東海道新幹線からの山岳展望

2000年2月3日開設


目      次

 *都区内からの富士山     相模平野からの富士山     相模平野からの丹沢山     小田原付近からの富士山

 小田原付近からの箱根山    三島付近からの富士山     *三島付近からの天城山    *三島〜新富士間の消え富士

 富士市からの富士山      富士市からの聖岳・赤石岳   富士市からの白峰三山     藤枝市からの南ア南部

 *安倍川付近の左車窓富士  浜松市からの富士山      浜名湖上から南ア南部の山々 *二川町からの最遠望の富士

 豊橋付近からの南ア南部   矢作川上からの中央ア・恵那山  矢作川上からの御岳    岐阜羽島先からの御岳と白山

 岐阜羽島先からの伊吹山   関ヶ原からの伊吹山      彦根先からの鈴鹿山系      野洲町付近からの近江富士

 大津手前からの比叡山     新大阪手前からの六甲山

*印は鈴木淳夫さんのホームページ「東海道新幹線車窓からの山岳展望」のページにリンク 



































新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

相模平野からの富士山

東京駅を出発する東海道新幹線は、開業以来一徹なまでにブルーと白のカラーを守っている。 そのツートンカラーのE席(普通車)D席(グリーン車)が山岳展望の特等席となる。 飛行機と違って翼があるわけでもないし、排気ガスで邪魔になることもない。1号車に向かって右窓側ならどこでも特等席である。
東京駅を出発するとしばらくは都心部をゆっくり走り、品川の八ツ山橋をトンネルで抜けると、すぐに東海道本線と別れる。 建設時のルート選定に当たって、それまであった貨物専用の品鶴線のルートを多摩川の先まで使ったためである。 品鶴線と言っても今は知る人ぞ知る。現在横須賀線が走っている東海道本線の支線のことである。
子供心にある蒸気機関車がばく進していた品鶴線を、今は新幹線がゆっくりと走っている。このこと自体が絵になる歴史である。
さて新幹線は次第に都心を離れて、環状七号線や国道1号線を越える頃から富士山や丹沢山が見えてくる。 しかし高いビルなどに遮られることおびただしく、シャッターチャンスは難しい。
多摩川では右側は秩父の山並みが遙か遠くにあって、富士・丹沢は右前方に位置して見にくい角度になってしまう。 さらに慶応義塾大学日吉キャンパスの真下(通称まむし谷 旧帝国海軍連合艦隊総司令部の地下トンネルがあった) をトンネルで抜けて鶴見川を渡る頃まではほとんど視界が無い。 間もなく新横浜、そして横浜の町並みに邪魔されながら、ようやく視界が開けてくるのは、相模平野に入ってからである。 この写真は東京駅を出発して約20分強、平塚の内陸あたりを通過しているところである。 このあたりからようやく富士(3776m)が際だって大きく見え始めるところである。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時15分頃 Sony DSC-P1)

























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

相模平野からの丹沢山

新横浜を過ぎると列車は時速200kmを越える本来の速度に達する。飛ぶように景色が入れ代わっていく。 この風景は前ページの富士山を撮ってすぐに撮った丹沢山(1673m)である。すぐと言ってもその間、 3km程度は移動してしまっている。 右正面に大きく大山(1252m)が出しゃばって見える。その左奥に名峰搭ヶ岳(1491m)が見えている。 富士山はこの左側にこじんまりと控えている、
ところでこの景色、小田原厚木道路の平塚IC付近とうり二つである。距離的にも僅かしか離れていない。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時16分頃 Sony DSC-P1)


























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

小田原駅手前からの富士山

平塚付近のいくつかの短いトンネルを過ぎると、富士山(3776m)は見え隠れしながら次第に大きくなってくる。 一方丹沢は後方に去り、酒匂川鉄橋を渡る頃には丹沢山系は遙か北に去っている。この付近の東名道は 松田ICからJR御殿場線に沿って沼津まで走っているので、新幹線とは完全に異なる景観となる。代わって小田原厚木道路が ほとんど同じ景観を呈する。
小田原駅の手前では、小田原厚木道路小田原PAと同様の端正な富士山展望を待ちかまえていたが、意外に容易に 撮ることができる。若干の雲があるがこのあたりからの富士はダントツの容姿を示すお気に入りのスポットである。

高速道路からの山岳展望−東名道からの展望 小田原厚木道路・小田原PAからの富士山

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時20分頃 Sony DSC-P1)


























