東北新幹線からの山岳展望

2003年11月14日開設


目      次

 大宮付近からの富士山     大宮付近からの秩父の山々     大宮付近からの仙ノ倉岳     久喜付近からの筑波山

 小山付近からの八ヶ岳       宇都宮付近からの日光連山     宇都宮先からの高原山      那須塩原先からの大佐飛山

 那須塩原先からの那須連山   那須塩原先からの八溝山       新白河駅からの磐梯山      *端正な三角形の蓬田岳

富士山の見える日山と麓山   郡山南からの磐梯山        *阿武隈山地最高峰の大滝根山  郡山北からの安達太良山

 福島からの吾妻連峰      *荒船山に似ている霊山      *地元では馴染みの半田山    *双耳峰が特徴の青麻山

 白石蔵王北からの蔵王連峰  *宮城・山形県境の山々      *仙台駅近くから見える山々    仙台北からの泉ヶ岳

古川南からの船形連峰    一関付近からの栗駒山       水沢江刺北からの焼石岳      新花巻からの早池峰山

 盛岡駅からの秋田駒ヶ岳   盛岡付近からの岩手山       *岩手山と相対する姫神山


*印はTYFさんのホームページ東北新幹線車窓からの眺め

(参考)鈴木淳夫さんのホームページ「東北新幹線車窓からの山岳展望」



































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

大宮付近からの富士山

東京駅を出発する東北新幹線のレールの上には上越、長野新幹線と共に、山形、秋田新幹線などの色々な種類と デザインの車両が走り、楽しませてくれる。
東北新幹線は東京駅を出るとすぐに地下に潜って上野駅に着く。やがて地上に出ると赤羽駅を高架で通過する。 建物に見え隠れしながら富士山が見えてくる。まもなく国道17号線と交錯しながら戸田橋の上を荒川を渡って埼玉県に入る。 このあたりからの富士山は丹沢山塊の北から外れるため麓から驚くほど大きく見える。 丹沢、秩父、時として上越国境の山々も見えてくる。
赤羽から大宮までは埼京線のレールと同じである。と言うより東北新幹線を建設する条件として、 当時から住宅密集地であったルートに通勤新鮮を建設する事となり、それが今の埼京線である。
東北新幹線の場合は、筑波山、八溝山、早池峰山など一部の山を覗いて左側、つまりE席が上下線とも山岳展望の特等席となる。 飛行機と違って翼があるわけでもないし、排気ガスで邪魔になることもない。1号車に向かって右窓側ならどこでも特等席である。
遠ざかる富士、東北から上ってくると、大宮付近から誰にでも富士山が見えてくる。 このことで東京が近いことを教えてくれる。

(下り新幹線 大宮付近 2002年02月09日 やまびこ号 09時頃 Sony DSC-P1)

「東京からの山岳展望」(戸田からの富士−戸田橋付近荒川土手より)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」

























新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

大宮付近からの秩父の山々

秩父の山並みは荒川を渡るころから西の地平線に延々と見える。 そして遠く小山あたりまで展望できる。
秩父の山々は気象条件が良いのと距離が近いのとで展望頻度が高い。 勿論丹沢、時として箱根山から富士山、そして大菩薩連嶺、 雲取山や甲武信岳、両神山、武甲山などが延々と連なっている。 そして稀には浅間山や草津白根山、横手山、遠く白砂山や苗場山までが見えてくる。 赤城、榛名の上州の山々もよく見える。

「東京からの山岳展望」(雲取山・甲武信岳-恵比寿ガーデンプレースより)

(下り新幹線 大宮付近 2002年02月09日 やまびこ号 09時頃 Sony DSC-P1)

































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

大宮付近からの仙ノ倉岳

上越国境は滅多なことでは姿を現さない。この日は遙かに国境の山々が見えていて中でも距離的に近い 仙ノ倉岳が遙かに赤城の左裾に見えていた。

「東京からの展望」(上信越国境の遥かなる山々−谷川連峰)

(下り新幹線 大宮付近 2002年02月09日 やまびこ号 09時頃 Sony DSC-P1)































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

久喜付近からの筑波山

大宮を過ぎると上越新幹線が左へ分かれて、いよいよみちのくへ一路ひた走る。 大宮までは速度をゆるめていた列車も速度を上げる。
筑波山は東北市幹線では例外的に右に見える山である。 阿武隈山脈自体が八溝山まで新幹線の右側にあるからだ。 荒川を渡るころから遠く宇都宮付近まで見えるのだが、この877mの双耳峰は小山付近まで行くと、 双耳峰が重なって一つに見える。この写真はまだ双耳に見える位置から撮ったもので、 山容から撮った位置のおよその方角が分かる山である。

(下り新幹線 大宮〜小山付近 2002年02月09日 やまびこ号 09時頃 Sony DSC-P1)

