古い恵比寿の風景


恵比寿・・・今は都心でも有数の商業地であり、隣接して渋谷・代官山・六本木があって、 繁華街として相互作用を起こしながら東京山の手の顔の一つを作り出している。 しかしその恵比寿はほんの少し前までは東京でも静かでマイナーな場所であった。
恵比寿が繁栄しだしたのは1994年に恵比寿ガーデンプレースが開業してからの事であり、 その後は僅か10年間足らずで今日の都心を代表する町に変貌を遂げたのである。
その古き静かな恵比寿の風景を撮った数枚の写真が、このほど三井住友銀行恵比寿支店 の書庫から発見され、支店長の計らいで2階ロビーに展示された。 写真は合計7枚、1955年前後の撮影と見られ、63型電車やD51、バラック駅舎、 日本麦酒恵比寿工場など、筆者の高校・大学時代の思い出の写真ばかりであった。 そこでこれらの写真をweb上でも紹介したいと、三井住友銀行恵比寿支店に 了解を求めたところ、快くご了解をいただいた。 松田支店長のご好意に深く感謝いたします。

恵比寿についての解 説
恵比寿の道しるべ 2003年12月07日撮影  
恵比寿の富士塚 2003年12月07日撮影  
恵比寿の古い地図 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
恵比寿駅西口の古い写真1 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
恵比寿駅西口の古い写真2 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
恵比寿駅西口の古い写真3 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
日本麦酒(株)恵比寿工場の空撮写真 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
日本麦酒(株)恵比寿工場の写真1 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
日本麦酒(株)恵比寿工場の写真2 2004年08月18日複写 SMBC恵比寿支店所有 
今の恵比寿ガーデンプレース 2004年08月18日撮影  

2005年10月にいたり、このページを訪問された益子町にお住まいの山崎元樹氏から多くのご助言を頂いた。 山崎氏は私は昭和25年(1950)〜昭和40年まで恵比寿にお住まいで、古い恵比寿には特段の愛着をお持ちの 方である。
山崎氏が時代考証の手がかりとして示された出典は昭和37年11月18日東京都渋谷区立長谷戸小学校 創立50周年記念事業実行委員会発行の冊子であった。
これによれば
昭和20年5月23日 恵比寿地区空爆−我が家の自宅、長谷戸小学校、恵比寿駅舎の焼失
昭和27年4月 恵比寿新駅舎、駅前広場完成
昭和34年10月日本住宅公団初のアパート竣工
昭和39年12月都電G番中目黒〜築地線廃止(都電移管以前は東急中目黒線)

掲載の写真に拘わる年代は上記の通りである。 記憶に辿っていた記述が明確となり、出典を提供して頂いた山崎氏の ご厚意に深く感謝いたします。































解 説−古い恵比寿の風景

恵比寿は、古くは豊玉郡渋谷村字下渋谷と言われていた土地である。 江戸時代には小規模な渋谷広尾町の町並みがあった程度で大変寂しいところと言われている。
東京市制が布かれた大正時代にあっても、現在の渋谷区は豊玉郡渋谷町であったと記されている。
恵比寿には江戸時代大変賑わった目黒不動尊への不動尊道、大山不動尊へ行くための大山街道、 さらにはこれも賑わったであろう祐天寺への「ゆうてんじ道」への道しるべが現存している。 代官山から目黒川に下る急坂は寂しい峠道であり、夜な夜な追い剥ぎが出没したと見られていて、 この地で命を落とした人を供養する庚申塚もある。そして道しるべは交通安全祈願の意味も込めら れて、旅人を勇気づけていたようだ。
現在では交通量が激しく常時渋滞する近隣の目黒通りの権ノ助坂は追い剥ぎの名前そのものであり、 玉川通り、つまり国道246号線の道玄坂は追い剥ぎとして出没した道玄和尚の名前である。 権ノ助坂は目黒不動尊への街道、道玄坂は大山街道そのものであり、恵比寿付近はその 間道に相当する。
明治中期の山手線開業当初、エビスビールの出荷駅として貨物駅が、今のガーデンプレースの 線路際に開業した。その後旅客駅として今の位置に移設されたが、長い歴史の中で 渋谷駅の繁栄とは裏腹に、山の手沿線では取り残された存在だった。
「恵比寿」とは当地の地名ではなく、駅周辺は長谷戸、景丘、向山などと称されていた。 しかし周辺の地名とは無関係に、駅の発祥の経緯から国鉄では全国唯一の民間会社の名前が 駅名に採用された駅となった。その後地番変更によって恵比寿、広尾の名前が広く使われる ようになり、我が家も「山下町」から「恵比寿」に地番変更となった。従って恵比寿を語るとき、 ビール会社とは切っても切れない関係にある。
東急東横線が代官山で不自然に急カーブして渋谷駅に至っている。明治生まれの父の話では、 東横線は当初恵比寿を発着する計画だったという。地元の猛反対にやむなく渋谷駅を始発駅 にしたという。父も反対の急先鋒だったという。そして渋谷は狭い谷にひしめくように繁栄し、 一方恵比寿は取り残された存在になっていったと言う。
1960年代の前半になって地下鉄日比谷線が開通し、東横線のつけがっようやく解消、横浜、 銀座方面のアクセスが便利になったが、恩恵にあずかって繁栄したのは代官山や六本木であり、 恵比寿は相変わらず取り残されたままであった。

