寄り道 道路元標
(1) 道路元標の多い県と少ない県
   道路元標の標石残存の多い県と少ない県があるのはどうしてだろうか?
      多い県----福島県、埼玉県、千葉県、新潟県、石川県、長野県、愛知県、京都府、
             兵庫県、奈良県
      少ない県--青森県、岩手県、山梨県、静岡県、鳥取県、徳島県、愛媛県、福岡県、
             大分県、鹿児島県
   例1----山梨県道路元標[G305]
       甲府警察署・城東通り沿いの植え込みの中に建っている標石は国道140・411号
       や甲府市川大門線などの起点・終点で、もともとは市役所南東の角にあり、当時
       は木製の柱だったとのことです。[写真集 甲府物語]
       昭和初期、移転前の木製標柱から標石(25p角地上60p)に換えられた経緯は?
      例2----群馬県中之條町道路元標[G96]の説明版
       大正8(1919)年に「道路法」が定められ、 「国道」・「府県道」・「市町村道」の名前
              が付けられました。 この時に「道路元標」を各市町村に一つを建てることを決め、
       これを起点として各市町村との距離を測りました。
       大正11年には、
         一、道路元標は石材、そのほか耐久性の材料を使ってつくること
         一、道路元標は、道路に向かうように路端に建てること
         一、特別な理由(費用がないなど)があるときは、石材などを使わなくてよい
       などのことが定められて建てられたものです。このようなことから、吾妻郡の各市
       町村では「木材」で建てられたので、郡内には「中之條町道路元標」一つだけが
       残されたといわれています。(中之条町教育委員会)
   例3----富山県の明治型標柱(木柱と石柱)
              富山県内には明治型標柱(八寸角地上壱丈)が多く残存している。 木製のままの
       状態で保持する場合は建て換えの規定(期間や費用)などがあるのであろうか?
                    木製標柱------入善[G485]、境[G486]、舟見[G789]、井波[G1467]
           石柱に換えて---浦山[G790](S19石柱に?)
   例4----明治型石柱(八寸角地上壱丈)と大正型標石(25p角地上60p)の並列
       明治型木柱がその寸法で明治型石柱に換えられ、  後設の大正型標石と並んで
              設置されていると思われるもの。
           群馬県藤岡町[G102]、三重県神戸町[G63]、宮崎県美々津町[G1439]
           宮崎県細島町[G1440]
(2) 合併後の対応は
      福島県昭和村は昭和2(1927)年11月に野尻村と大芦村が合併して成立した村である。
       大正8(1919)年11月公布の「道路施行令」によって、全国市町村に一個ずつの道
       路元標が設置されることになり、その位置は府県の知事が定めることになった。
       福島県では大正9年4月1日 福島県告示第180号で「道路元標の位置」が依命通
       牒され、それによると
           大沼郡野尻村  大字野尻字久保田2550-2 と道路との界
           大沼郡大芦村  大字喰丸字三島2376
              と記載され、昭和2年11月 両村合併の昭和村は載っていない。
   昭和村道路元標[G1576]が昭和村中学校の入口対面に現存していますが、 昭和初期
      の両村合併の際に新設されたものか?   また野尻村と大芦村の道路元標の処置はどう
   なったか? 知りたいものだ。
(3) 損傷破損で追加かも
   栃木県氏家町の道路元標位置は、大正9(1920)年8月27日 土第3584号で、 大字氏家
      地内 国道4号路線と府県道鹿畑氏家線との分岐点と定められている。
   奥州街道の要所でありながら 狭い交差点に設置の道路元標は損傷破損が著しく 長持
   ちしないと聞いている。
      氏家町道路元標は標石の頭部が二箇所に確認されている。一箇所は氏家町上阿
      久津1774-1 民俗資料館の庭[G45]、もう一箇所は氏家町の小森石材店の資材置
      場に存在する。
      どちらが先に? いつ頃の設置&撤去なのであろうか? 知りたいものだ。
            [G45]は民俗資料館の庭からミュージアム氏家の敷地内に移転保管されている。
(4) 並立の大正型道路元標
   法令では各市町村に一つと定められているものの、2ケの大正型道路元標が並列現存
   されているところがある。何らかの経緯があったのだろうか? 知りたいものだ。 
      長野県若槻村道路元標[G1715]
      愛知県千代田村道路元標[G1043]
(5) 新誕生の道路元標
   伊那市道路元標[G1233]
      伊那新市役所前には 平成5年4月と刻まれた赤御影石製の「伊那市道路元標」が
            新設されている。また伊那市街地の通り町商店街北端 ・伊那橋南詰には「伊那町
         道路元標」[G1513]が保存されている。
      新設の道路元標の設置理由は?  必要性があるのであろうか?