「東北・盤越・山形・秋田自動車道からの山岳展望 」(渡良瀬橋からの筑波山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

小山付近からの八ヶ岳

小山付近からは八ヶ岳が見えるという。 残念ながらまだ捉えられずにいるが、 東北道佐野藤岡IC付近 で八ヶ岳、両神山、浅間山を捉えているので紹介しておこう。

(東北道佐野藤岡IC付近 左 4月上旬7時45分 300mm F11 1/500)

「東北道からの山岳展望(佐野藤岡IC付近からの両神山・浅間山・八ヶ岳)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」

































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

宇都宮付近からの日光連山

日光は都内からも見えているが新幹線からは列車の左進行方向となって身を乗り出すようになる。 小山付近から大きく見え始めるが、宇都宮付近では男体山が奥白根山を隠したり現したりする。 その相対位置でおよその視線方向が分かるというものだ。 この写真は宇都宮駅を出てすぐ、およそ1km程度で列車の速度も十分に上がっていない。

さらに北上すると奥白根山が男体山の右に現れるが、TYFさんはその様子を鬼怒川鉄橋付近からの日光連山 として捉えている。

(下り新幹線 宇都宮 2002年02月09日 やまびこ号 10時頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望」(今市IC付近からの日光連山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」

































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

宇都宮先からの高原山

日光連山を後ろに見送ると次は高原山の出番である。 東北の山は順番に登場しては次が現れる、そんな風情が東北らしく伸びやかに感じる。
高原山は宇都宮から那須塩原に至る間の主役であるが、その山容を変えていくのが面白い。 この写真は宇都宮から約10km程度北に位置し、矢板の南5kmほどの場所のようである。

(下り新幹線 宇都宮先 2002年02月09日 やまびこ号 10時頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望」(矢板北PAからの高原山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

那須塩原先からの大佐飛山

高原山の次に現れる男鹿山塊である。 この地味な山は登山道すら整備が十分で無いと聞く。 CGと実写の姿が微妙に異なるが、およそ那須塩原の10kmほど先であると思われる。

(上り新幹線 那須塩原先 2003年11月04日 やまびこ号 15時頃 Sony DSC-P1)


TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

那須塩原先からの那須連山

男鹿山塊が那須連山の背後に隠れる北の端に、噴煙を上げた茶臼岳を中央にした那須連山が見えてくる。 那須塩原から新白河にかけてはこの那須連山の山容の変化を楽しむ展望の旅となる。
山容が最も映えるのは正面から見る黒磯付近であり、およそ那須塩原を通過してまもなく、 と言うところである。撮影したおよその場所は那須塩原駅を過ぎて那須町の北2kmほどのところと推定される。

(上り新幹線 那須塩原先 2003年11月04日 やまびこ号 15時頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望 」(那須高原SAからの那須連峰)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

那須塩原先からの八溝山

左車窓に次々と出現する名山に目を奪われている内に、右側にはなだらかな阿武隈山脈がみえてくる。 福島県と茨城県の県境にある八溝山は茨城県の最高峰であり、東京からも見える山である。
この写真を撮影した場所は那須塩原駅を過ぎて那須町の北5kmほどのところと推定される。

(下り新幹線 那須塩原先 2002年02月09日 やまびこ号 10時頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望 」(那須高原SAからの八溝山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

新白河駅からの磐梯山

新白河駅前後のほんの僅かな区間で磐梯山が見えることは以前から知られていた。しかし駅舎に遮られて 見えていても通過列車から撮ることは大変困難だった。
今回は新白河駅下車と言う願ってもない時に展望のチャンスを得て、駅舎の窓から撮ったものである。 ただしカメラがコンパクトデジカメだった。

(下り新幹線 新白河駅 2005年04月14日 やまびこ号 08時13分 Canon IXYD500 P)

「東北道からの山岳展望 」(那須高原SAからの八溝山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

郡山南からの磐梯山

東北新幹線から磐梯山が見える場所は郡山駅前後であるが、新白河駅付近からも 見えることをTYFさんが確認している。
郡山付近では郡山駅のかなり南から駅を過ぎて北に至る間で見ることが出来るが、 櫛ヶ峰も含めて双耳峰に見えるのは、ここ郡山駅南6km付近である。
なお東北道では鏡石PA付近からも見えるので、東北道より東側を走る新幹線からも この視線方向から見える筈であり、TYFさんの第3の「見える地点」はこの付近と推定される。

(上り新幹線 郡山南6km付近 2003年11月04日 やまびこ号 14時30分頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望 」(鏡石PAからの磐梯山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