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

小田原駅手前からの箱根山

小田原厚木道路小田原PAでは先の富士山と前方にそびえる箱根山が壮観である。 PAだからゆっくり落ち着いて鑑賞すればよいのだが、新幹線ではのんびりしていられない。 何しろ身を乗り出すようにおでこをつけて前方を見ないとダメだからである。 しかも箱根山がこのように見える時間は1分間に満たない。富士山にかまけているうちに取り損なうこと 請け合いである。
とにかく一発秘中のショットが偶然成功して富士山と箱根山の両方が撮れたのはラッキーと言うべきか。 迫りくる箱根山は、駒ヶ岳を真ん中に左に双子山、右に最高峰神山(1437m)を従えて、さらにその右に明神ヶ岳の緩やかな 山並みがあって、全山揃い踏みである。

高速道路からの山岳展望−東名道からの展望 小田原厚木道路・小田原PAからの箱根山

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時20分頃 Sony DSC-P1)


























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

三島付近からの富士山

小田原を過ぎるとトンネルの連続である。早川、根府川など在来線の懐かしい駅名などトンネルでスキップ、 あっと言う熱海駅を通過、来の宮を過ぎると新丹那トンネルである。 出たり入ったり繰り返しているうちに三島駅、そろそろ展望復活である。
東名道ではよく展望できる愛鷹山が、ぐんぐん通り過ぎる。そして一瞬富士山を隠す、隠れ富士を演出しそうになる。 越前岳(1504m)が突出して富士山に近寄って見える。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時35分頃 Sony DSC-P1)


























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

富士市からの富士山

愛鷹山をやり過ごすと、まもなく富士市を通過する。この製紙工場の煙突の煙が何とも腹立たしい。 越前岳(1504m)山頂から見ると、この方角だけすすけて見える。 その向こうに霊峰富士が屹立している。この場面の写真は比較的豊富にあるが、ここでは1999年1月に上り「ひかり」 から赤く染り始めた富士山(3776m)を紹介する。 この写真にはまだ山頂左の剣ヶ峰に富士山ドームが見えている。

高速道路からの山岳展望−東名道からの展望 富士川SAからの富士山

(上り新幹線 1999年01月 ひかり 16時分頃 Cannon EOS 100)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

富士市からの聖岳・赤石岳

製紙工場の煙と富士山の勇姿に気を取られているうちに右前方に白い山並みが見え隠れしてくる。 まず聖岳(3013m)、赤石岳(3120m)、そしてすぐに悪沢(3141m)、塩見(3047m)、白峰三山(3192m) まで走馬燈のように地平線の彼方を駆け抜けていく。 気がついたら新幹線は富士川の橋を疾走している。
この画像は南アルプスの見え始め、まもなく富士市の煙が終り、富士川にさしかかろうとするところで 最初に見える聖岳(3013m)と赤石岳(3120m)である。
およその位置は北緯35度09分00秒、東経138度42分54秒、新幹線が富士川鉄橋を渡る直前である。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時40分頃 Sony DSC-P1)






























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

富士市からの白峰三山

富士川鉄橋を渡ってほんの30秒ほどは富士川河口を走る。かなりの距離があるがなにしろ速度が速いからあっという間に 過ぎてしまう。この間に南アルプスが南部から北部にかけて通り過ぎていく。
この画像は丁度白峰三山(3192m)が現れた瞬間で、わずか数秒足らずで通り過ぎて行く。
カシミールにて後日位置確認を行ったが、その結果は、 およその位置は北緯35度08分14秒、東経138度39分23秒、新幹線が富士川鉄橋を渡ってすぐの地点である。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時41分頃 Sony DSC-P1)





























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

藤枝市からの南ア南部

まもなく静岡駅を通過、市街通過中からも南アルプスがよく見えている。 主として南部の山々だが、ビルに遮られてシャッターを押すことはほとんど不可能だ。
市街地をやり過ごしてしばらくすると藤枝市、東名道と新幹線がクロスするところがある。 この画像はそのクロス地点から灼く3km過ぎたところ、後日のカシミールによる検証にて地点確認ができた。
このあたりからは南アルプス南部の悪沢岳(3141m)から光岳(2591m)までの山々が全部見えるようだ。 当日は悪沢、赤石(3120m)に若干の雲が懸かり、写真からは山頂部が確認できなかったが、カシミール画像では よく見える地点であることが確認された。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 09時45分頃 Sony DSC-P1)




























