日本の道路元標データベース構築に向けて

標石研究家 池澤重幸  [2005年12月18日開設]

このページは日本の道路元標に関する現地調査結果をデータベースとしてまとめたものです。
日本の道路元標は大正9年施行の旧道路法施行令によって、東京市を始め全国の市町村の知事の定めるところに各1個が設置されました。 またこの制令により東京市は日本橋中央に設置することが定められました。
そして東京市道路元標は日本全国の市町村に設置された道路元標との距離の基点として、いわば日本国道路元標の役割を果たしました。
道路元標の施設総数は当時の市町村数に等しく12,244基、その後の道路拡幅や都市開発さらにはバイパスなどの開通などによって亡失したり、 機能が消滅したため現存数さえ把握されていません。
しかし仮にその現存率が15%としても、1,850基は現存していることと推定され、誰かが毎日見ているかも知れません。
しかしその実態はどうなっているのでしょうか。現存する体系的な資料は見あたりません。

そこで私は道路元標の現状に関するデータベース化の構築を目指して、1990年から現地調査を続けてまいりました。
このページはその調査結果をデータベースとして纏めたものです。
調査は全国各地におよんでいますが、比較的手薄と思われていた中部以西についても、多くの方々の情報提供によって 少しずつ現地確認が進んで参りました。これからも皆さんの情報提供を手がかりに調査を進めて行きたいと思っています。
また現地をご覧になって現況が変更になっていたり、データベースの記載が違っていたなどがありましたらその情報を ご連絡いただければ訂正して参りたいと願っています。
現在までの調査で2010年05月22日、石川県白山市水島町にある比楽島村道路元標の現地確認によって 1800基目が達成されたことから今後は2000基をターゲットに何処まで近づけるか、調査を進めて参りたいと思っています。
これからの調査は皆さんの投稿や情報提供が不可欠です。一つでも多くの道路元標の現状を確認し、 より良きデータベースの完成を願っています。

(掲載者注) 池澤重幸氏はこのように言い残して逝った。病魔は池澤氏を闘病生活に追いやり、 その結果、長い休息に入った。しかし故人の遺志を尊重し、当分の間データベースこのままを公開して置く事とする。 (2011年1月17日記す)

 (2011/01/04現在 1,833基 経緯度計測1,434基 78.2% (茨城 愛知 滋賀 京都 9基追加)

「寄り道道路元標あれこれ」 (2010/04/14改訂)


関連するホームページ  道路路元標写真館

関連する著書       奈良県のふるさとめぐり---
                 「道路元標」を訪ねて    上田倖弘 著
                  兵庫県の道路元標     藤原勝永 著


データベースのページから戻る時はプラウザの「戻る」を使って下さい。
メールは以下へお願いします。
アドレスの流出による迷惑メールが多いため、まことに恐縮ですがメールソフトに下記を入力してお送り下さい。
すべて半角です。

Top Pageへ