   東京都 追分新宿道路元標[G812]
      都心の新宿三丁目交差点にある。 甲州街道と青梅街道の分岐点で追分の地とし
            て設置されたものと思われる。
   東京都 一般国道八王子道路元標[G376]
      大正9年の八王寺町道路元標は 八幡町3交差点に設置されたが、一般国道八王
            子道路元標は モニュメンタルデザインを公募して、2003年8月 R20とR16の交点・横山町
      の八日町交差点に設置された。
(6) 測距起点として 寺・山・島などに
   道路元標は各市町村間の距離が測定され、当時の役人の出張旅費の算出などに利用
   されたらしく、その位置は 当時の「役所から主要道路に出た場所」に設置されている例
      が多い。その他 主要地点への距離測量の測距起点となる標柱もある。
       石川県門前町 大本山里程元標[G532]
          総持寺祖院の門前にあり 寺の主要施設までの距離が記されている。 また
          近くにの門前図書館の駐車場には櫛比村道路元標[G861]も存在する。
       茨城県筑波山 道程元標・標高八百米[G719]
                    筑波山頂駅の前広場にあって、山頂周辺の主要場所までの距離が記され
          ている。登山口の筑波山神社の神橋前には筑波町道路元標[G275]がある。
       沖縄県 久高島石柱標[G1202]
          沖縄県知念村久高島の徳仁港入口に 設置されている。小さな島内の各所
                    への距離測定の起点に利用されていると思われる。
(7) 四国霊場と道路元標
   四国88箇所の霊場を巡礼する遍路にも道路元標が存在する。
       香川県屋島村[G646]  高松市の第84番 屋島寺の仁王門前(おへんろ道の階段
                                            下隅)にある。
       香川県牟礼村[G965]  牟礼町の第85番 八栗寺の巡礼道を登りきった境内入口
                     (西端屋島側上部)にある。
       香川県長尾町[G964]  長尾町の第87番 長尾寺の南側の巡礼街道にあるが、こ
                      こは長尾町の中心部であろう。
              香川県志度町[G1782] さぬき市の86番札所 志度寺門前にある。
(8) 函館市国道元標
   北海道の函館駅前には日本橋の日本国道元標[G1597]と全く同じデザインの函館市国
   道元標[G233] が設置されている。当時 日本国に対して蝦夷国の概念があったのか?
         ---日本国道路元標と東京市道路元標---函館市国道元標と函館市道路元標---
   東京市道路元標[G7]は日本橋の照明塔で有名である。
      函館市道路元標[G492] は函館市末広町の当時の国道上陸点・東浜桟橋にある。
      和歌山県串本町古座街道にも類似形状の道路元標を設置。
(9) 彷徨える道路元標
   道路工事で撤去したり、自動車事故で破損した道路元標が  A放置されたている例もあ
   る。幸いにも市町村役場などに引き取られた例も多い。何らかの予算が付いてB正規に
   設置されるものもあるが、C倉庫や空地の片隅に保管され眠っている場合もある。
     C-@ 行政担当者の移動で その存在が忘れられているもの。藤田町[G650]
     C-A 時々イベントなどで 呼び出されるもの。新井町[G752]
     C-B 保管倉庫を転々と移動しているもの。吉田村[G669]、川通村[G1239]
   新潟県の吉田村[G669]は折損されて、米納津村[G668]は道路拡張工事で、吉田町の
   教育委員会に引き取られたらしい。当初 吉田町の婦人会館の車庫に一緒に保管され
   ていたが、吉田町が燕市に併合され、車庫が消防ポンプ小屋となり移転を迫られた。
   それに伴って 2個の道路元標は お手手を取り合って 燕工業高校(廃校)の空き校舎に
   移転となった。設置予定もなく 今後どのように彷徨うか? 関係者に忘れられるかも。
(10) 道路元標の共同墓地
   道路元標が当初の目的に関係なく一箇所に集められているいる場合がある。本来は設
   置場所(その市町村の中心的な場所や交通の要所)に在っての存在価値ではないか?