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

浜松市からの富士山

藤枝市からは新幹線は東名道の山側を走り、この間比較的展望が開ける東名道に対し、 掛川で東名道と再びクロスするまで、あまり展望は無い。
この付近では遙か右数km先に「茶」と刈り取った斜面の茶畑があって、何とか撮影を試みたがうまくいかない。 このあたりを走る東名道から見えるように作ったものと思われる。 時あたかも東京駅を出発して、ジャスト1時間後を示していた。
浜松に向けて新幹線は海岸沿いにルートを移し、東名道とは対照的に展望が大きく開けてくる。 浜松駅からも富士山や南アルプスが見えているが、この画像は浜松駅を通過してすぐに撮った 富士山(3776m)だ。右後方にあって窓ガラスの一杯に身を乗り出しての不安定な撮影に、富士山がうまく収まらない 結果に終わった。

(下り新幹線 1999年12月 のぞみ7号 Cannon EOS100 200mm 自動モード)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

浜名湖上から南ア南部の山々

この日は冬晴れ、しかし南アルプス南部の山々に雪雲がかかるほどの季節風の吹き出しで、 静岡と浜松の間から雲が多くなり、ここ浜名湖でも南アルプス方面は雲に閉ざされていた。
しかしこの風景はいつも美しい。東名道浜名湖SAも美しいが、東名道では南アルプスは見ることができない。 それに引き替え、ここからは南ア南部の山々が一望される。

(下り新幹線 2002年01月29日 のぞみ7号 10時10分頃 Sony DSC-P1)

この写真は1998年12月に同じ「のぞみ7号」にて撮った写真である。 上の写真の場所を過ぎるとすぐに浜名湖に沿って走るが、この写真は障害物の少ない、 浜名湖に沿って走っているときに撮ったものである。

(下り新幹線 1999年12月 のぞみ7号 Cannon EOS100 200mm 自動モード)

         
<戻る>




























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

豊橋付近からの南アルプス南部

この日は豊橋駅通過は雪の降る中、真っ黒な雪雲に覆われて視界は最悪であった。 よほどの季節風の吹き出し、車内の電光表示板が名古屋〜京都間で雪のため徐行運転中と知らせている。
この写真は1999年12月のもの、場所が定かでないが、浜名湖を過ぎてしばらくは山中にはいるが豊橋市前後で再び開ける。 JR飯田線が豊橋から辰野まで走っているように、 この方角に開けているから南アルプス南部の山々がここからも見えている。
この写真は1999年12月のもの、この方角からは雪雲が覆っていた。

(下り新幹線 1999年12月 のぞみ7号  Cannon EOS100 200mm 自動モード)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

矢作川上からの中央ア・恵那山

豊橋からは再び山中に入り、三河安城に近くなると、ようやく大きく開けてくる。 ここから名古屋を経て伊吹山系まで、車窓は大きく開けて超遠望の大展望が期待できるところだ。 しかし、この日は雪こそやんだものに黒い雲に覆われて、展望どころではなかった。
この写真は1999年12月のもの、丁度矢作川を通過したところで撮ったものだが、恵那山(2191m)が鍋蓋を被せたように見えていて、 その左に中央アルプス(2956m)の山々が、右には南アルプスの前衛の山々が白く見えているのが写っている。

高速道路からの山岳展望−東名道からの展望 上郷SA手前からの恵那山

(下り新幹線 1999年12月 のぞみ7号  Cannon EOS100 300mm 自動モード)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

矢作川上からの御岳

大きく開けた矢作川上からは遠く御岳(3056m)も見えている。
このあたりから御岳が見えることを、新幹線から発見したのは1999年12月、しかし画像にとらえることができないまま、 となっている。 この写真は東名道の上郷SA手前の矢作川上で撮ったもので、新幹線殻は7〜8kmほど上流に当たる。
新幹線からは前山がもっと低く、御岳がより裾野から見えるはずだ。

(上郷SA手前 2000年1月下旬12時15分 Cannon EOS100 300mm F11 1/350)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

岐阜羽島先からの御岳と白山

名古屋市は東京と同様、望岳都市である。遠く北アルプスから御岳、中央アルプス、恵那山、 白山、伊吹山系、鈴鹿、大峰山系などが超高層ビルから遠望できる。 早く名古屋在住の方からの全容が公開して欲しいものだ。
新幹線も伊吹山系に近づくまで大きく開けた平野部を走り、御岳(3056m)や白山(2702m)が遠望されることとなる。
この日は雪のため徐行を強いられるほどの雪が降り、とても展望どころではなかったが、1999年12月に撮影した御岳と 2000年4月に名神道から撮影した白山を紹介する。
なおこの付近は新幹線と東名道が交錯して走っていて、御岳の写真は名神道として「名神道からの山岳展望にアップしているが、 実際はすぐそばを走る新幹線から捉えたものである。 また白山は1999年12月に新幹線から見えることを確認して、その後名神道から捉えたもの、やはりすぐ脇を新幹線が 走っている。
この付近からは白い山が3座、右前方に能郷白山(1617m)、右に白山、右後方に御岳と、この超遠望の3座の姿は忘れられない。