長い間埋没してきた恵比寿が劇的に脚光を浴びたのは、恵比寿ガーデンプレースの出現であった。
サッポロビールの工場跡地が再開発されて現在の恵比寿ガーデンプレースに生まれ変わったのが 1994年、一躍東京の新名所となり、ヨーロッパ調の大人の町は高名なフランスレストランや、 高級ホテル、有名デパートの参入により、多くの行楽客を引きつけるようになった。加えてオフィス タワーには景気低迷のさなかに大手町・丸の内から”避難”してきた多くの一流企業の多くが入り、 これが口コミに拍車をかける結果となった。

東北・上越新幹線の大宮〜上野間の建設は多難を極める用地交渉があった。 国は住宅密集地での新幹線建設と引き替えに大宮〜赤羽間に通勤新線の併設を地元と約束した。
一方、赤羽〜池袋間の赤羽線や池袋〜渋谷間の通勤時の混雑度合いは230%とも言われ、 何らかの手を打つ必要に迫られていた。
池袋〜大崎〜品川・大井町間には古くから山の手貨物線は走っている。武蔵野線開業までは 西日本と東日本を結ぶ貨物の大動脈であったルートである。貨物の大動脈を都心迂回させる目的 で建設された武蔵野線は、その後の貨物輸送の衰退や、沿線の宅地開発などによって旅客路線の ウエイトが高まったが、それでも当初の機能は現在でも保っている。
その結果、山手貨物線は予備線として機能に止まってかっての大動脈は遊んでいた。 埼玉南部の通勤新線の建設は、山手貨物線の再活用に大きな転機を与えた。 大宮から赤羽を経て、池袋〜新宿〜渋谷まで直通化すればいくつかの課題が一挙に解決するからである。 しかし渋谷駅にはホームを建設するスペースがなく、やむなく山手線ホームとはかけ離れた恵比寿寄り の貨物駅に旅客用のホームを造らざるを得なかった。 一方恵比寿駅は山手線ホームのところで貨物線恵比寿駅に入るための分岐線がいくつかあって その幅広いスペースのため横一線にホームが出来た。そして大宮方面への新線は「埼京線」 と名乗って恵比寿始発の路線が出現し、恵比寿から大宮方面のアクセスは大幅に改善され、 大宮方面からの通勤客や行楽客が大幅に増加した。
さらに国鉄から事業を引き継いだ「りんかい線」の建設が臨海部で進んでいた。 「りんかい線」はもともと国鉄が東京臨海部の埠頭を総武線や東海道線に直結させるために 計画された貨物専用線であったが、鉄道貨物の衰退によって建設理由が消滅した。 代わって浮上したのが臨海部の再開発で、そのアクセスは不便で東京都も新アクセスを熱望していた。 国鉄から東京都の第三セクターに引き継いだ事業は景気後退の中でルートを大井町〜大崎に接続するよ う変更した上で建設が進められた。そして2002年初頭に京葉線新木場〜大崎間が、りんかい線として 開業し、臨海部へのアクセスが大幅に向上した。
埼京線はりんかい線の開業に合わせて、恵比寿から大崎〜新木場まで相互乗り入れが完成し、川越〜 新宿〜恵比寿〜新木場までが一本の路線で繋がり、京葉方面からのアクセスが大幅に改善された。
東北・上越新幹線の上野〜東京間の工事は、この間を結ぶ在来線の線路を潰して建設された。 それまでは高崎線や東北本線がそのまま東海道本線に乗り入れ、前橋発島田行きなどの列車 には度々乗車したものである。
しかし新幹線の開業と引き換えに、神奈川・静岡と埼玉・群馬・栃木方面を直結する ルートは東京駅経由では失われることになった。当初の構想であった新幹線の直通運転も 国鉄分割によって果たせなくなった。
一方、山の手側は従来から赤羽〜駒込〜池袋〜大崎〜大井町・品川を結ぶ貨物線があって、 池袋〜大崎間は埼京線が、赤羽〜駒込〜池袋間は池袋始発の高崎線・東北線が開業していた。 このルートを全面的に活用して、山手線経由の南北縦断の中距離路線を開拓したのが、 「湘南新宿ライン」の開業である。 この画期的な開業は、東横線(山の手沿線〜横浜)や小田急線(山の手沿線から藤沢・小田原) の独占を脅かすこととなり、一方小山、熊谷方面は新幹線利用より早くなった。
こうして恵比寿は、日比谷線を合わせて四通八達した交通の要となり、現在の繁栄を獲得した。 この間僅か10年、新幹線建設や臨海部再開発、山手線の混雑など当地に関わりのない 諸事情によって、飛躍的に向上したアクセス、それを見込んだサッポロビールの再開発、 JRの駅ビル再開発などが相乗効果を生んで今日に至ったものであり、古い住民としては、 あれよおあれよの発展ぶりに驚きと戸惑いを感じつつ利便性を享受し、古き恵比寿を懐かしむ、 複雑な心境でもある。

