[恵比寿ガーデンプレースから志賀高原の山々]

<戻る>


横手山や志賀山は、群馬に国境を接する長野の一大リゾートである志賀高原の山々だ。そしてその群馬側にあるのが観光地で 名高い草津白根山だ。恵比寿からは約160Km、東京から、しかも東京北部ならいざ知らず、恵比寿から 見えるとは、文献にも見当たらない。この日は、朝方季節風が吹き止み、日の出と共に、上信越国境の山々が浅間山から 苗場山まで全山が浮かび上がり、 30分後には東京の社会活動が始まって、分厚いスモッグが次第にせりあがって白い山々をその中に飲み込んでいった。 時あたかも、長野オリンピック開催前日のことだった。 この写真では、上信越国境の山々の内、本白根山・草津白根山・横手山・志賀山・岩菅山など志賀高原の主な山々が いっせいに顔をそろえているのが良くわかる。
このような条件に恵まれる機会は1年に1,2回、それも長くて30分程度、そう言うチャンスに超高層ビルにいてカメラを構えて いなければならない。 だからこれだけの写真が撮れる機会がまたあるのだろうか。

<戻る>