(左 岐阜羽島先1999年12月09時45分 Cannon EOS100 300mm F11 1/500)
(右 名神道岐阜羽島IC付近 2000年4月 09時15分 Cannon EOS100 300mm F11 1/500)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

岐阜羽島からの伊吹山

この画像も2000年4月に名神道から撮ったものだ。 岐阜羽島のすぐ先で名神道と新幹線がクロスする場所がある。 名神道から伊吹山(1377m)を撮るときにねらってこの地点を選んだところ、そこへ偶然新幹線が通過していった。 高速道路と新幹線と一挙両得の取材写真となった次第である。

(名神道岐阜羽島IC付近 2000年4月 09時20分 Cannon EOS100 300mm F11 1/500)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

関ヶ原からの伊吹山

関ヶ原を疾走する新幹線からの伊吹山(1377m)ほど、山の近くを走る新幹線は無いだろう。 高くもない伊吹山だが、その仰角が大変大きい。
この日は新幹線は雪で160km徐行運転、これほど近い伊吹山さえ全く見えることのない視界だが、 ひとたび晴れればその姿に圧倒される。 この伊吹山は、2001年6月3日、快晴の大台ヶ原と八経ヶ岳の登頂を果たし、おまけに畝傍山に登って奈良盆地を一望して、 意気揚々と帰京する時、従って上り「ひかり」から撮ったものである。 この緑滴る季節に伊吹山がこれほどクリアに見えることも珍しい。

(上り新幹線 関ヶ原付近 2001年6月4日 ひかり号 10時30分頃 Sony DSC-P1)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

彦根先からの鈴鹿山系

新幹線はまだ徐行運転中である。天候はこのあたりから少し回復してくる。 大垣から彦根にかけては、東海道新幹線では珍しい左車窓に山岳展望のあるところだ。鈴鹿山系が 綿々と続いている北側の、伊吹山とのわずかな関ヶ原の平野部を新幹線も東名道も在来線も走っている。
この写真は彦根から5kmほど走ったところから車窓左側から撮ったもの、勿論当日でなく1999年12月に捉えたものである。 雨乞岳(1238m)が写っているが、ねらって撮ったわけではない。

(彦根先 1999年12月11時00分頃 Cannon EOS100 50mm F11 1/250)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

野洲町付近からの三上山(近江富士) 

新幹線は右に琵琶湖越の比叡山を見ながら南下する。左には三上山がすぐ近くに迫ってくる。 三上山は標高432m、低山であるが琵琶湖のほとりに突出して美しいコニーデ型の山容を見ることができる。 別名近江富士、俵藤太(藤原秀郷)のムカデ退治伝説の舞台でもある。

(上り新幹線 野洲町付近 2003年06月28日 ひかり号 16時50分頃 Sony DSC-P1)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

大津手前からの比叡山

京都に近づくとようやく天候も少し回復してくる。琵琶湖を右に見る、といっても新幹線からは湖面が見えるわけではない。 琵琶湖を感じるのは、その向こうに比叡山などが見えてくるからだ。 ここは大津に近い琵琶湖東岸、左端の比叡山(848m)が次第に近づいてくるところだ。

(下り新幹線 大津付近 2002年01月29日 のぞみ7号 11時05分頃 Sony DSC-P1)



























新幹線からの山岳展望−東海道新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

新大阪手前からの六甲山

京都を出発すると一路新大阪に南下する。しばらくは後方に比叡山を見送り、右車窓に近くの山を見ながら、 まもなく右前方が開けてくる。遙かに六甲山(931m)が望めるようになる。 新大阪到着10分前の時刻を示している。
そして列車は無事新大阪に到着する。乗車した列車は博多行きだから、ここからは山陽新幹線となって、さらに西下する。 六甲山は山岳展望の乏しい大阪の町から見える身近な山である。 その六甲山を見ながら東海道新幹線からの展望の山旅は終了する。

(下り新幹線 新大阪手前 2002年01月29日 のぞみ7号 11時17分頃 Sony DSC-P1)

大阪市内から六甲山と満月

この写真は珍しい写真、12月の日の出の遅い朝、ホテルの窓から見た光景、満月が六甲山に沈もうとしている。

(大阪中之島付近 12月下旬 7時00分 100mm F4 1/60)