古き良き恵比寿・・・三井住友銀行恵比寿支店松田支店長から、「自社内の書庫から 古い写真が出てきたのでロビーに飾った」と言う知らせが入ったのは2004年2月であった。 早速拝見したところが7枚の写真と旧仮名遣いの恵比寿駅周辺の地図であった。
三井住友銀行は恵比寿に支店を構えたのは大変早く昭和25年9月、当時は帝国銀行と 称していた筈だが、今の地のはす向かいの地に開業した。私には勿論その記憶もあり、 今の場所に移転する前の場所は、地元衣料品店だったことも記憶している。 1954年1月三井銀行に復称、その後の幾多の変遷があって、今日の三井住友銀行となっているが その間50年間変わらず駅前を見続けてきた。写真の入手経路は全く不明、当時の行員が撮ったと しても不自然ではなく、また顧客から提供された写真とも理解しうるものもある。
写真は航空写真が1枚、これには恵比寿のビール工場が空撮されている。 そして恵比寿駅西口の写真が4枚、そしてビール会社周辺の写真が2枚あった。
いずれも私の高校大学時代のかなりはっきりした記憶の世界であり、大変懐かしいものである。 古地図は、旧仮名遣いの他、記憶にある手がかりから昭和初期、1930年前後のものと思われる。 写真は記憶の手がかりから昭和30年前後、1955年前後のものと推定され、半世紀を経た今日、 もはや昔の恵比寿を語る人も少なく、また面影を残すものもなく、それほどまでに一変し た恵比寿である。
このたびこの写真をもとに郷土の昔を思い起こしホームページに掲載する事としたが、 掲載に当たり三井住友銀行松田支店長の心良きご了解に心から謝意を申し上げる次第である。

<目次へ戻る>































恵比寿の道しるべ

恵比寿駅から南へ300m、恵比寿南3丁目10番地先の別所通りに面したところに道しるべがある。 位置から見て、多分移設されたものと思われるが、説明板にあるように江戸時代中期の1779年 施設されたもののようである。
碑の左側に「ゆうてんじみち」、右側に「不動尊みち」とあり、 相対位置からも移設されたものと推定がつく。 目黒不動尊と祐天寺はいずれも多くの信仰を集めた江戸時代の人気の寺、この道しるべから いずれも2kmほどである。 説明板には当時の恵比寿が寂しい場所であることを説明している。

(2003年12月07日12時45分撮影)

<目次へ戻る>
































恵比寿の富士塚

東横線代官山駅の真上にあたる鑓ヶ崎交差点の近く、渋谷区と目黒区の行政区境に 元富士塚がある。地番で言えば目黒区上目黒1丁目8番地先のマンションとの敷地境、 ここにも道しるべがあって、大山街道を案内している。
恵比寿周辺は西に目黒川に落ち込む尾根筋があって、この尾根からはどこからでも富士山が 見えたようである。その尾根道は旧山手通や、恵比寿から目黒にかけて山手線に沿った通りなど であるが、今ではビルなどによってほとんど見ることが出来ない。それでも2カ所の貴重な現役”富士見坂”が 確認されている。その一方がここ元富士塚の案内板がある地点、左の写真は建物の間から見える富士山である。
富士塚自体は案内板にあるように1812年建設、その後取り壊されて碑などが上目黒氷川神社にあると言う。 駒沢通りを挟んだ南には新富士塚跡があるが、現在では案内板があるだけでその痕跡すら見ることが出来ない。
ことほど左様に恵比寿周辺は至る所で富士山を見ることが出来た場所でもある。 そして多分大気条件が良かった江戸時代には、南アルプスや上越国境の山々がが 見えたことだろう。