郡山北からの安達太良山

関東と東北を分ける「白河の関」は新白河駅の南8km、現在の国道294号線の県境にその関所跡がある。 そしてここを通過するといよいよ陸奥の国、最初に迎えてくれる山が安達太良山である。 智恵子抄で有名なこの山はその優雅な山容で魅了する。
しかし優雅な山容を見せるのは写真の視線方向だけで、福島に近い方向や会津からは、沼ノ平爆裂孔の火口壁が 見えて異様な姿を見せている。
写真の地点は郡山の北10km付近、白沢村の南3kmほどと推定され、安達太良神社はこの視線方向にあって、 この秀麗な安達太良山を見るこの地に山頂から神社を移し、地名を本宮としたと言われている。

(上り新幹線 郡山北9km付近 2003年11月04日 やまびこ号 14時頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望 」(安達太良SAからの安達太良山)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

福島からの吾妻連峰

安達太良山の山容の変化を楽しみながらいくつかのトンネルを過ぎると、 主役が入れ替わって左に吾妻連峰が大きく見えてくる。 福島駅前後では吾妻山の東端が大きく、なかでも一切経山が迫ってくる。 吾妻小富士は東吾妻山と重なっている。

(上り新幹線 福島北3km付近 2003年11月04日 やまびこ号 14時頃 Sony DSC-P1)

「東北道からの山岳展望 」(福島西ICからの吾妻連峰)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

白石蔵王北からの蔵王連峰

福島を出ると国見峠の長いトンネルを抜けて白石に至る。南蔵王が大きく見えてくる。 白石蔵王を過ぎると仙台までトンネルの連続、その僅かな間隙を縫って見るのが南蔵王から中央蔵王、北蔵王である。
この写真は白石蔵王北15km付近、村田蔵王付近と思われる。

(下り新幹線 白石蔵王北15km付近 1997年05月16日 やまびこ号 08時頃 Cannon EOS100)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

仙台北からの泉ヶ岳

蔵王は仙台に近づくと愛宕山やビル群に遮られる。広瀬川を渡るとまもなく仙台駅に到着する。 さすがに杜の都だけあって緑が多い。その仙台を発車すてまもなく左手に見えてくる山が泉ヶ岳である。 角度によっては船形山も見える。

(下り新幹線 仙台王北6km付近 1997年05月16日 やまびこ号 08時頃 Cannon EOS100)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

一関付近からの栗駒山

仙台からは船形山の峰の連なりを見ていると、やがて栗駒山が前方左側に見えてくる。 くりこま高原駅から一関にかけてはこの秀麗な東北の名山の山容が微妙に変化して楽しませてくれる。

(上り新幹線 一関付近 1997年05月16日 やまびこ号 18時00分頃 Cannon EOS100)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」

久しぶりに仙台以北の新幹線で晴れた。 上り「はやて」から一関駅直前の市街の上に見える栗駒山を捉えた。

(上り新幹線 一関付近 2007年07月08日 はやて号 11時04分頃 Cannon IXY 900IS)
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

水沢江刺北からの焼石岳

栗駒山を見ながら走っていくとまもなく水沢江刺である。左車窓はいつの間にか焼石岳から駒ヶ岳の峰々に 変わっている。花で名高い東北の名山である。

(下り新幹線 水沢江刺北15km 1997年05月16日 やまびこ号 08時30分頃 Cannon EOS100)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」

久しぶりに仙台以北の新幹線で晴れた。 上り「はやて」から水沢江刺北付近で焼石岳を捉えた。

(上り新幹線 水沢江刺付近 2007年07月08日 はやて号 10時56分頃 Cannon IXY 900IS)
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

新花巻からの早池峰山

水沢江刺を過ぎると右車窓から遙かに早池峰山が望まれるようになる。
この写真は新幹線から未だ取り損なっているため、取りあえず東北道花巻ICから撮ったものであり、 カシミールによる画像(新花巻駅から)とは前山が異なっている。

(東北道花巻IC  1997年05月16日 14時30分頃 Cannon EOS100)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

盛岡駅からの秋田駒ヶ岳

盛岡駅を降りて跨線橋から覗いて撮った写真、意識しないで撮った写真だが秋田駒ヶ岳が 写っている。この右手に岩手山がある。

(盛岡駅  1997年05月16日 09時20分頃 Cannon EOS100)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」

久しぶりに仙台以北の新幹線で晴れた。 上り「はやて」から盛岡駅を出た直後秋田駒ヶ岳を捉えた。

(上り新幹線 盛岡付近 2007年07月08日 はやて号 10時43分頃 Cannon IXY 900IS)
































新幹線からの山岳展望−東北新幹線


もくじへ  もどる  つぎへ

盛岡付近からの岩手山

岩手山は新花巻を過ぎると左手に見えてくる。そして盛岡付近では大きく前方に南部片富士の 名の通り秀麗な姿を見せている。

(盛岡付近  2007年07月08日 10時44分頃 Cannon IXY900IS)

TYFさんのホームページ「東北新幹線車窓からの眺め」