町田駅++++ 下北沢++++ 渋 谷・・・恵比寿
 1215   1225/1240   1250   1345/1350  1420/1424    1428   1515