(左 2004年01月11日13時15分撮影) (右 2003年12月07日12時45分撮影)

<目次へ戻る>

































恵比寿の古い地図

三井住友銀行恵比寿支店の書庫にあった古い恵比寿の地図の一部である。
地図は代官山から恵比寿ガーデンプレースまで含まれる1km四方程度の大きさである。
写真はその一部であるが、旧仮名遣いの”えびす”や、右書きなどは戦前の地図を現している。
ガーデンプレースの場所は「大日本麦酒株式会社」と書かれており、社史から 1906年(明治39)〜1949年(昭和24年)の間が、大日本麦酒株式会社であり、我が国麦酒業界の 70%を占めていたと記されている。1949年に集中排除法によって分割されて日本麦酒(現サッポロビール) と朝日麦酒に分かれたことを知る人はほとんど居ない。
さらに恵比寿駅から南に伸びる”都電”(当時は”市電”?)には「玉川電鉄至中目黒」 と書いてある。
今では都電さえほとんどないので、こういう事実はもはや忘れ去られているが、現在の東急田園都市線 が路面電車で玉電と言って親しまれていた時代の初期、昭和10年代前半には渋谷からさらに渋谷橋 を経て天現寺橋まで伸びていたそうである。この話は父からよく聞いた話だが、複雑な渋谷駅構内を 今ののれん街を形成の中の東西貫通路が、かっての玉電貫通路だそうである。 そして渋谷橋から中目黒まで支線の形で伸びていたそうである。 筆者の記憶にある昭和16年前後では、これらの路線はすでに都に移管されていて、 都電として走っていて、渋谷駅構内には薄暗い通路があったことを記憶しているのみである。
余談だが、のれん街とは戦後に出来た商店街で、今ではどこのデパートにもある「デパチカ」の原型である。
さらにこの地図には我が家が載っていて、苗字を一字間違えて記載されているが、 名の方は父の名前そのものである。しかし一方では父の弟に当たる叔父の家はまだ存在していない。
また筆者の知る家もあれば、知らない路地もあって筆者の記憶の圏外であることも推察できる。 総合すれば昭和初期、1930年代の前半の地図であることが推定される。

(2004年08月19日複写)

<目次へ戻る>
































恵比寿駅西口の古い写真1

左の写真は三井住友銀行恵比寿支店の書庫にあった古い恵比寿の写真の1枚である。
右の写真は左の写真と同じ位置から同じ方角を撮った今の恵比寿である。
恵比寿駅は戦災により昭和20年(1945年)5月に駅舎を焼失した。あり合わせの材木で バラック駅舎をつくって営業を継続したのだが、それが戦後昭和27年(1952年)に新駅舎と駅前整備が成されるまで 持ちこたえる事となった。 写真はその恵比寿駅西口のバラック駅舎で、上のホームには当時の国電(省線)の主力であった63型 の電車が停車している。
この写真の正確な撮影時期は不明だが、恵比寿駅舎が戦後間もないバラック駅舎であるから昭和27年(1952年)以前 であることは間違いない。 写真にある駅名表示板の左書き、ローマ字、旧漢字、一方では冬の服装の落ち着き方、などから 終戦直後のどさくさより少し時代が下った、しかし旧漢字が使われていた、過度的な時期に当たっている。

(左 2004年08月19日複写)  (右 2004年08月19日撮影)