           共同墓地----福島県 梁川町[G291]、二本松町[G618]
                              新潟県 潟東村歴史民俗資料館[G695,696]
               千葉県 印旛村歴史民俗資料館[G1704,G1705]
(11) 望ましい対応
   渋川町道路元標[G95]はK33×K25四ツ角交差点(西北角・小池英語教室前) にあった
   が、都市計画による道路整備工事中なので市役所の都市計画課を訪れて聴取。
        標石は区画整理の道路拡張工事で一時撤去⇒⇒文化財保護課に保管されて
        いる。四ツ角交差点には南西角にミニ公園を設置予定なので、そこに標石を再
        設置する予定となっている(2009.4.9)。
   西北角から南西角に いくらか設置場所はずれるが、ミニ公園の歩道際に道路を向いて
   設置されることを期待している(設置予算の獲得は単独では難しいようだ)。
   ---標石をコミュニティセンターの庭奥、郷土資料館、学校などに持ち込むことは避けたい---
(12) 空の見えない道路元標
   設置場所を訪ねて大正期の交通の経緯など ロマンを夢見ながらの訪座をしたいが、記
   念館の内部に展示したり、コンクリートピット内に設置されている道路元標がある。
     館内----黒川村[G737]、檜澤村[G509]、札幌村[G1213]、弥彦村[G665]
          ピット内---前橋市[G107]、北河原村[G1240]、下仁田町はピットから逃げ出したのか?
(13) キョロキョロ出来ない道路元標
      居所に拘り 頑なに 設置位置を守りぬいたと思われるような道路元標も見受けられ、あ
   っぱれ 見上げたものである。
     塀に埋め込み---五十公野村[G675]、新治村[G111]、伊加利村[G963]、
                上灘村[G1534]、英賀保村[G1755]
     塀に割り込み---長崎県[G1432]、榮村[G1632]、白方村[G1775]
     地表に埋込み---七里村[G1600]、一宮市[G1047]
(14) 傷だらけの道路元標
      痩身傷だらけで 世代交代もせず 生き続けている道路元標もあるが、  この先そのまま
      残存する保証はなく、早目の訪座を!!
     淀橋町[G69]、大田村[G1728]
(15) 個人宅の庭に逃げ込んだ道路元標
   道路拡張工事などで掘起こされ不要となって捨てらている道路元標を、哀れと思ってか
   自宅の庭に保護している奇特例もある。 道路元標の愛好家には探し難く、保護者には
      愛好家の訪座が迷惑となるので配慮を要す。
   栃木県大田原市の佐久山町道路元標[G33]の場合などは、店先の道路拡張工事の際
   捨てた道路元標を工事責任者の許可を取り、自費を投じて自宅の庭に移設したと聴く。
   尚 「友白髪」酒造元・島崎氏には公開OK「お酒の宣伝もよろしく」と依頼されている。
     作久山町[G33]----栃木県大田原市
          黒川村[G750]-----新潟県柿崎町
     金津村[G897]-----新潟県新津市朝日
     月形村[G297]-----福島県郡山市湖南町船津(ブロック塀から佐藤悦男宅の庭へ)