<目次へ戻る>
































恵比寿駅西口の古い写真2

左の写真は三井住友銀行恵比寿支店の書庫にあった古い恵比寿の写真の1枚である。 この写真を撮った位置は今三井住友銀行恵比寿支店が入っているビルの屋上からのものと推定される。 右の写真は左の写真とほぼ同じ角度の地上から同じ方角を撮った今の恵比寿である。
恵比寿駅の駅舎が写っていないが、今ある駅前広場は2代目の駅舎をつくった時期に合わせて整備 したもので、この写真ではまだ広場は未整備である。一方渋谷橋から中目黒に至る都電の線路が写って いて、中目黒線がまだ廃止される前の時代と言うことになるので、昭和27年(1952年)以前のものと 推定される。
山手線の線路上にはD51蒸気機関車が写っているが、山手線は貨物輸送では日本の東西を繋げる大動脈であったから 当時は絶えることなく貨物列車が通っていた。恵比寿駅自体も大きな貨物駅を有していたが、 恵比寿駅自体の発祥が麦酒出荷の貨物駅から始まった事を考えれば容易に理解できるものである。
山手貨物線が電化されるのは昭和30年代に入ってからの事であり、それまでは60両ほどを繋いだ貨車を引っ張るD51 蒸気機関車が汽笛をあげて、大崎から恵比寿〜代々木へ向けての勾配を、砂を巻きながら喘ぎ喘ぎ走って行き、 その振動は100mほど離れた我が家をも揺るがしたものである。

(左 2004年08月19日複写)  (右 2004年08月19日撮影)

<目次へ戻る>
































恵比寿駅西口の古い写真3



左の写真は三井住友銀行恵比寿支店の書庫にあった古い恵比寿の写真の1枚である。 この2枚は、ほぼ同じ角度から撮ったものであるが、上は銀行2階から、 下は地上から撮ったものである。 右の写真は銀行の2階から撮った同じ角度の同じ方角の今の風景である。
恵比寿駅の駅舎はバラックからコンクリート製のものに建て替えられていて、駅前広場も整備されているが、 上下の写真では年代の隔たりがあるようである。
@ 植樹帯の木が育っている(植え替えられている?) A 広場にある車の台数が増えている。  B 街路灯など下の写真ではかなり整備されてきている。  C 駅舎の背後に住宅公団の初期の団地が建っている。 D 駒沢通りをまたぐガードの脇にある 建物が建て替えられている。
などの変化が見られる。 車の台数や住宅団地があることは、明らかに下の写真が後年のものであることを示している。 さらにガードの脇の建物は、「古い恵比寿の写真2」にも写っている建物だが、 下の写真では立て替えられており、やはり下の写真は後年のものと言える。
駅舎の建て替えと駅前広場の整備は昭和27年(1952年)に完成しており、 上の写真はその直後の昭和20年代であると推定される。
また住宅公団の建物は我が国第一号のものとされていて、そ竣工は昭和34年4月とある。 ホームの背後にある公団住宅が完成していることでもあり、下の写真はそれ以降のものであることは間違いない。
ガードの角の建物は、「古い恵比寿の写真2」からは「新川」と言う店の名前が読みとれる。 この「新川」と言うのは戦後恵比寿で開業した最初の寿司屋で、若い頃は良く食べに入った店でもある。 この寿司屋は現在でも場所を変えてはいるが健在である。

(左 2004年08月19日複写)  (右 2004年08月19日撮影)

<目次へ戻る>
































日本麦酒(株)恵比寿工場の空撮写真


日本麦酒恵比寿工場が稼働していた頃の空撮写真である。この写真が何故、誰によって撮られ、どうして 銀行の書庫に眠っていたか手がかりは全くない。当時日本麦酒と帝国銀行が取引関係にあって、日本麦酒から提供された と考えるのが自然であろう。
この写真には稼働中の工場の全景が写っているほか、当時の恵比寿駅も見えている。 さらには我が家が写っていて、我が家の北側に当時はアパートを逐次建設していたのだが、 最初の1棟だけが写っている。このことから写真撮影は昭和30年(1955年)前後と推定される。 なお昭和36年には、我が家のアパートは2棟となっている。

(2004年08月19日複写)

<目次へ戻る>
































日本麦酒(株)恵比寿工場の写真1

左の写真はアメリカ橋から撮った日本麦酒恵比寿工場である。右の写真は同じ場所から同じ方角を撮った 今の風景である。ビール工場特有の煙突が写っていて稼働中であることを伺わせる。またビール搬出の引き込み線には 貨車が4台停まっている。この当時は蒸気機関車がこの引き込み線に入ってきてビールを載せた貨車を国鉄貨物駅に 待機中の貨物の列まで引っ張っていく光景がよく見られたものである。
恵比寿工場が操業終了となってからガーデンプレースとして再開発されるまでかなりの期間があった。 この間、この引き込み線に客車を持ち込んで、内部をビヤホールに仕立てて始めたのがビアステーション、 その新奇性もあって大繁盛した。今は山手線目白駅のサッポロビールにその姿を見ることが出来る。
現在ガーデンプレースの内部にあるビアステーションの名前はこのときからの引継であり、 この頃のイメージを残したビアホールが右の写真の線路際に見えている。
線路を走る山手線は恵比寿から目黒駅に向かう電車で後部が写っているが、新幹線にまで繋がる 車両設計のルーツとも言える63型の車両である。
昭和26年(1951年)4月25日に発生した桜木町事件は車両火災によって106名の死者を出す 大惨事となったが、その原因は車両間の移動が出来ないこと、窓が3分割されていて、ドア からの脱出も出来なかった事による。ドアは車掌の操作以外は開けることが出来ず、 乗客は動くことが出来ないまま大量の死者がでた大惨事であった。この事件を契機として ドアの非常コックや、脱出が出来る大きの窓への改良、車両間の移動可能型への改良などが始まり、 車両にも安全思想が導入された契機となった事件である。
63型はこの事件以来徐々に姿を消していったが、昭和30年台に入るとその数が急速に減ってきたとの記憶がある。
従ってこの写真は昭和20年後半〜30年代初頭にかけて撮った写真と推定される。

(左 2004年08月19日複写) (右 2004年08月21日撮影)

<目次へ戻る>
































日本麦酒(株)恵比寿工場の写真2

左の写真は今で言うガーデンプレースの目黒寄り、当時長者丸と言う地名はあったが今でも随所に その名残をとどめる標識があるが、その地点から撮ったビール工場とビール瓶置き場の写真である。
右の写真は同じ地点(と思われる場所)から見た同じ方角である。
左右の写真を比較して見ても、およそ同じ方角とは思えないほどの激変ぶりである。 4本の煙突の他に長い煙突があってこれに「ニッポンビール」と記されている。 煙突の手前にあるのはうず高く積まれたビール瓶の山で、我が家からは反対側に当たるため、 この風景は目にしたことのない風景である。
今、この方角にあるものは、ガーデンプレース敷地内の住宅棟、ウエステイン・ホテル、オフィスタワー、 都写真美術館などである。 工場の操業終了後、ガーデンプレース建設前の状態がどうだったか、興味の尽きない写真である。
写真の工場は、煙突に記された社名が真新しく、積まれたビール瓶の多さから操業中と判断され、 昭和24年(1949年)9月に過度経済力集中排除法の適用を受けて大日本麦酒からから日本麦酒と朝日麦酒 に分割された以降の写真であることから、前出の写真と同様、昭和20年後半〜30年代初頭にかけて 撮った写真と推定される。 あるいは同時に撮った写真かも知れないが根拠はない。

(左 2004年08月19日複写) (右 2004年08月19日撮影)

<目次へ戻る>
































今の恵比寿ガーデンプレース



かってビール工場があった跡地に再開発された恵比寿ガーデンプレースには、 ビール工場だった面影はほとんどない。ガーデンプレースの顔はヨーロッパ調に統一されたクラシックな造りと オフィスタワーである。 そして中央の大空間には大きな屋根があって様々な催しを行うことが出来る。 毎年11月からはニコライ二世がバカラに注文し、ロシア革命によって注文者を失って世界をさまよって いたシャンデリアが飾られることでも知られている。オーナーであるサッポロビールはこの地に本社を有している。
奥にはフランスの有名なレストランが入っている城のような建物もユニークな存在である。 多くの企業と多くの店舗、レストラン、美術館、映画館、有名デパート、一流ホテル、 スポーツクラブ、等が揃った大人の空間である。ビアステーションとビール博物館がある。 2003年になってアメリカ橋よりの敷地に「グラススクエア」がオープンし、 この一角が落ち着いたガラスの建物として人気のスポットとなっている。
サッポロビール本社ビルの脇にあるのが本物の煙突の上部である。 ビールの酵母菌は大気の流れを嫌うという。そこで使われたのが風を避けて回る構造の煙突で、 これがビール工場のシンボルだった。我が家からも4本の煙突が見えて、その向きによって風向きを知ったものである。
ガーデンプレースの入り口にあるのがアメリカ橋、なんの変哲もない山手線をまたぐ跨線橋だが、 歌にも歌われるようになり、ガーデンプレースが出来てからは立地的にも恵まれて、 橋のたもとで写真を撮る人を見かける。

(2004年08月19日撮影) (中央部 2003年11月17日撮影)

<目次へ戻る>